スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
「ほかのお子様と同じように」の落とし穴
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。

今日は、スネイリーズオフィシャルブログと同じ内容です。
その前の幼稚園さがしの記事(スネイリーズへようこそ)からの流れになっています。


息子が晴れて幼稚園に入園して。

「ほかのお子様と同じように」

保護者としては、「同じ」=「差別がない」と考えてしまいます。

もちろん、入園を許可していただいた訳なので原則「差別」はありません。


でも、同時に。

「ほかのお子様と同じように」

特別な配慮も、無い


いえ、厳密に言えば配慮はされていたのですが。

こちら側、即ち「子どもの状態 に合わせた配慮」が無い、というか。


この辺り、非常に難しいです。

配慮、いわゆる優遇とは違います。

でも個人に合わせた配慮=優遇だと考える方もいます

本当は全く意味が違うのだけれど。



そして、よしんば配慮があったとして。

ハンディキャップがある子どもたち、みんなそれぞれです。

「以前のお子さんにはこうやりました。」といわれても。

うちの子どもに適しているとは限りません



くわえて年少さんともなると健常児ですら月齢差の違い、1年近い違いは先生方の負担も大きいです。


そんな時、保護者と園とのコミュニケーションがとても大事なことは言うまでもないのですが。


要望ばかりでは現実問題として無理があります。


保護者としてできること。


我が子がなるべくみんなと同じように「ひとりでできる」サポートヒントを園にお伝えする。


保護者が横について介助するのではなく。(それじゃ、意味ないですものね。)



声掛けのヒント。

気を向けさせるヒント。

補助する場合のヒント。


私は、当時使っていたマカトンサインも含めて、図入り(絵入り)の物をA4サイズの紙2枚ほどにまとめて園に出しました。
(幼稚園選びの過去記事はこちらから)


それに加えて。


子どもが「ひとりでできる」サポートグッズを園で使用することを認めてもらう


そうやって使ったもののひとつが簡単に出し入れできるマジックテープ使いの上履き入れ。

先生の手を煩わせずに、自分の力でなんとか時間内に作業できていました。

「じぶんでできる」は自己肯定感も育てますしね。

何度かリサイズしながら現在でも使い続けています。

何より市販の物より扱いが簡単なもので・・・(*^^*)



スネイリーズでは
専門家によりブラッシュアップしたものをご提供しています。
今からなら入園までに充分練習ができます。
ひとつひとつ手作りしていますので、数に限りがございます。
注文が込み合いますと納にお時間を頂く場合がございます。
お早目にどうぞ。

ブルーS
ショップへはこちらからもどうぞ↓
スネイリーズロゴ

↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[2015/11/04 11:22] 幼稚園選び | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
オムツ選びと失敗
今日は旧ブログからの転載です。


我が家で初めての赤ちゃん、長男にはちょっと贅沢して品質もお値段も良いPオムツを使用していました。

何しろ「8回分のおしっこも漏らさず吸収」(と、当時CMで盛んに放映されていた)なので、目いっぱい吸収させればかえってお得!と。

オムツ外しをする直前までずーっと使用しました。


0歳児当時から療育など外出も多かったのですし、当時は移動中のオムツ替えの場所も今ほど整備されていなくて。

本当にいつもおしっこ吸収ポリマーがプルンプルンのゼリー状に膨らむまで使ってしまうことも結構あったりして…。

歩いてるとその重さで脱げたりするんですよ。
(そこまで使った人はいないと思いますが…f^^;)


それが大失敗!!(><)


長男は、そのプルンプルンと蒸れ蒸れ状態に慣れ親しんでしまったようで。

パンツトレーニングを始めても、パンツが濡れていてもあまり気にならなかったようで…。


オムツ外しの時、「オムツが快適過ぎてはいけない!」と思って一番安いゴワゴワのオムツに変えてみたこともあります。

ついでと言っちゃなんだけど、当時は兄弟二人とも同じサイズのオムツですし、どうせなら兄弟一緒にトイレトレーニング(長男3歳、次男2歳)、と思ったのですが、肌の敏感な次男には会わずに断念。

長男だけゴワゴワ・・・というのも不憫で、結局もう少し肌にやさしいものを試行錯誤。

とか何とか、頑張って、何とか長男の入園前にはオムツを外すことが出来ました。

でも。

その後もチピッて湿ったパンツでもいっこうに平気だった長男の様子を思い出すと。

やはり乳幼児期の、あの蒸れ蒸れプルンプルンを頻繁に経験させてしまったのが原因かと…。


赤ちゃんの頃の生活習慣が後々の生活に影響するかも・・・?

という、これは我が家の失敗例です(TT)



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

[2015/02/25 09:13] 乳・幼児期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ハンドリガード
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。

ハンドリガード


長男の赤ちゃんの頃のアルバムから(*^^*)

服装から見て、多分4~5か月頃?

このポーズ、「ハンドリガード」と言います。
自分の手を『発見』して見つめています。
これによって赤ちゃんは、脳と筋肉の連携がどの様に自分のからだ(手)に影響を及ぼすかを学んでいくそうです。


長男は毎日毎日、気が付くといつもこのポーズをとっていました。

随分長い間やっていたと思います。

半年位続いていたような気も・・・。

当時は何のポーズかわからず。

パパも一緒にやってみて「その気分」を共有。(こちらは生後8ヶ月頃)
ハンドリガード2


じっと見つめていたり、時々は、ひらひらさせたり。

当時は光と影がちらちらするのが面白いのかな・・・なんて思っていました。

強度の乱視がわかった時、だからやっていたのかな、とも思いました。

でも。

ダウン症児だから、という行動ではなく、誰でもやることだったようです。


右手のこともありました。

ですが圧倒的に左手が多かったです。

それで 今になって思うと。

長男は左利きなんですよ。

この時から「左利き」を示していたのかなぁ。。。

因みに、当時ミルクを上げる時に、私は右利きなので当然長男の頭を私の左腕に載せます。

それで、ミルクを上げながら私のあいている方の左手で長男の左手指をよく揉んでいました。

指先の刺激も脳によいだろうと思って。

でもいつも左手ばかりを刺激していた訳で。

それも左利きの原因だったり???



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
[2015/02/09 09:28] 乳・幼児期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
入園準備
入園に際しては、上履き袋や通園袋などいろいろ作成するものがありますよね。
園から要望された既定のものの他に、長男スペシャルで準備したものをご紹介します。

幼稚園は、ブレザータイプの制服でした。

動作がゆっくりで手先の不器用な長男が、園の中でスモックを着たり、体操服に着替えたりしなくてはなりません。
少しでも早く着替えられるように工夫をしました。

1.ボタンを大きく加工。
P1010146 (800x600)

  ブラウスやスモック、ポロシャツなど園で着るもののボタンを全て大きいサイズのものに付け替えました。(φ12㎜からφ18㎜に)ボタンホールも大きくするので少々手間がかかりました。

2.吊りズボンの加工。
10月誕生日会航大

なで肩の長男は吊りズボンの吊り紐が肩から落ちてしまいます。
健常のお子さんは背中側の上の方を安全ピンでで詰めたりされていましたが、着脱をを楽にできるように、「伸び縮みする」幅広の白ゴムを使って、胸元に渡しました。白いゴムにしたのは、ブラウスの上でゴムが目立たないようにするためです。(写真ではわかりづらいですが)

というのも。
長男はトイレを立ってできませんでした。
立って片手でおちんちんをつまみ、体をそり気味にして…という姿勢は筋力の無さもありバランスとれず、どうしても便器にもたれ気味になってしまいます。
不衛生なので、洋式便座に座って用を足すようにしましたが、そうするとズボンを毎回下さなくてはなりません。
そういう事情があり、吊り紐の細工が必要でした。
もっとも、年少・年中の間は、体操ズボンを多めに買ってそちらを制服代わりに代用していました。

3.上履き入れ
P1010921 (428x640)

上履き入れは、よくあるようなDカンを使ったものだといちいち穴に持ち手を通すのに時間がかかることが予想されたので、本体の袋部分の口元、持ち手との繋ぎ目の位置にマジックテープを付けて留める形にしました。

4.上履き
幼稚園での指定は、バレーシューズでした。
初めてのことなので年少の初めの靴はバレー形のキャロットを使用しました。
航のベルト部分が布地でしっかりと固定できるのですが、指先の不器用な長男はともするとベルト通しの輪からベルトが抜けてしまいます。
そこで完全に抜けてしまわないようにこちらのゴム(髪を結う細ゴム)でベルトが抜けきらないように細工をしました。

お時間があれば過去記事上履きレビュー上履き―我が家の使用感の下方  [キャロット] 上履き 面ファスナーバレーシューズの部分もご参照ください。
  


*手指の操作が苦手な子供用の手作り幼稚園グッズ販売しております。
http://snailys.theshop.jp/
スネイリーズQRコード
スネイリーズロゴ



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

[2014/12/29 13:21] 幼稚園選び | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
入園に際して(2)
入園に際して園長先生から言われたのは、

「障害があるお子さんに対してご理解があるご家庭ばかりではないので、初めの保護者会で挨拶するとともに頭を下げることも大事ですよ。」

ということでした。

別に頭を下げることを厭うわけではありませんが、「障がい児だから頭を下げなければならない」ということに対して違和感というか、抵抗を感じたのも事実です。
とは言え、それが社会かもしれない、と自分を納得させて保護者会に臨みました。

プレスクールから通っていたこともあり、クラス22人のうち半数以上は既に知っている方でした。
そういった意味で気持ちは楽でした。

それでも、ダウン症について、長男本人の性格について、言いたいことは山ほどあり、保護者会のずっと前から考えていたのですが・・・なんとその数日前にひどい風邪をひいてしまい、全く声が出ない状態になってしまいました。

結局、「息子はダウン症です。みなさまのお子さんにご迷惑をおかけしてしまうかもしれませんが、よろしくお願いします。」と声を振り絞って言い、「頭を下げる」のが精いっぱいになってしまいました。

結果として、だらだらと喋らなくてよかったのかもしれません。
お母さん方は、特に構えもせず自然体で長男を見守ってくださいました。

また、年少さんの園児はまだ月齢の差も大きいので4月生まれの長男はそれほどみんなと差がなく、親が心配するほど発達の遅れは目立ちませんでした。

年中、年長と時間がたつにつれ遅れは目立ってきましたが、その時には他の園児の順応性でカバーされ、「頭を下げる」程のトラブルは起こらないまま3年間過ごす事が出来ました。

園生活については、別の機会で記しますね。



*手指の操作が苦手な子供用の手作り幼稚園グッズ販売しております。
http://snailys.theshop.jp/
スネイリーズQRコード
スネイリーズロゴ


↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村


[2014/12/28 09:00] 幼稚園選び | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。