スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
おしゃぶり と ことば
風邪予防におしゃぶり

子どもたちが小さい時、ベビーカーで外出の時は必ずおしゃぶりをさせていました。

【MAM】おしゃぶり SILK シルク 2個セット シリコン クリア&ブルー(4ヶ月~)【MAM】おしゃぶり SILK シルク 2個セット シリコン クリア&ブルー(4ヶ月~)
()
MAM(マム)

商品詳細を見る

特に冬は、口がふさがっていることと、常に唾液で潤っていることで風邪予防にもなると考えたからです。

ダウン症の赤ちゃんは、舌が大きめなのと唇を閉じる力が少ないのでおしゃぶりを入れてもすぐに出てきてしまいます。
それであきらめてしまうお母さんが多いのですが。

長男も初めはポロっと出てしまいました。特にヌークは小さめなのでダメでした。

それで、どうしたかというと。
私は、口にあるおしゃぶりが出てこないように、長男自信の手でおしゃぶりを押さえておくように誘導しました。
上手にしゃぶれなかっただけで、本心はおしゃぶりをしたいのですよね。
一度教えただけで、それからは自分で手を添えておしゃぶりが落ちないようにするようになりました。

おしゃぶりが口に入っている間、赤ちゃんは本能的にチュパチュパしますよね。
これが口の訓練になります。



知らず知らずのうちに、親も楽して口腔機能の向上が望めます。

少しでも明瞭な言葉が出てきますように。

おしゃぶり お薦めです。


↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
[2013/02/08 10:40] ことばについて | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。