スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
なぜショックだったかというと・・・
長男が生まれて、「ダウン症の疑い」と告知されて泣き暮らした話は書きました。

では、なぜショックだったのか。

それは ダウン症をよく知らなかった からです。

「ダウン=Down」という、音からくるマイナスなイメージ。

---なんだかわからないけど。
---見たことないし。
---そんなの嫌。
---不幸。子どもが? 自分が?

人は本能的に自分とは違うもの、異質なものに恐れを感じます。
恐れに対し、知識がなければこれを排除しようとします。

無知は、偏見を生みます。
偏見は、差別を生みます。

今でこそ街を歩いていて自分の子どもと「同じタイプ」の方に気付くようになり、そして嬉しかったり微笑ましかったりしますが。

当時、正直「魔物」を生んでしまったような気がしたものです。
そう感じる自分への嫌悪も含め、かなりダークな気持ちに直面しました。

あれから10年近くたって。
もし、私がダウン症の方を見知っていたら、触れ合っていたなら、もう少しショックは少なかったのかな、とも思います。

2012年3月末に日本の総人口は 1億2665万9683人になったそうです。
1000人に1人生まれるという確率からすれば、現在126,660人程のダウン症の人がいる計算になります。
それは、東京都中央区の人口(123,000人)とほぼ匹敵します。

でも、未だにメディアに「ダウン症の…」と取り上げられる方は 特別な才能を持った方々です。
特別な親御さんを持った方だったりもします。

それも勿論よいのですが、最近思うのは、我が家の様に、親に特筆できるような才能もない、
「普通の家に生まれて、
普通に働いて、
普通に暮らしている」
 
そんな
ダウン症の方がありふれた社会になったらいいのになぁ、ということです。

息子も含め、これからどんどんダウン症の方々が社会に出て働けるようになったら、無知による偏見もなくなるでしょうし、授かった赤ちゃんを見て絶望的な気分になる親も減るんじゃないかなぁ。
そんな未来が来るといいな。

でもその為には長男が就労できるように おベンキョーしてもらわなきゃ…だわ。




↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[2013/02/15 16:42] 告知・説明 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。