園生活―担任との攻防?(1)
幼稚園は、3年間クラス替えもなく、担任の異動もない、
のびのび保育系の幼稚園でした。
保護者のお母さん方もおおらかな方が多く、
長男の障害に対しても好意的でした。

一方、普段の生活をゆだねる担任の先生に対しては、
いろいろ希望・要望を伝えるよう努力しました。

が…。

これが、なかなか困難(><) ほぼ玉砕でした。

ご参考までに、記しておきますね。

先にも書きましたが、担任の先生はキャリアもあり「自分のやり方」に自信を持った方でした。

入園に際して、マカトンサインなどを書いた紙を渡しましたが、利用するつもりは見られませんでした。

先生との人間関係構築の時間を暫くとって、確か個人面談の時でしょうか。
再度、先生の指示の内容と、それが自分に言われているということを長男が理解できるように

「目を見て 少しゆっくり 喋って欲しい」 

という要望を出しました。
ですが、即答で
大丈夫です。わかるまで10回でも言います。」と。

早口でいくら言われてもピンとこない、という、療育施設では当たり前のことでも
なまじっかキャリアがあるだけに理解していただけませんでした。
(こういう時、若い先生の方が柔軟性あったりしますよね。)

もちろんそこで引くわけにはいかないので。

また半年ほど時間をおいて。

療育機関(週2回通っていました)の心理の先生(こちらもベテラン)に 幼稚園の見学をしてもらいました。

そして、報告書の作成と、それをもとに幼稚園の先生との意見交換会を行っていただきました。
…これだけで実費1万円(涙)…

幼稚園側(園長)も情報を共有したいと全職員で臨んでくださったのですが。

その場では真剣に耳を傾けてくださった先生方。
でも実際は、「療育の専門家からのアドバイス」もスルーされたようです。

何しろ実質のクラス運営は担任に任せている幼稚園なので。


それでも。
次の年、年中の時もしつこく同じように見学と報告書&意見交換会をしました。
(せめて他の先生の教育になるかもしれませんし。)
結果は変わらず、でしたが。

…続く

↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

[2013/03/31 09:00] 幼稚園選び | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント