スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
お薦め本

小児科へ行く前に―子どもの症状の見分け方小児科へ行く前に―子どもの症状の見分け方
(2000/05)
ジョン ガーウッド、アマンダ ベネット 他

商品詳細を見る


私は、以前から取っている野菜の宅配らでぃっしゅぼーやで購入したのですが、アマゾンでも売られていました。

小さいお子さんがいらっしゃる方には、絶対にお薦めの本です。


子どもが具合悪くなった場合、直ぐに医者にかかるべきかどうか、
判断に迷う
ことがありますよね。

特に夜や休日。子どもってそういう時に限って熱が出たり嘔吐したり…。

朝まで自宅で様子見ていて大丈夫、と育児書に書いてあっても
「どの程度まで大丈夫なの?」って思ったことありませんか?

安心するために小児科に行ったはいいけど、かえって他の病気をもらってしまった、ということもあります。


この本は、一人のお母さんが小児科医と一緒に作り上げた、アメリカの家庭医学書です。

だから、母親目線で、
「こういった症状の時、どうすればいいか。」
「受診するのか、しないのか。」
「どんな病気が考えられるか。」

といったことが書かれています。
また、病気についての解説も書かれています。


日本とアメリカでは医療事情が違います。
私たちは健康保険があるので、安価で病院にかかる事が出来ます。
それに最近はどこの自治体でも乳幼児には医療補助があるのではないでしょうか、気軽に医者にかかれますよね。

でも、一方で安易に処方される抗生物質のせいで耐性菌が出来て、
従来の薬では効かない熱なども増えています。


お医者様にもよると思いますが、我が家の子ども達が赤ちゃんのころ住んでいた地域の小児科は、
「用心の為、どんな風邪にも抗生物質を処方」という方針でした。
でも私は、自分の子どもにはむやみやたらと抗生物質を使いたくないと考えていました。

この本は、熱、便秘、せき、泣く・痛がる、下痢・・・といったパートに別れていて、症状と考えられる病気、対処の仕方や受診が必要かどうか、細かく書かれています。

なので、あわてて子どもを病院に連れて行って、かえってつらい思いをさせてしまうこともなくなります。
一般的な熱などの場合、寝かせてあげるのが一番って時、ありますから。

この本のおかげで、コンビニ受診をせずに本当に必要な時だけ受診する事が出来、からだの基礎づくりである赤ちゃん時代を過ごせました。

子どもの病気は、変化しやすいです。
その状態を母親が見極めるのは重責ですよね。

熱が出るたび、嘔吐するたび、ドキドキします。
それは子ども達が小学生になった今でも同じです。

そして受診するとしたら、正確な情報を医師に伝える必要があります。
普段の子どもの様子と、病気の時の様子の違いを一番よく知っているのが母親ですから。

この本を読むと、医師に何を伝える必要があるのか、医師はどんな情報が知りたいのか、ということもわかります。

一冊あると、かなり重宝する本です。



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ






スポンサーサイト
[2013/06/28 09:08] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。