スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
赤ちゃんの頃のびっくり失敗談(3)
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。

子ども達が小さかったころの失敗談。
まだまだあります(><)
毎週水曜日に連載します。

さて。

最近暑いですね。
予報では明日の雨で少し下がるようですが。

赤ちゃん時代、暑い、と言えばやっぱりビニールプール。

我が家でもベランダにビニールプールを出して行水させていました。
snap_haruzemi_201474141010.png

この写真、日付からすると長男は2歳4ヶ月、次男が11ヶ月。

いつもこんな感じで30分位ずつ一日に何回か行水させていました。

その日も。

ご覧のとおり、水も少ないですし(水深5cm弱?)、子ども達をそのままに私は部屋に入って片付けなどしていました。

その日の水は・・・。

実は前日のもの。

腰から下を浸けるだけなのでそのまま使用していました。


そして暫くして。

子ども達は片言の会話をしていて、それはそれは可愛いです。

その言葉。

次男が 「ンマ、ンマ」 (「美味い、うまい」ですね)

長男も「マ、マ」(同じく「うまい、うまい」)

で。

何をしているのかと思って見たら!!

なんと、次男がおもちゃのひしゃくで水を飲んでいたのでした!!

長男も別のコップで飲むまでをしていましたが、幸いまだ上手にコップで飲めず、ごっくんはしてませんでした。

ですが、さすが健常児。

次男は、いったいどれだけ飲んだやら・・・。


その日の夕方から下痢が始まりました(´Д`)

それでも元気にしているので、水分補給だけは注意して医者にも行かず・・・。

そのうち治るだろうとたかをくくっていたのですが、数日たっても治りません。

微熱も続くので、ついに医者へ。

お医者さんでも、「(原因は)それ(プールの水)だ!」といって整腸剤と下痢止めを処方してくれました。

ところで、そのお医者さん。

いつもかかっている方ではなく、たまたまその日に限って大学から応援できている若い先生でした(研修医?)

処方されたお薬を飲んだら、下痢は止まりました。

めでたし、めでたし。

と、思いきや・・・。

その夜、夜中。

次男は、転げまわって泣きだしました。

見るからにお腹が痛いのがわかります。

泣き叫んで布団の上を転げまわって・・・尋常ではありません。

あわててタクシーを呼んで夜間救急小児科のある病院へ。


診断結果は。

下痢止めによる腸の膨満、でした。

少しマッサージして、ガスが出たら楽になったようで、すやすや眠りだしました。


「下痢は止めたらだめなんだよ。」と、先生。


次男には、本当にかわいそうなことをしてしまいました。

そもそもは、私がプールの水を変えなかったこと、目を離したことが原因です。

もともと胃腸が弱めの次男。

2~3歳の頃の腸内環境が大人になっても続くと言います。

次男の腸内環境は、この時の失敗で多分あまり良い環境とは言えそうもありません。

今でもすぐにお腹を壊す次男。

この時の、殊更悪玉菌(大腸菌?)をお腹に入れてしまったことが原因ではないか、と申し訳なく思っています。



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ

スポンサーサイト
[2014/06/04 10:45] お母さん方へのメッセージ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。