スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
こどもチャレンジ小学生講座
引き続きベネッセネタです。

ベネッセは、実年齢で受講することが基本ですが、申し出れば本人の知能レベルに合わせた学年の講座を受講することも可能です。

なので、しまじろうのこどもチャレンジ、長男が年長の途中から1学年遅らせて弟と同じ年中用(すてっぷ)の教材を「ツインズ」(双子扱い)で受講することにしていました。

長男はそのまま小学校に入学しても続けたので、1年生になっても年長用の「じゃんぷ」を受講していました。

「じゃんぷ」は、1年生準備として小学校入学後に習うことも前倒しで学習するカリキュラムになっているので、支援級1年の長男にとってもさほど不都合はありませんでした。

その後、長男が2年生を終えた時点、小学1年生用の教材が終了した段階で退会しました。

やめた理由は、特別支援学級の指導の仕方(特に算数)が、通常級(ベネッセ)のやり方と異なるようになり、いろいろな方法を同時に学ぶことで混乱してしまうのをを防ぐ為でした。

また、学校の授業ではプリント学習が中心であることや、本人の発達のばらつきから教科によって進み具合が健常レベルとは異なって来た事もあります。
つまり国語の漢字は好きなだけあって順調に覚えましたが、算数はなかなか進まず・・・、一方でチャレンジは学習指導要綱に則りどんどん進んでしまう、ということになるわけです。

付録の学習玩具は、なかなか工夫されているのですが、指先の操作が苦手で、強度の乱視・遠視の長男にとって、がん区のボタンや表示は小さくて「見えにくい、扱いにくい」ものだったこともあります。

教科別、学年別にそれぞれチョイスできて、学習玩具ももっと操作性がよかったら続けていたかもしれません。


次男はというと。

やりたくないので溜めまくりになってしまい、2年生が終了するころ「お金の無駄!」と判断、一度退会しました。


ですが、今年度からタブレット学習のチャレンジタッチで再開しています。

チャレンジタッチは、動画で説明があるなど、今までのペーパーワークよりも子どもの興味や理解が進むようです。

親としても丸つけや、付録のおもちゃが増えないのでありがたいです。

ただ、1日にやる課題が少な過ぎるのか、5分以内で終わってしまうので親としては物足りない気もします。(ペーパーの時何分かかっていたのか不明ですが)


映像教材だと理解が進む長男に、なぜ動画での説明があるチャレンジタッチを受講させなかったか、というと。

やはり教科によって理解度にばらつきがあることが一番の理由です。


ベネッセは、実年齢で受講することが基本ですが、申し出れば本人の知能レベルに合わせた学年の講座を受講することも可能です。

今後タブレットによる通信教育が(ベネッセにかかわらず)増えてくると思われるのでPC学習の天神の様に個々のレベルに合わせて学習できるものも出てくるのではないか、と期待しています。

余談ですが。

チャレンジ1年生の入学記念付録「コラショの目覚まし時計」、そんな訳で兄弟二人分、あります。
既に4年経過していますが、いまだに使えます。子ども達は鳴っても起きやしませんが・・・(-。-;)



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ

スポンサーサイト
[2014/08/30 23:28] 知育・学習教材 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
しまじろう
息子たちが使った知育教材でおすすめできるものをご紹介して行きたいと思います。

この記事は、昨年(2013年)1月の記事を加筆修正したものです。
既にお読みになっている方はご容赦ください。

-----------------------------
子ども達が小さい時のおもちゃについて。

長男の幼児期は、手指を動かす、体のバランスを取る、など特定の目的を持って療育施設で推薦されたものは別として、ほとんどは、ベネッセの「しまじろう」の知育おもちゃで十分でした。

「しまじろう」は子どもの発達に合わせた教材が届きます。

付録のおもちゃも、受講する子供の月齢に幅がある為、遊び方を変えることによって子どもそれぞれの発育段階に適した遊びができるように作られています。

我が家の兄弟とも「ぷち」から始めました。

ダウン症でも小さいうちはそれほど健常と発育に差はないので、長男は年中までは学齢通り取っていました。

ですが、兄が年中弟が年少になると。

弟は、その前の年に長男の教材を見ているので、どうしても自分に届いたものよりも、新鮮に映る兄の教材が気になり、だんだん自分のは後回しにして先に兄の付録で遊んでしまうようになりました。

一方の長男は、だんだん理解にばらつきが出、学齢通りだと難しいものがあるようになってきました。

私は、それぞれの発達レベルに合った知識を、その時どきにしっかり定着させることが大事だと考えています。

そこで。

兄弟が年長・年中になった時の途中から、兄弟を同じ年中用(すてっぷ)にそろえて取ることにしました。

「子供の発達に合わせた教材をとりたい」と相談したら、ベネッセは双子と同じ扱いの対応をしてくれました。

兄弟で同じにすると、一緒に遊んだり、競い合ったり、話題も共通になり互いに刺激し合う事が出来ました。

映像教材が大好きな長男は、しまじろうのDVDが大好きで、日に何度も見ていました。

一般的にダウン症児は視覚情報からの方が記憶されやすいです。

長男もまさしくそうで、音楽と映像を伴うDVDは効果大。

学齢通り、幼稚園年中の時には私がわざわざ教えなくても歌で「ひらがな」を覚えてしまっていました。

個人情報漏えいで、退会される方も出ているようですが、幼児期の知育教材としては優れていると思いますよ。

↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ




[2014/08/29 17:39] 知育・学習教材 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「光とともに・・・」(2)
夏休みの追い込みから夏休み明け、物事が立て込んでいてなかなか時間取れず、やっと「光るくん」の小学校卒業まで読めました。

6年間の様々なエピソードがつづられていますが、どのエピソードも似たような伝聞や経験が満載です。

低学年の頃、とても良い先生に恵まれる一方、高学年になってからの特支経験のない先生による紆余曲折や管理職の理解不足など、まさしく「今の長男の状況と同じ!」

他にも、小学校1年の時の、体育倉庫に閉じ込められてしまって、熱中症&骨折という話は、長男と同い年のダウン症の男の子で、別の小学校に行っているお子さんが実際に低学年の時に同じように暑い日に通常級のお友達に閉じ込められたことがあります。

支援級、通常級に限らず、他のお母さん方の様々な態度とか子ども達の受け入れ方など、とてもリアリティあります。

読んでいて、いちいち「そうよ、そうなのよ~!!」と、同感してしまいました。


聞くところによると、この漫画のモデルはうちの区の話だとか。

どおりで・・・と納得しかかったのですが。

ちょっと待って。

この漫画が描かれたのは10年以上前のことです。

なんと!

それじゃあ、10年来教育現場では大した進歩が無いってことではないじゃない?!

と、逆にトホホな気分になってしまいました・・・。


いづれにせよ、これから就学を考える方、特支ってどんな状況かの目安の一つとして読んでみるのもいいかと思いますよ。

主人公の光くんはダウン症ではないですが、彼のようなお友達が同じクラスにいる可能性があるということでもあります。

その時、ダウン症児のわが子はどう反応する可能性があるか、考える参考にもなるかもしれません。


因みに息子のクラスには光くんほど典型的な自閉症のお子さんはいらっしゃいません。

ですがクラスのお友達それぞれの障害の特性を目の当たりにして、その折々に長男は影響を受けて感覚遊び的な行動を真似し続けたり、あるいはびっくりして固まったり、あるいは暴力(といっても軽いものですが)にさらされたりしています。

自分の子どものことだけを考えて、快適に過ごせたらいいのでしょうがそうはいかないところが難しいです。



光とともに…全15巻 完結セット光とともに…全15巻 完結セット
(2010/11/01)
戸部 けいこ

商品詳細を見る




↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ







[2014/08/28 09:42] 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
夏休み終了!!
こんにちは。

やっと、やっと、夏休み終了です。

あ、学校は昨日からですが。

今日から給食が始まるので、お昼ご飯作りからもやっと解放です(^^)


4月から遅刻気味だった長男。

夏休み明けからはちゃんと行くように、と休み中も折に触れて諭していました。

そして、昨日はちゃんと登校班で行けました!!


が。

早くも今日から遅刻。


新学期(うちの区では前後期なので厳密には前期の後半部分になります)から、また1年生の転校生が入ったとか。

キャリアの浅い先生方と新1年生で、今年度は環境激変。

なかなか環境になれずに登校渋り気味の長男、夏休み明けには慣れるだろう・・・と期待しましたが、なかなか無理そうです。


学校側が決めたこと。

こればっかりは、先生方にお願いしようにも手が足りないのはどうしようもありません。

いつも自分のことを気にかけて欲しいという気持ちもわからなくもないですが、もう高学年、本人が環境変化への対応力を付けるしか仕方ないようです・・・。

毎朝学校に行きたがらないのを行かせるのは、こちらも結構しんどいんですけどね・・・。


↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ


[2014/08/26 09:50] つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「光とともに・・・」
先日ご紹介したマンガ「Happy Birthday」(過去記事)の流れで、数年前に篠原涼子主演でドラマにもなった「光とともに・・・」を読んでいます。


数回見た記憶はありますが、当時は障害が違う(自閉症児の物語)こともあり、真剣に見ていませんでした。

調べてみたら放映が2004年。

丁度、長男が1歳で次男がお腹にいた頃です。

TVは小学校入学辺りの話だったと思うので、まだまだ先の話で感情移入できなかったのかもしれません。


で。

今読んでみると。

自閉症児の成長物語ではありますが、ダウン症児の成長とかぶる部分が意外とありました。

もちろん大きな違いもあります。

赤ちゃんから幼児期までの育てやすさは、ダウン症児特有のおとなしさ、愛嬌など、どれだけ親孝行な子ども達かとしみじみ・・・。

それでも、視覚優位なところとか、日々の育児で有効な手段は結構同じものだということを発見。

それに、エピソードも自分が過去にやってきたことやお友達ママなどから見聞きしたことと同じものが記載されていて、リアリティあります。

自閉症児だからとか、ダウン症児だからとか関係なく、きっと「彼らが必要としている」配慮は共通なのだと思います。

まだ途中で、これから小学時代、それ以降と続きます。

乳幼児期の発達を促すいろいろな工夫が載っています。
こちらも読んでみて損はないと思いますよ。



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ




[2014/08/22 08:37] つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
アイちゃん
長男が小学生になってから、算数=数の概念の理解に難しさがあることがわかりました。
数、量、大きさ・・・基本的で大事なことですが、どうもごちゃごちゃになっているようでした。
「概念」は教えてわかるものではなく、本人が感覚的に理解して初めて定着するものです。

ベネッセの教材も使用しましたが、ボタンやチップの小さい教材(優れたものですが)は指先の操作の苦手な長男には「概念の理解」以前に「操作」の難しさが壁になってしまいました。

そこで映像記憶に強い長男の為に購入したのが「秀逸フラッシュシリーズ」です。
アイちゃんという女の子が案内してくれます。

DVDのフラッシュカードは、読み上げもやってくれるので親としては楽でした。
ドッツや加減乗除だけではなく、九九や百人一首まで種類もいろいろあって、小学校低学年までの知識は得られそうです。

ただ、フラッシュカードは脳を休めて何も考えずに見られる年齢の方が有効なようで、ついドッツを数えようとしたり、覚えようとしたりしてしまうとただの「疲れるDVD」となってしまうようです。
我が家では年齢的に与えるのが遅すぎたようで不発となってしまいました。

やはりフラッシュカードは小さいうちに与えてこそ効果があるもののようです。



秀逸フラッシュDVD★ティンカーベル・クラス★DVD9巻秀逸フラッシュDVD★ティンカーベル・クラス★DVD9巻
(2003/04/01)
渡辺菜生子

商品詳細を見る



秀逸フラッシュDVD★ピーターパン・クラス★DVD9巻秀逸フラッシュDVD★ピーターパン・クラス★DVD9巻
(2003/04/01)
渡辺菜生子

商品詳細を見る



秀逸フラッシュDVD★ピーターパン・クラス★DVD9巻秀逸フラッシュDVD★ピーターパン・クラス★DVD9巻
(2003/04/01)
渡辺菜生子

商品詳細を見る



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ



[2014/08/21 09:05] 知育・学習教材 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
口腔内比較
兄弟二人を並べて夏休みの宿題をしているときに。

ふたりとも出っ歯だという話になって。

ふざけて口を開けて写真を撮って。

お互いにそれを見て大笑いをしていたのですが。

兄弟を比較すると、ダウン症の特徴のひとつと言われる「口蓋の深さ」があまりに如実にわかってしまいました。

そこでご参考までに。

長男↓
1408286306592.jpg
次男↓
1408286278708.jpg

これを見て、遅ればせながら長男の食事のしにくさ(咀嚼のしにくさ)や滑舌のしにくさが実感としてわかりました。

舌の形状を考えたらこの口蓋だとかなり辛そうです。

食べるのが遅いとか、滑舌が悪いとか、いろいろ注意もしてきましたが
この口腔の状態ではどれだけやり辛いことか・・・。

日々それをこなしている長男、エライです。

因みに長男の前歯、顎の狭さの割に一般的な前歯より(?)大きめなので生えるスペースが無くて前に出ています。

実はこの歯並び、私そっくりです。

一方の次男は、お喋り大好きなせいか(?)全体的に前に出ています。

で、こちらは父親似。

うちの場合、歯並びは、ダウン症とか健常とかというより遺伝かなぁ・・・。


↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ

[2014/08/18 00:15] つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ダウン症を描いたマンガ
こんにちは。

おいでくださりありがとうございます。


同じダウン症児を抱えるお友達ママから教えてもらったマンガの紹介です。

そのお友達が通っている絵画教室にいらっしゃるお兄さんがモデルだそうです。


HappyBirthday大丈夫、生まれておいで―『光とともに…』が遺したものHappyBirthday大丈夫、生まれておいで―『光とともに…』が遺したもの
(2014/06/16)
河崎 芽衣

商品詳細を見る

ダウン症を持った「悠人くん」が姉である「凛ちゃん」の弟として生まれてから卒園するまでを描いた「誕生編」と、その「悠人くん」が高校生になり、就労するまでの「就労編―前編」、そして正社員として就労してからの「就労編―後編」が収納されています。


「誕生編」で描かれるエピソードの中には、長男が小さかったころに私が感じたことや経験したことに通じるものがありました。
きょうだいの設定が我が家とは違っているので、第二子がダウン症を持って生まれた場合に感じる違和感みたいなものは、初めての子がダウン症児だった私にはわかりません。
ですが、きょうだい児の反応、言葉や態度などは同じようなことが我が家にも起こっていたりして、リアリティ大ありです。

また、「就労編」に描かれていることは多分これから長男が経験するであろうことなので、参考になるとともに身につまされる内容でした。

長男はまだ小学校高学年ですが、以前見学に行った中学校の懇談会では就労を見据えた日々の送り方が話題になっていました。

就労なんて健常児だったらまだまだ先の話。

だけど長男の様に障害を持って生まれた子供たちにとっては、知識の習得の遅さとは裏腹に就労がすぐ目の前に迫っています。

そんな状況の今だからこそ、いろいろな事を考えさせられました。


↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ




[2014/08/14 22:21] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
夏休みの自由課題
夏休みの自由課題。

毎年何にするか悩みどころです。

特に長男の場合、できるもの(作れるもの)と本人の興味とが合致しないことには先に進めません。

本人の希望も聞きつつ、学校向け、つまりゲームとかのキャラものとかではなく、ということで・・・。

今年は。

簡単な作業ものとして、幼児でも作れる編み物に挑戦。

次男が年長の時、幼稚園の作品展で帽子を編んでいます。

幼児向けならば、今の長男でもできるだろう、というところから考えてみました。


本人のモチベーションアップの為、作るのは
「3DSのケースを入れる、お出かけ用ポシェット

《完成品!!》
1407644031496.jpg

使ったものは、100均で売っている紐(巾着袋などに使う紐。5m)×4袋、割りばし数本。

原理は大きなリリアンみたいなものです。

次男が幼稚園で毛糸の帽子を作った時はティッシュの空き箱を使用しました。

作るものによってペットボトルなど家庭にあるものを利用します。

今回は、お土産のクッキーの空き缶で試したら小さくなり過ぎた(3DSのケースが入らなかった)ので、小物入れを利用。

奇数本の、適当な長さに切った割り箸を配置します。
1407655406552.jpg
編み始めの仕方は、ネットで検索しました。
テープで糸の端を固定した後、割りばしに互い違いに糸を渡していきます。
2段目は1段目と反対に。
1407657864217.jpg
3段目から編んでいきます。
糸を渡して、下の糸を引き上げて割りばしの向こう側に返します。
これを繰り返していきます。
1407657847114.jpg
1407644085319.jpg

割りばしに糸をかけていくのを繰り返すだけの簡単な、だけど指先を使う作業です。

思った通り、ノリノリで取り組む長男。

指先を使うのはあまり得意ではない長男ですが、意外とこのような作業は好きなようです。

紐3本を繋げて、2時間程度で本体完成。

肩紐は、2本取りの三つ編み。

始末は本人では無理なので私がサポート(テキトーに始末)しました。

今年は、例年よりも楽勝で完成!(^^)v

本人が完成品の形をイメージできる、ということも作業が早く進むポイントだったかもしれません。

みなさんもチャレンジしてみてはいかがですか?


ちなみに、3DSは意外と重量があるのでポシェットに入れるとその重さでポシェットがかなり伸びます f^^;)

今回は、編んだ部分をほどいたりして試行錯誤、その伸びを考慮して作りあげました。 

お子さんの編み具合い(糸の引っ張り具合)によっても出来上がり寸法が変わるかと思います。


↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ

[2014/08/11 09:05] 学童期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
第二次性徴
こんにちは。

子ども達がいると、何かとせわしない日々。

病院の予約もいろいろ入れてありますしね。


先週は次男のセラピーがありました。

で。

次男の方は、最近は割と順調なので特に大きなトピックは無かったのですが。

その時心理士さんより、ダウン症児の第二次性徴は健常児と同じタイミングでくるという話をよく聞く・・・と伺いました。

身体(体格)の成長も比較的ゆっくり目、知能の成長はゆっくり。

なのに、大人の体になるのだけは健常と一緒?!

ちょっとフクザツな気分でした。


でも、実際最近の長男は体つきが変化しつつあります。

こころなしか鼻の下の産毛も濃くなりましたし。


で、(数年前から)いつもは一人で、もしくは弟と一緒に入浴している長男ですが。

昨日たまたま、すごーく久しぶりに一緒にお風呂に入ったら、確かに下の方にも うっすらと・・・。

内心『どひゃ~~~!』でした。


長男、体格は身長も体重もまだ小学2年生レベルです。

な、なのにソチラの方面だけ5年生とは・・・。


21番目の染色体、というかそこに存在する遺伝子は第二次性徴へ影響を及ぼさないってことなんでしょうね。

それはそれでいいことなのか・・・な。


長男よりもひと回り大きい次男(こちらは平均的な4年生体型)は、まだまだお子ちゃま体型。

ついふたりを見比べて、これから先のことを想像して心が何となく落ち着かない母です・・・。


↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ










[2014/08/10 00:00] 学童期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ラジオ体操!!
夏休みが始まってから、ほぼ毎日頑張って行っていたラジオ体操。

今朝が最終日でした。

毎朝起こすのが大変で、子ども達も にこやか、晴れやかに家を出る日よりも不機嫌なまま出て行くことの方が圧倒的に多かったです。

去年までの子ども達は、まだ幼かったせいか、割と素直に参加していました。

でも、今年は2人そろって「眠い!」と抵抗。

正直なんでこんなにしてまで行かせるのかな~、と自問自答。

別に行かなくてもかまいません。



でも。

この、ささいな「面倒くさいこと」の積み重ねも、いつの間にか終了してみれば達成感に変わる。

そんな経験は小学生の今だからこそできること、そして耐えられること。


もう少し大きくなったら抵抗も理屈付けも今よりもっと増すでしょう。

おとなになったらますます面倒なこと、嫌なことで避けられることは避けるようになるでしょう。(自分自身を振り返ってもね。)


だからこそ。

こんな些細な、小さな嫌なことの積み重ねが、将来の底力に通ずるのではないか、と思うのです。

「ちょっと嫌だな」と思うような事に出会ってもチャレンジ、トライすれば、きっと乗り越えられるという気持ち。

この夏の経験を子ども達が意識することはないだろうけれど、きっと見えない形で記憶の底にしっかりと残ると思います。


なので。

親としても、とーっても面倒くさくて嫌な朝の行事でしたが。

取りあえず頑張って終了。


ご褒美がもらえる今朝は、二人とも自主的な早起きでさっそうと出かけて行きました。

気持ちの持ちようで、やればできます。

戦利品(*^-^*)
ラジオ体操


あれこれ書いたけど、何よりこの解放感、私が一番嬉しかったり?! (≧▽≦)


↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ

[2014/08/03 22:37] つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。