アイちゃん
長男が小学生になってから、算数=数の概念の理解に難しさがあることがわかりました。
数、量、大きさ・・・基本的で大事なことですが、どうもごちゃごちゃになっているようでした。
「概念」は教えてわかるものではなく、本人が感覚的に理解して初めて定着するものです。

ベネッセの教材も使用しましたが、ボタンやチップの小さい教材(優れたものですが)は指先の操作の苦手な長男には「概念の理解」以前に「操作」の難しさが壁になってしまいました。

そこで映像記憶に強い長男の為に購入したのが「秀逸フラッシュシリーズ」です。
アイちゃんという女の子が案内してくれます。

DVDのフラッシュカードは、読み上げもやってくれるので親としては楽でした。
ドッツや加減乗除だけではなく、九九や百人一首まで種類もいろいろあって、小学校低学年までの知識は得られそうです。

ただ、フラッシュカードは脳を休めて何も考えずに見られる年齢の方が有効なようで、ついドッツを数えようとしたり、覚えようとしたりしてしまうとただの「疲れるDVD」となってしまうようです。
我が家では年齢的に与えるのが遅すぎたようで不発となってしまいました。

やはりフラッシュカードは小さいうちに与えてこそ効果があるもののようです。



秀逸フラッシュDVD★ティンカーベル・クラス★DVD9巻秀逸フラッシュDVD★ティンカーベル・クラス★DVD9巻
(2003/04/01)
渡辺菜生子

商品詳細を見る



秀逸フラッシュDVD★ピーターパン・クラス★DVD9巻秀逸フラッシュDVD★ピーターパン・クラス★DVD9巻
(2003/04/01)
渡辺菜生子

商品詳細を見る



秀逸フラッシュDVD★ピーターパン・クラス★DVD9巻秀逸フラッシュDVD★ピーターパン・クラス★DVD9巻
(2003/04/01)
渡辺菜生子

商品詳細を見る



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ



[2014/08/21 09:05] 知育・学習教材 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント