スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
兄弟っていい? (4)
長男と次男のそれぞれの個性とその扱いに四苦八苦している私ですが。

ダウン症児にとっては兄弟はいた方がいいと思います。

では、きょうだい児にとってはどうかというと、正直なところいいとも悪いとも断定はできません。

知的な発達に関して言えば、健常児のきょうだいと同じように、下の子は上の子を見て育ちますし、おもちゃや教材も一歩先のものを手にしますから発達は早いと思います。
また、我が家では長男の療育で教わってきたことを次男にも適用したので(モンテッソーリなど)、その分でもメリットはありました。

では、精神的にどうかと言うと、これまでも記載してきたように自分と兄との違いにとまどったり傷ついたり、ということも避けられません。

我が家の様に、上が障がい児の場合、どうしても弟なのに兄の面倒を見る、という側面も否定できないです。

将来、親が亡き後、面倒を見てもらうために次男を生んだわけではありませんし、親の方からそうしてくれと依頼するつもりもありません。

ですが、以前きょうだい児の会のお話しを聞いた時に、あるきょうだいの方が「お前は兄弟の面倒を見なくていいからね。」と親からはっきりと言われていたことが、「かえって負担だった、必要ない人間だと思った。」とおっしゃっていたのが記憶に残っています。

また、別のきょうだいの方は逆に「面倒を見ろ。」と親から常に言われて「自分の存在は兄弟の面倒を見る為だけなのかと悩んだ。」とも聞きました。

親がきょうだい児に向けて障がい児の面倒を見るかどうかについて言及することには慎重さが必要だと思われます。

究極のところ、「親のエゴで産んだ」と言われてしまうかもしれません。

これから次男が思春期を迎え、「生んでほしくなかった」と言うかもしれません。
そういう可能性も考えつつ、次男には「生まれてきて良かった」と思えるように毎日を積み重ねるしかないのではないか、と考えています。




「よい子」じゃなくていいんだよ―障害児のきょうだいの育ちと支援 (フォーラム21)「よい子」じゃなくていいんだよ―障害児のきょうだいの育ちと支援 (フォーラム21)
(2005/07)
戸田 竜也

商品詳細を見る




↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
[2015/01/25 08:30] お母さん方へのメッセージ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。