スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
ハンドリガード
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。

ハンドリガード


長男の赤ちゃんの頃のアルバムから(*^^*)

服装から見て、多分4~5か月頃?

このポーズ、「ハンドリガード」と言います。
自分の手を『発見』して見つめています。
これによって赤ちゃんは、脳と筋肉の連携がどの様に自分のからだ(手)に影響を及ぼすかを学んでいくそうです。


長男は毎日毎日、気が付くといつもこのポーズをとっていました。

随分長い間やっていたと思います。

半年位続いていたような気も・・・。

当時は何のポーズかわからず。

パパも一緒にやってみて「その気分」を共有。(こちらは生後8ヶ月頃)
ハンドリガード2


じっと見つめていたり、時々は、ひらひらさせたり。

当時は光と影がちらちらするのが面白いのかな・・・なんて思っていました。

強度の乱視がわかった時、だからやっていたのかな、とも思いました。

でも。

ダウン症児だから、という行動ではなく、誰でもやることだったようです。


右手のこともありました。

ですが圧倒的に左手が多かったです。

それで 今になって思うと。

長男は左利きなんですよ。

この時から「左利き」を示していたのかなぁ。。。

因みに、当時ミルクを上げる時に、私は右利きなので当然長男の頭を私の左腕に載せます。

それで、ミルクを上げながら私のあいている方の左手で長男の左手指をよく揉んでいました。

指先の刺激も脳によいだろうと思って。

でもいつも左手ばかりを刺激していた訳で。

それも左利きの原因だったり???



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[2015/02/09 09:28] 乳・幼児期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。