スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
面倒な反抗期
思春期、反抗期、マイペース・・・。

いろいろ表現方法ありますが・・・。

つまるところ、日常生活では「扱いが面倒くさい」に尽きますね・・・(´Д`。)


命令される」ことに拒絶反応を示す長男。

指示すればするほど「敢えて無視」を決め込むか「滅茶苦茶な反抗」ということになります。


で。

先一昨日の夜。

習い事(ダンス)の帰り、久しぶりに家族で外食をして帰宅しました。

その分、家に着いたら21時を回っていました。


我が家の子どもの就寝時刻は21時。

当然「早く寝なさ~い!」の連呼となってしまいました。(翌朝のことを考えるとつい焦ってしまって・・・)

次男はちゃんとそれに合わせてすぐにベッドへ。


ですが、長男は案の定無視を決め込んでいます。

ここでしつこくすればするほどお互いに張り合うことになり、こちらが疲れてしまいます。

その日は、私の体調が良くなかったこともあり、やることは後回しにして「先に寝るというポーズ」作戦。

長男が遊んでいる机(リビングにあります)以外の電気をすべて消して「お先に寝るね。おやすみ~。」

もちろん主人にも協力を仰いで、先に寝てもらいました。


改心して着替えてベッドルームに来るかと思っていたのですが・・・。

なかなか来ません。

かれこれ1時間ほどたったとき、一度ベッドルームに現れたようですが直ぐに行ってしまいました(このあたり、私も待ちつかれてうとうと…。)


それから暫くして。

何やら小さい明かりがベッドルームを照らします。


見ると。

長男が小さい電気(100均で買ったライト)を持ってベッドルームに入って来ました。
100均ライト

ちゃんとパジャマに着替えています。

「おやすみ」といってベッドにもぐって行きました。


つまり。

小さい明りはベッドルームの床に転がっていた100均のライト。

初めにちょっとベッドルームに現れたのはそのライトを取りに来た訳で。


寝るにあたり、机のライトを消してしまうと、既に家じゅうの電気が落とされているので真っ暗になってしまいます。

それでは、怖いし歩けない。

そこで、思い出したのがベッドルームにおいてある100均ライト。

一度ベッドルームに現れたのは、その為。

つまり懐中電灯の代わりに使う為です。

彼なりに頭を使ったということですね。

そして、無事(?)に100均ライトを使って机の電気を消し、暗い廊下を歩いてベッドルームまで来たということのようです。(といっても狭い家なんですけどねf^^;)


問題を目の前にして、「どうすればいいか」ということを考えられるようになってきた長男

先日に引き続いて問題解決の力がついてきているようで。

それはそれですごい成長。

そんな力が付く日が来るとは考えていなかったので正直嬉しいです。


とはいえ。

そこに行きつくまでの扱いが非常に効率悪いし面倒くさい(;_;)


毎日ささやかな成長を発見すると同時に、ものすごーくこちらの言動の工夫が必要な気がする思春期です。

ま、ほとんどは無駄とわかっていてもバトルになってしまう「学ばない私」なんですけれど・・・(><)


ちなみに、先に真っ暗な部屋になってしまうのをどうするか、次男は「僕だったらリビングの電気をまずつけて、部屋を出る時に廊下の電気をつけてから部屋の電気を消すから・・・。」と正当だけれど長男の身も蓋もない事をアピールしていました(^^;)


年子、何かと めんどくさ~~い!! ( ̄∇ ̄)




↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
[2015/04/30 09:00] 思春期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。