親にはわからない覚悟
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。

過去の話ばかりが続いて申し訳ないですが。

この話は次男と私の間に実際にあった会話ですが、正直なところダウン症持ちの方の立場からすると差別的な表現が含まれています。

決して、差別をするつもりではないということと、その表現は子ども(次男)の素直な心から発せられたということをご理解いただきたいと同時に、そういったことに神経質な方はお読みにならない事をお薦め致します。
申し訳ないですが、この記事によって不快な思いをされたとしても責任は取りかねますのでご了承ください。

予め記しておきますが、私がこの記事で書きたいことは、幼いながらも身につけた「きょうだい児の覚悟」についてです。

きょうだい児のいらっしゃる方、また、これからご兄弟を作ろうかと考えていらっしゃる方に少しでも参考になれば、と考え敢えて記事にいたします。



子ども達を連れて外出した時の話です。



前方から、中年(?)のダウン症っぽい男の人が歩いてくるのとすれ違いました。

丁度その時は次男と私が並んで歩いていて、長男はそれより二・三歩後ろを一人で歩いていました。


で。

その男性とすれ違った後。

「○○(長男)のお仲間の人かな。」 と私。

「そうじゃない。」と次男。

「僕、だんだん顔見てわかるようになってきたよ。」と。


そして。(ここからが本題)


「これからさぁ、友達とかと歩いていて、友達が『前からヘンな人が歩いてくるよ』とかいわれて、『そ、それ、僕のお兄さんなんだけど・・・。』ってなりそうだよね。」 と。


だから「嫌だ」とか、どう対応するかとか、そういった話はありませんでした。



多分、単純にそういうことが「起こりそうだ」という予測をしている、ということなのだと思います。


ただ、そういったことを既に想定して考えている次男に少なからず心を打たれました。


親からしてみれば、ダウン症を持って生まれてきた子供も、そうでない子どもも同じようにかわいい子どもでしかありません。


差別的なことを言われたら「即、頭に血が昇る」、抗議をしたくなる。

つまり、ある意味 客観的な発想ができないとも言えます。


今回の次男の発言に。

あらためて「きょうだい児の置かれている環境」というものを思い知らされました。


次男は次男なりに、近い将来に起こりうることを小学校5年生にして既に考えているのだということ。


情けないことに、それに対して正直なところ親として私がどう対応するのが正しいのか、まだわからないです。



これから先。

現実にはそういうことが起らないかもしれません。

また、起こったからと言って次男が私に告げるかどうかもわかりません。



ただ、ただ、きょうだい児ってすごいな


そんなことを思った出来事でした。






↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[2015/05/06 09:00] 「きょうだい」の気持ち | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント