体調不良だった
昨日、朝も夜も些細なことからこじれて、暴言吐いたり泣いたり甘えたり・・・だった長男。

思春期の揺れる心だと思っていたのだけれど。


今朝は何度起こしても起きられず。

結局登校は諦めて様子見することにしてみました。


で。

いったい何時に起きられたか、というと。

10時半過ぎ。


鼻かぜがスッキリしないので、夕方念のために耳鼻科によってお薬をもらってきていたのですが。


私が思っていた以上に、しっかりと抗生物質も処方されました。


ということで。


昨日の不機嫌は、体調不良だったようです。

私の思い込み、だったようですね。


反省。





↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

[2015/06/30 14:52] 思春期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
生活年齢と認知年齢
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


揺れる思春期の長男。

今朝もポケットティッシュを持って行くか、行かないか、という些細なことで玄関先でフリーズ(@_@)


彼の論理はこう↓です。
「(友達の)ティッシュを借りるから、いらない。」


いや~、この理屈。
6年男児としてわからなくもない(?)屁理屈、一般常識からの逸脱。

単に持って行きたくないだけだろうけどね。


そんなことが言えるのは、まぁ、成長といえなくもないけれど。


実際には、ここのところの長男は鼻かぜ引いてます。
大いにティッシュが必要な状態です。

エラそうに、借りていられる量ではないです。

っていうか、そもそも「ティッシュ借りる」って、「ティッシュ貰う」の間違いでしょう。
返すつもりもないのだから。


てなことを、玄関先でやったものだから、押し問答で聞き分けなく、泣いて鼻水ドロドロで・・・結局遅刻で・・・。



教室に箱ティッシュを置いているお友達。

それを「借りちゃえ」っていうのは、今までの生活年齢で培ってきた知恵といえなくもないでしょう。


でもね~。

返す気なくて「借りちゃえ」は、親としては見過ごせません。

まして相手は年下。


でも、自分で思いついた論理を客観的に判断する知能はいまだ育っていません(-。-;)


そのギャップ。


最近その差が激しくなってきた気がします。


知能レベルは、およそ実年齢の半分くらい、といわれるダウン症。

年々その差が開いて行くのは仕方ないことかもしれないけれど。


せっかく考えて、思いついたことが、ことごとく否定されてしまう、最近の長男。


譲りたくなくて、泣きながら乱暴な言葉で抵抗。



表現したいけれど、できない。

やってみたいのに、できない。



時には、物を投げたり。

これって、プチ家庭内暴力状態?




いろいろなところでぶつかって、ストレスがたまっているように感じます。



こちらとしても、もう6年生。

これだけは、やって欲しくない。

これだけは、できていて欲しい。


要求も今までより厳しくなっている気もします。

というか、今まで手をかけすぎて(手を出し過ぎて)基本の身辺自立が出来ていないことが問題なのだけど・・・。


認知的なことに関する成長は、とうの昔から次男が先で、大体次男の経験から予測が付いたのに、こと思春期に限っては順当に実年齢順に来ている我が家。


もう少しして、次男もどっぷり思春期に入ったら少しは理解しやすいのかな?

でも、ふたりもこんな屁理屈マンがいたら・・・(ノД`)



実年齢と、生活年齢と、認知年齢、情緒年齢・・・。


いろいろな理由で、それぞれの差が微妙に大きくなって来る年ごろ。



実は、認知面が弱いから、理解できなくても・・・と、つい可哀想な気がしてしまいます。


でも場合によっては、それを許したら、ただの我が儘者だったり、遵法意識が身に付かなかったり・・・。

そしてそのまま大人になっちゃったら?という不安が消しきれず・・・。


どうすれば、私も長男も心穏やかにいられるのかなぁ。

なんだか母子ともに今までとは違った、大きな壁にぶつかっているような気がしなくもなくて・・・。


といって、そんなに深刻に考えているわけではないのだけれどね(^^;)





↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


[2015/06/29 23:09] 思春期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
担任からのことば
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。



長男の学級、毎日連絡ノートに担任からその日の長男の様子が書かれてきます。



先日、うれしい言葉が書いてありました

宿泊学習のことを書く作文を授業でやったことに関するコメントです。



担任の許可を取っていないので要旨だけ抽出すると。

-- 書きたいことが(担任に)伝わるととても嬉しそうでした。
   書きたくないのではなく、どうやって伝えればよいのか考えているの
   だな
とすごく感じました。


この文面から察するに、長男は作文の取り組みにたいして一見「書きたくない」と見える態度だったようです。
(なんだか目に浮かぶ・・・(-。-;))


でも。


担任が、長男の本当の気持ち--「書きたいけれど、どう書いたらいいのかわからない」 ということを察してくださった、ということ。


その結果、「今までで一番たくさん書けた」そうです。




アウトプットが苦手なダウン症児。

思っていても、うまく伝える事が苦手。

面倒くさくなってしまうか、諦めてしまうか。

または、説明をしないまま頑なに固まってしまうか。



そういったマイナスともいえる性質の部分を担任が理解し、その胸の内に潜む「伝えたい」という気持ちに寄り添ってくださった、ということがとても嬉しいです。


長男の気持ちを、うまく汲み上げてくださったことが嬉しいです。



授業中、他の子ども達もいる中で、声をかけ、息子の気持ちを前向きにし、「伝えてみよう」という気持ちにさせること。

思春期に入った今では余計に難しかったと思います。



2年前、支援級に初めて異動してきて、まさしく手探り状態のまま担任として息子の指導に試行錯誤を続けてくださっている先生。

日々、葛藤の毎日だと思います。(これからも続くでしょうけど・・・ f^^;)



そんな中での出来事。


些細なことかもしれないけれど、

思いが伝わった時の息子の笑顔


担任にとっても発見だったのだと思います。


こういう気付きが、きっと担任にとっても報われる瞬間なんだと思います。

って書くと上から目線みたいだけど、そんなつもりではなくて。




こんな小さい発見でも、先生にとってこの忍耐力のいる仕事を続けていけるパワーになって、障がい児を持つ保護者の心強い味方になってくださったらいいな、と。




初めて担任になった時、熱い気持ちが空回り気味で、なかなか子どもの気持ち、こちらの思いが伝わらなかった日々があるからこそ。


そして、いろいろチャレンジしてくださったことに対してすぐに成果を出せ無い息子の歯がゆさ、ふがいなさの日々があるからこそ。




今、特質を理解してもらえる先生に出会えた息子の幸せと、子どもに寄り添ってくださるようになった先生の、両方の意味でとても嬉しいな、と思うのです。





↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村







[2015/06/27 10:34] 学童期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
視力の発達とメガネ(2)
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


長男がメガネをかけ始めて10年。

歴代のメガネ。(レンズだけ変えたことも)
メガネ

早めに装着したおかげで、順調に視力が伸びたという話を昨日書いた訳ですが。

その間に、健常児の次男は順調に視力が伸び・・・た筈が、ゲームのやり過ぎで近視になり。

あっという間に、長男よりも裸眼視力が悪くなってしまいました(><)
私も強度の近視なので、主人以外家族3人メガネ装着です。


そして。

つまり、その中で一番目が良いのが長男などという、結果になっています。



ところで。

その昔、2歳になったばかりでメガネを付けた頃。



長男にとって何が一番の変化だったか、というと。


怖がらずに歩き出したこと です。


それまでは立つこと、1歩踏み出すことはできても、なかなか「歩く」ことはできませんでした。

数歩歩けたのは、メガネを装着した直後、丁度2歳1ヶ月目のことでした。

見えないということは、運動発達も妨げる、ということにその時初めて気づかされた訳です。


お友達の中にはどうしても嫌がって外してしまうお子さんもいましたが、長男はメガネを嫌がらずに着けていました。

それは多分、それだけ長男の視力が悪かった、見辛かった、ということなのだと思います。


ゆっくり育つので、2、3歳頃でもまだまだ赤ちゃんぽく見えた長男。
知らない人から「こんな小さいのにメガネなの?」などと聞かれることもありました。

でも。

結果的には、「見た目」より「脳の発育」を優先にして良かったんじゃないかな、と思っています。


↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


[2015/06/24 10:31] 視力・眼鏡 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
視力の発達とメガネ
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


・・・今、歯科から電話がありました。

今日、予約日だった・・・すっかり忘れていました orz

長男の歯。
犬歯の永久歯が乳歯の上に重なって出てきています。
今日が抜歯の日でした(-。-)

あ~、来週に順延です。


さてさて。

昨日、メガネの話を書いたので、今日はそのあたり、視力とメガネの話を。

特に大きな合併症がない長男ですが、視力は1歳ぐらいの検診時から「強度乱視・強度遠視」と言われていました。
よくわからないのですが、当時のデータでは 
R:+4.75,cyl-1.00, L:+4.25,cyl-2.25 となっています。

眼鏡装着については、医師によっても考え方が違っているようですが、療育施設の小児科医と現在もかかっている眼科医は「早い方がいい」という考えでした。

とはいっても当時の長男はまだ1歳台。
親としては、まだ全然赤ちゃんにしか見えない状態での「メガネ」に少なからず抵抗がありました。


それでもやはり
そのまま放置していれば脳への情報量が少なく、また視力も伸びない。」
と言われれば、確かにそうだろうとも思い・・・。

ということで、2歳になったころに「初めてのメガネ」を作りました。
メガネ

当時、担当医から言われたのは
「かなりの強度乱視・弱視なので、メガネを着けても視力がどの程度伸びるかはわからない
ということ。
確かにそればっかりは時間が経たないとわからないことは仕方ありません。


それが、10年余りたった今となってみると。

先生が驚くほど視力は順調に伸びました。

現在はメガネを着けてていれば(実際には2年ほど前から)両眼視 0.8 にはなっているそうです。
裸眼だと0.2くらい。
でも、裸眼の時は頭を傾けて横目で見るような姿勢になります。
多分、その位置が焦点を結びやすいのでしょう。


実際の生活の中では、メガネなしではいられない様で、必ず装着しています。


もしメガネの装着を迷っている親御さんがいるならば、試してみる価値はあると思います。

費用的にも9歳の誕生日までは健康保険の「療養費支給」が適用され、何割かが戻って来ます。(組合によって戻り率は違いますのでご自分の健保組合にご確認ください。)




↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

[2015/06/23 17:45] 視力・眼鏡 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
試行錯誤
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。

最近、なに気にワル度満載な長男。
ちょこちょこ今までとは違ったイタズラというか、訳わからない行動等言うか・・・をします。

で。

昨夜は、メガネ。

起きている間は必ず付けているメガネ。
寝る時は机の上のメガネスタンドにしまうことになっています。

毎朝、起きたらすぐ机に直行、メガネを付けてからすべてが始まります。


・・・の、筈が。


最近どうも、その時々の気分で、「あちこちに置いてみる」というのがブームのようで。


昨夜は、主人の部屋の、「サッシの枠の溝

見つけた主人が、私のところに持って来ました。
「知らずに窓を開けたら惨事になるところだったよ。」と。

・・・ですね(-д-;)


メガネ、今使用しているのを壊したらスペアがありません。
(一応スペアを用意してあったのですが、頭が大きくなってしまいスペアの方はきつくてつけてられないので・・・。)


そして往々にして、朝、どこに置いたかわからなくなり大騒ぎになるのです。


が、今朝は覚えていました。

それ自体は進歩!


でも、置いた場所場所になく(当たり前ですね)、私に泣き付いてきていました(^^;)


それにしても昨今の長男。
何だろうなぁ、あらゆることに関してとにかく既定路線を否定してみるという心理のようです。



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


[2015/06/22 14:00] 思春期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
無事帰ってきました
長男、昨日無事に宿泊学習から帰って来ました。

生憎学校でのお迎えの時点でも雨。

引率に加わってくださったボランティアの方の解散時のお話だと。

「長年、日光にいろんな学校と一緒に行ってきました。
10回以上行っていますが、3日間とも雨というのは初めてです!
それでも、みなさん本当によく頑張りました。」

ということで。

キャンプファイヤーは中止。
ハイキングは何とか途中までは行ったそうです。
最終日の牧場は、「お土産買いと(カッパを着ての)動物とふれあい」はできたそうな。

それでも十分楽しんできたようです。


帰り際、担任の先生からは「今までの中で一番良く出来ていました。」とお褒めの言葉を。

ハイキングでは、何とおトイレ(大きい方)が朝出なかったため歩いている最中にもよおし・・・そのせいでいつもよりもスピードアップで歩けた・・・というような笑っていいのかどうなのかわからないエピソードもあったようで(^^;)
あ、トイレは無事間に合ったそうです。(尾籠な話でごめんなさい)


「弟と自分に」買ったお土産。
おみやげ
帰宅後、早速胃袋に入っていました。


しかし、その後は即座に仮面ライダーの本に釘付け。
私の言うことなぞ、聞こうともしませんが・・・(-_-#)

ま、それだけ旅先で頑張っていた、ということかな。

何はともあれ、元気に帰って来てよかったです(*^^*)



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村




[2015/06/20 09:03] 学童期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
続けていること
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


ここ2~3週間、中学校の見学が続いています。

そのうちの一校の説明会で言われたこと。

「中学校では、登校したらまず制服から体操服に着替えます。
着替え時間の目標は5分。
初めのうち、1年生はYシャツやブラウスのボタンで時間を取られてしまうお子さんがいます。」

この「ボタン」のお話。
長男が、小学校に入学したころ担任の先生からも聞きました。

6年生になってから急に小さいボタンの練習をするのも意外と大変なようですよ、と。

小学校は私服なので、脱ぎ着し易いTシャツなどボタンの無い服になりがちです。



そこで、我が家で続けていること。

我が家でも普段着はボタンの無い服中心ですが、パジャマだけはボタンで留める形のものにしました。

パジャマは毎日着るものです。

つまり、朝晩2回ボタンを嵌めることになります。

パジャマのボタンは今となっては少し大きめですが、幼稚園時代の制服にもボタンが付いていたのでその流れのまま、現在まで続いています。
(幼稚園の時は、ボタンサイズを大きいものに付け替えていました)


Yシャツなどの小さなボタンも果たして時間内にできるのか。

少々不安だったのですが、先日ダンガリーシャツを出した時は特に手こずらずに着用できていました。


成長とともに、手指の操作も進歩していますし、このまま中学の制服も心配しなくて良さそうです。

「中学を前にしていきなり練習」ということのないように、毎日の継続、皆さんもいかがでしょう?



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


[2015/06/19 09:08] お母さん方へのメッセージ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
あいにくの雨
昨日の朝、小学校最後の宿泊学習に旅だった長男。

今頃何しているかなぁ。

残念ながら、昨日も今日も雨模様。

本当ならば、今頃はキャンプファイヤーの筈。


こちらの区では、区下の支援学級が合同で宿泊学習を行います。
4年生のころから3年間同じ宿泊所(区の施設)を使用します。

今回で3回目の長男。


でもキャンプファイヤーが出来たのは1度きり。

確か去年も雨だったような・・・。(一昨年かな・・・?)


毎年宿泊学習が近づいてくると、ひとりで身の回りの事が出来るように学校でも家でも練習が始まります。

ひとりで起きたりお布団を敷いたり、お風呂でタオルで体を洗って、絞ったタオルで体を拭いたり・・・。

一週間ほど前からは、チェックシートが配られ、毎日ひとりでできたら 「◎」、手伝ってもらって出来たら 「○」を記入します。(詳しくは過去記事


去年までは、宿泊学習を楽しみにし、指折り数えてこの「できること増やそうカード」の記入にも熱が入ったものですが。

今年は、慣れもあってか?それともひねくれ思春期のせいか? 一向に熱が入らないまま当日を迎えてしまいました。


3年間の間には、確かに進歩もしたので練習をしなくてもできることも増えてはいますが・・・。


で。

昨日の朝も、宿泊学習だから、と早起きするでもなく、いつもどおり(?)余裕でゆっくり目に起床。

とにかくせっついて出発させた次第。

お弁当はリクエストの仮面ライダー電王の悪役。
ネガ電王お弁当

バスの出発時刻に見送りに行ったけれど(登校時間よりおよそ1時間後)、その時見たらお弁当が入ったリュックはひっくり返ってました(><)
きっとぐちゃぐちゃだったろうなぁ。

もっともこのお弁当も、学校からのメール配信によると公園で食べるはずが雨で宿に直行、宿で食べたそうな。

今日のハイキングは出来なのかなぁ・・・。


せっかく小学校時代最後の宿泊学習、明日は少しでも晴れ間が出て、いっぱい思いでできるといいな・・・。



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村






[2015/06/18 19:09] つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「そのまま」
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


また、ちょっと前の話で恐縮です。

先日の長男の宿題。

久しぶりの漢字だったのですが。


「よみがな」を書く問題。

漢字が大好きな長男。

の、筈が・・・。

意外と読み方が定着していませんでした(TT)

で。

本人も読めない部分に関して、私に聞いてきました。

机の側に行ってみてやれば良かったのですが、こちらも他の用事をしながら、片手間に「問い」に対して口頭で答えていました。


いくつか質問されていて。

「いわいしって?」と長男。

岩石--「がんせき」と返答。

「がんせき」と振り仮名を書きます。


次に。

「いわやまって?」と長男。

岩山--「いわやま、そのまま。」と、私。


後で答案を見たら。
そのまま


思わず吹き出してしまいました。

そのまま、は そのままなんですけどね・・・。


漢字、好きだった筈だのに、3年前から進歩してないどころか後退している現実を知りました・・・(;_;)
(いや、好きではあるけど得意ではなかったってこと?!)


やってくれます、テンネン長男。
ま、笑いが絶えない家庭・・・と、言えなくもない・・・(* ̄∀ ̄*)



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


[2015/06/17 22:39] 学童期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ちょっとした対応のまずさで・・・
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。

今日は、思春期の長男、ちょっとしたこちらの対応の失敗が尾を引く結果に・・・という話。


揺れる心の長男。

彼なりにちょっと背伸びしてみたり、他人の指示に従うのは「オトナじゃない」と感じるようで・・・。

一方で親の私の望むことも、つい「来年は中学」の焦りが出て、思い通りに動いてくれないとついクドクドガミガミ・・・。



朝の登校は、ちょっとの間違いが命取り。


 「歯も磨いた! 顔も洗ったよ~!!」と嬉しそうな長男の声。

タイミング悪く、その時私はお化粧中。 (朝から宿泊学習の荷物を持って長男と学校に行かなくてはならなかったので)

声だけで別室から「OK!じゃあ、着替えて!」と。

こちらの準備を優先させたわけです。



一方、いつもは私に言われてから動くところを自主的に進めた長男。

めっちゃ、褒めて欲しかったようで・・・。


当然、私の対応は不服。


で。


すっかりテンションが下がり・・・やる気が失せ・・・パジャマのままゴロゴロ・・・。



てっきり順調だと思っていた私は、自分の準備を終えて長男のいる部屋まで行って愕然。

「15分間何していたの? !(#`Д´)」


そもそも期待した「褒められ」もせず、しぼんでいた長男。

怒りの私に触発されてこちらも「うるせ~!」と、怒りの連鎖・・・(-д-;)


お互いに「早く支度しろ!」 「イヤだ!」の怒鳴り合いにまで発展。



もう、この年になるとこちらがムカつくような悪い言葉も、悪い言い回しもいっぱい知っています。

しかも「使ってはいけない言葉かどうか」はわからず使ってきます。

それも併せて注意すると余計に火に油。


てなことで。

肝心の着替えどころの騒ぎではなくなり・・・。


遅刻です。



もう、こんなことが日常茶飯事。

後から、後悔する訳です。


あの時、ほんの数秒、彼の側に行って「お、すごいね!」と言えばよかっただけだということを。


もう、「身の回りのことは言わなくても自分でできて当たり前」って気持ちもある分だけ、彼が求めるような称賛は出来ないことも確か。


でも、きっと褒めて欲しいんだろうな。


今、こうやって一人で考えれば私もわかるんですけれどね。



う~ん。

なかなか難しい。


↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


[2015/06/16 09:51] 学童期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
やられた・・・
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


映画館でクラスメートにあった次男の後日談。

次の日、学校から戻ってきて。

「今日、□□(相手の女の子の名前)とさ、
『もう、なんで△△ちゃん(次男の名前)がいるのよ~!』
『そっちこそ! なんか嫌な予感したんだよね~。』
って話したんだ~。」

だって。

やっぱり学校では仲良くおしゃべりするわけね…(*^^*)


で。

また、具にもつかない次男ネタ。

新聞見ていたら載っていた広告。

たまたまそばにいたパズル好きの次男、誘惑に勝てず。

「何の絵?」
「蚊のアタマ?」

とか言いながら「線つなぎ」・・・。

ひま?

やられました。

・・・はい。 ひまです。


これ、長男にやれせれば良かった・・・(><)


↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村



[2015/06/15 15:05] つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
思春期のこころ
先日兄弟を連れて映画を見に行きました。

ロビー(?)でポップコーンを買っていると、次男のお友達の女の子も。

最近の次男の学校話でもよく聞くお名前の女の子。

結構一緒に本の貸し借りをしたりして遊んでいるようです。(名前も下の名前を呼び捨て)

だから、当然ロビーで気が付いた時、ふたりとも駆け寄って挨拶すると思いきや・・・。

なんと、双方遠目に黙礼。(というか、一瞥程度)

お母さんと私もちょっと離れたまま会釈したものの、次男の様子がちょっと新鮮でした。

照れくさいのかな…?


その後、劇場内の席に移動すると、何と一つ開けて隣が彼女たち家族の席。


今までだったら、男女関係なくおしゃべりしたりしていたのに・・・。


結局、お互いに知っていながらひと言もしゃべらずに劇場を後にしていました。


小学校5・6年と言えば男女が段々いがみ合ったりして一緒に遊ばなくなる時期。

それにしては息子たちは仲よく遊んでいる、と思っていたのですが。


学校外で会ったから?

それとも家族がそばにいるから?


ちょっと不思議で、ちょっとかわいい息子たちの反応でした(*^^*)

なんだか甘酸っぱ~い!!


因みに彼らが夢中で読んでいる「落第魔女」シリーズ。


他にもトム・ソーヤの冒険とかサバイバルシリーズとかお互いに貸し借りして読んでいるようです。



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

[2015/06/13 09:08] つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
こんな知恵 あんな知恵
学校がお休みだった一昨日の話。

毎度マイペースの長男。

学校がお休みだということもあり、のんびり自分の机で遊んでいて朝食の準備が出来て呼んでも全く来る気なし。

3回も呼んで、近くに行って再度声掛けするも、大好きな仮面ライダー本でほぼ自分の世界に没頭。

聞こえていても聞こえないフリ、です。


で。

強硬手段。

長男の食事片付けました。

電子レンジの中に(ほこりよけとして)置いておいたりすることも過去にはあったのですが、今回は別。

完全撤去。


するとこちらの気配を察してあわててやってきたのですが、時すでに遅し。


来週には宿泊学習も控えてますし、来年は中学です。

時間に合わせて行動すること、身に沁みるほどわかってもらわねば。


暫く「お願い~!ご飯頂戴~!」とごねていた長男ですが・・・。


私との我慢比べ。

いつもならあきらめて昼まで平気な長男なのですが・・・なんと!

「じゃいいよ!、ベジータ食べるよ!」と。


食品庫から(本人リクエストで)先日買ったカップめんをおもむろに取り出してきました。

こんなこと初めて!

で。

「お湯を沸かすのはどうするの?」
「お湯を(カップめんに)入れるのはどうやるの?」
「えっ、無理!熱いよ!」 

とか言いながら・・・結局こちらも要所要所で説明しつつも初めて全て自力でカップめんを作って食べました。

以前ならば、ご飯を隠されたらそれまで・・・だった筈だのに。

代替品を出してくるほど知恵がついていました。


その後。

中学見学に行ったのですが、その中学のそばにはショッピングセンターがあります。

長男のお目当てのゲームコーナーも。


後でわかったことですが、中学の後そのショッピングセンターによることも知っていた長男。

しっかりとゲーム機用のカードもポケットに忍ばせていました。

更に。

行きの電車の中で「お母さん、100円貸して。 僕の貯金箱には100円玉が無かったから。」と。

家に戻ってからチェックしたら本当に100円玉はありません。(それ以外の小銭や札はあり)

ということで、知らないうちにちゃんとその日の行動を理解、自分のやりたいことも考えて準備する事が出来るようになっていました。

まぁ、遊びだからこその計画性なんですが。

これが学校に行く時もできるといいんだけれどなぁ・・・。

今日も遅刻だし・・・(-。-#)







↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

[2015/06/12 13:13] つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
中学校見学
昨日は小学校がお休みの日。

うちの地域では今月が学校公開のところも多く。

進学先の中学選びは今が前半戦。

と、いうことで、支援級がある中学校の公開に長男同伴で行ってきました。(学校がお休みの次男もついでに付き合わされて)

それ自体は、さくっと終了。

というか、長男は同じ支援級を卒業したお兄さん、お姉さんと再会して嬉しそうにした後は授業の様子も見ずに教室においてあった図鑑を読んでいたので・・・(^^;)

本人的には大好きだったお兄さんがいる学校なのでこの学校への進学、ノリ気です。

ただ、全体的にレベルの高い支援級なので親としては先生方が受け入れてくださるかどうかが心配・・・といったところ。

秋の公開も見て、本当に長男がやっていけるのか見極めが必要です。


中学校、ひとえに支援学級といっても学校によって取り組み方がまちまち。

もちろん生徒が違いますし、先生も違う訳ですから当然と言えば当然ですが。


学校によっては、作業に力を入れているところもあります。

昨日の学校はどちらかと言えば将来の一般就労を目指して力をつける、という感じのようです。

生徒も日常生活的なことは一通り出来て当たり前、な感じ。


先週見た別の中学は、毎日の着替えのスピードアップや身だしなみも学校で学んでいく重要なことになっていました。

先生のお話しのスピードもゆっくりわかりやすく、小学校の支援級と同じような雰囲気。

通学がちょっと不便なところが難点ですが、長男はこちらの方がストレスなさそうな気もする一方そのゆるさに甘えてしまいそうな気も・・・。


先日は、特別支援学校も見学してみました。

少人数で手厚い授業。

小さい頃通っていた療育施設を思い出します。


中学に入るともうすぐに「就労」という文字が・・・。

小さい頃は「とにかく健康に…。」が大前提だったのに。

健常児よりもずっと早く社会に放り出される障がい児。

健常児よりも早く身につけなければならない事が多い気がします・・・。



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

[2015/06/11 13:39] 学童期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
内分泌科検査結果
4月に内分泌科で採血した長男。

その結果が出ました。

結論から言うと、「思春期早発症ではない」ということでした。

11歳を過ぎてからの体の変化ということで一般的な思春期が始まっている、ということのようです。

具体的な数値としては男性ホルモンであるテストステロンの数値が642.2となっています。

単位や標準値がよくわからないのですが、記憶では(子どもが?)通常2ケタで、そういう意味ではとても活発にホルモンが出ている状態で立派な思春期だということの様でした。

今回この記事の為にざっとネットで検索してみたのですが、男性更年期とかマッチョになるためとかその手の検索結果ばかりで・・・f^^; 
ま、とにかくすごく排出されている状態のようです。

他にも甲状腺のフリーT4やコレステロール値、肝機能のGOT・GPT、貧血なども調べましたがどれも正常値ということでした。


また、骨年齢の方は、13歳1ヶ月ということで、これも正常範囲内との説明でした。

ただ。

この検査時点で長男は12歳0ヶ月。

つまり。

知能などが実年齢よりゆっくり育っている割に、骨年齢のみ実年齢より進んでいるということなわけで・・・。

進んでいていいじゃない?

いえ、いえ。

医学的には問題ないかもしれないですが。

この骨年齢、ある程度まで行けば身長の伸びが止まる、ということを示している事の様で。


つまり、一般的に思春期がはじまってから身長が伸びるのは15cm程度なのだそうです。

長男の思春期がはじまったと思われたとき(だいたい去年の夏頃?)の身長は135cmあるかないか。

医師は「ダウン症の男子の平均身長は150cm。 なのでその位にはなるか、ちょっと低めに止まるか・・・じゃないですか。」と。
成長曲線

息子の成長曲線を示しながら楽観的なニュアンスでお話しされていましたが・・・。

150cm! 小さいです(TT)

私としてはもう少し大きく(背が高く)なって欲しい・・・。

なのに骨年齢が高めということは、その分早めに身長の伸びが止まるということで・・・。


「背を伸ばすには、やっぱりカルシウムですよね?」と聞いたら、

「カルシウムは骨を強くするだけ。」 Σ(゚∀゚*)
「背を伸ばすのは成長ホルモンが出る時間帯にちゃんと寝ること。」 
「あとは(骨がまっすぐ伸びやすくなるように)姿勢をよくすること。」 と。

・・・姿勢・・・めっちゃ悪いですぅ(TT)


1月の遺伝科検診で思春期早発症かどうかの相談をしてからの数ヶ月。
その間にもどんどん『男らしく』なってくる長男。

声は太くなるし、もちろん他の部分の変化も、身長の伸びも著しいです。

でもね。

いや~、思春期は別にスタートダッシュ早くなくても良かったんですけれど・・・。

ビミョーな母ごころ・・・です。





↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[2015/06/10 06:10] からだ・病気 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「アタマ」を使っています
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。

すっかりこのブログから遠ざかっている間、毎日の生活の中ではこまごました出来事がありました。

ちょっと前のネタですが。

ライダーカード

ある日、次男がやって来て言いました。

「お母さん、○○(長男)もアタマがよくなってきたよ。」


何事かと聞いてみると・・・。



まずはその前の経緯から。

前日、長男と次男の会話が聞こえてきました。

ふたりとも持っている同じおもちゃ(仮面ライダーのカード&カードケース)について。

兄「ねぇ、ちょっと貸して。」

弟「嫌だ。」

兄「ねぇ、ちょっと貸してよ。」

弟「自分の探せばいいじゃん。」
 (注:ふたりとも自分のが見当たらないとお互いに相手のを勝手に使ったりします)

兄「違うよ。オレのはあるもん。 ちょっと比べてみたいだけ。」

と、ここまで来て私も口を出して「見当たらないからじゃなくって、比べたいって言うのなら貸してあげれば?」と。


で。

次男もそれならば、と素直に貸してあげました。

そして。

暫く遊んだ長男は、その後、弟にちゃんと「ありがとう。」と言って借りた時と同じようにカードをカードケースに収納して机の上に返していました。 (その時次男はチェックせずそのまま放置)


そして翌日。

冒頭の次男の会話につながります。


「○○(長男)もアタマが良くなってきたよ。」

「だって、昨日ライダーカード貸したじゃん。
そうしたらちゃんと返ってきたんだけど、カードがちょっとはみ出してたの。
で、みたらさ、○○の折れ曲がった方のカードが入っていたの。
アタマ使ってこっそり僕のきれいな方のと取り換えたみたいだよ(^□^)」と。


そうです。


つまり、長男は「ちょっと比べてみたいから」と理由をつけて借り、こっそり自分のものよりきれいな状態の弟のカードと自分のカードを取り換えて元の状態に戻して返した、ということです。

上の写真でその違い、わかって頂けるでしょうか? (左が次男のカード、右が長男のカード)

残念ながらツメが甘く収納の仕方がぞんざいであった(カードが少しはみ出ていた)為、弟が気づくことになったようです(^^;)


アタマを使った長男。

ちょっとズル賢くなったようです。


一方の次男も。

兄のいたずらに気付いて、怒ったりいきなり暴力的に取り返しに行ったりではなく。

冷静に私に笑いながら報告するような余裕も生まれています。


後からフツ―の口調で、「○○、カードの中身が僕のと違っているから返して」といっていました。



知らないうちに子どもの精神って成長するものですね~。


びっくりするやら微笑ましいやら、のエピソードでした。


↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

[2015/06/09 10:41] つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント