T大付属特別支援学校説明会
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


先週雨の中、大学付属の特別支援学校を見学してきました。

予約申し込みした段階ではまだ長男の就学相談の結果が出ていなかったので、進学先として支援学校も視野に入れていました。



行ってみて。


さすが手厚いです。


中学部の見学をさせて頂いたのですが、生徒17人(3学年)に対し8人ほどいらっしゃったでしょうか。

丁度作業の時間だったので、縦割りで3つ(厳密には4つ)のグループに分かれてそれぞれ作業されていました。


お子さんそれぞれに合わせた取り組みがなされている、ということが解りました。

先生方の対応も「愛がある」感じ。

教育の研究のためとはいえ、児童・生徒の状態や気持ちに寄り添った対応をされているというのがわかりました。


振り返って、長男が通う公立の特別支援学級の場合、どうしても教師が障がいのある子の教育の専門という訳にはいかず・・・。

ちょっとその違いを肌で感じてしまいました。


ただ、残念なことに非常に狭き門。

小学部からの繰り上がりも含めて来年度の中学部1年の募集が6名。

現6年生全員が繰り上がるとすると、中学から編入できるのはわずか2名だそうです(@_@)



といっても。

区の就学相談の判定が出た今となっては、やはり長男は判定通り地元中学の固定級への進学を選ぶことにします。


特別支援学級も、もっと知的障害などの専門知識のある先生方が増えてくださると隔靴掻痒の感が減るのになぁ・・・。



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村






[2015/07/07 09:19] 学童期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント