スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
それが障がい2
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。

「それが障がい」という表現(昨日の記事)で、モヤモヤしている私。

聴覚記憶(この言葉であっているのかな?)が、弱いダウン症児。

日常生活、学校生活の中で普通のスピードで言われたことを理解するのが苦手なのは、仕方がないことだと思います。

それを障がいといってしまう?

だれだって苦手なことはあるのに?


確かに知能が低い事に関しては、「そこが障がい」であると、私も思います。

でも、「言ったことを理解できない」部分は、ちょっと違うような気が・・・。



と、思っていた昨晩の出来事。


暑い日だったし、授業でプールもあったし、夕方力尽きて少しお昼寝してしまった長男。

もうそのまま、食事もしないのかな、と思いきや、声をかけると直ぐに起きてきました。

そこまでは、よし。


さて。


食卓に乗った食事を見て。

「今日の晩ご飯は何?」と。

「見ればわかるでしょ。 蒸し鶏。」


昨日の献立は、「蒸し鶏ごはん」(シンガポールチキンライスもどき、ですね。あ、蒸しているわけでは無くて茹で鶏だけれど)


でも。

再び「今日の晩ご飯は、何?」と。

私も同じ答え。


すると三度、「今日の晩ご飯は?!」

この後、目の前にあるのに、繰り返し、繰り返し同じ質問。

答える度に、「違う、今日の晩ご飯は何?」

そのしつこさに、私もだんだん腹が立ってきて、「何が不満なの?!」と声を荒げしまい、長男も「だから、今日のご飯は?!!」と、ついに親子喧嘩。


何が訊きたいのか、皆目わからず。

材料を列挙してもダメ。

メイン以外の献立全て(酸辣湯とか)を言ってもダメ。

泣きながら、それでも「今日の晩ご飯は?」と言い募る長男。

「だから!! 何が聞きたいの?」
「蒸し鶏っていうのが嫌なら、なんて答えればいいの?」
「どうすれば満足なの?!」 とキレ気味の私。


何度かの押し問答の末、やっと出てきた言葉。


「英語でなんて言うの?!」

!! ( ̄Д ̄;)

 ̄ ̄ 英語! それを知りたかったのか。

長男のクラスでは、外国語(英語?)に親しむために給食の献立を英語で言ってみたりしています。



献立、蒸し鶏。

仕方なしに直訳。(初めから献立名をシンガポールチキンライスにしておけばよかった f^^;)

「Steam Chickenじゃないの?」


このいきさつをずーっと見ていた次男が助け舟で、スマホ検索。

「Steamed Chickenだって。」

ああ、受動態(?) (><;)



まぁ、こんなすったもんだの食事だったのですが。



この最中、ずっと私の頭をよぎっていた言葉。

それが障がい



これ?

こういうことを指してるのかな?


やっぱり「これが障がい」?

だから、仕方がないこと?




それでも。

「英語で何というか?」という疑問が解決してご機嫌が直った長男。

あんなに泣きわめいていたのに、すっかり笑顔が戻って来てたので。



「いくらあなたが頭の中で思っていることでも、声に出さないと私にはわからないんだよ。」
「口で言わないとわからないから。」
「声に出さないとわからないから。」
と諄々と説明してみました。


正直なところ、どの程度理解できるか定かではないと思いつつ。



でも。

何回目かで、長男はふと、何故求める答が出てこなかったのかやっとわかったような目つきをしました。

そして、ちょっとばつが悪そうに、ニヤっと笑いました。


ちゃんと声に出して聞きたいことを伝えないといけない、ということ。

親バカかもしれないけれど、私には長男が理解したのだと思えました。




方法を変えれば理解できる。


それは「方法を変えないとできない」といえなくもなく。

そう考えると「それが障がい」という見方が出来ます。


でも。

やっぱり、私は、「方法を変えれば理解できる

と、とらえたいなぁ。


そして、それができない(理解できない)のは、伝える側の配慮の問題で、だから「それが障がい」って思いたくないなぁ。



理屈をこねまわしているだけかもしれないけれど・・・。

と、まだまだ納得できていない、というか認めたくない私でした。

みなさん、どうお考えですか?


長々と、すいません。








↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
[2015/07/15 08:23] 思春期 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。