否定の季節
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


久しぶりに午前中の予定がなかった我が家。

朝からのんびり。



子ども達は、なにやらふたりでベッドルームにこもって遊んでいます。


2段ベッドの上に2人で陣取って、たくさんのぬいぐるみや仮面ライダーのソフビ人形とともに。



暫くして。


長男がリビングにやってきたので、主人が声を掛けました。


主人「○○ちゃん」


長男、次男の机の引き出しをごそごそしながら「いいえ!」


まだ何も要件を言っていないのに即答(^^;)



主人「…。」(固まってました)



主人、気を取り直して。


主人「なにやってるの?」


長男「わかんない!」



まともに応える気、皆無、です。


「オイオイ、自分の行動がわからないはずないだろう…。」と、突っ込みたいところですが。


長男にとって頭を使わなくていい便利なことば「わかんない(わからない)」
面倒な時は、全てこれ。



第二次反抗期突入の長男、何か夢中になっていることがあると、答えはたいてい上記のような感じ。



でも、「大好きなお父さん」に向けての発言は多分初めて。



主人の絶句状態がちょっとおかしかったです( ´艸`)



主人には日頃の長男の変化を話してますし、言うことを聞かない長男を叱ってもらったりもしています。



でも、自分に向けられる、何も要件を言っていないうちからの即答「いいえ」には、さすがに面食らったようで。



普段の長男と、私の気持ちも少しわかって貰えたかな…?(*´ω`*)



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[2015/09/05 12:10] 思春期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント