ママの言葉かけ次第
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。

朝晩、だいぶ冷えるようになってきましたね。
今朝は冬の朝のキリリとした空気の片鱗を感じてしまいました。
今日は風も冷たかったですしね。


新聞の書評に載っていた本。


ここに書いてある「ポジティブ言葉」

私の使う「~しなさい。」 「まだできないの?」とかではなく。

「~してみようか。」 「○○時までにやろうね。」とか・・・。



声掛けの言葉遣い次第で、子どもが気持ちよくやる気を出せる、という話。



アタマじゃわかっちゃいるけど、なかなかできません。

つい命令口調。

つい しつこくせかしてしまいます。



反抗期に入ってきた我が息子たち。

特に長男は、今まで以上に「絶対的な反抗」を引き出す結果になってきました。



声掛けのことば、重要です。



実は、この「ポジティブ言葉」を実践されているママが身近にいます。



次男の親友のママ。

なんていうか、本当に自然にいつもこの声掛けなので、意識してとかじゃなく根っからこういう言葉かけをしてきたのだと思います。



次男も私もこの母子のファン。

ママは可愛くて、そしていつもやさしく声掛けしていて。

ほわっとした、まさに「やさしいママ」って感じで。

見ていてこちらはいつも微笑んでしまうような人。

とても感情的に怒るなんてこと想像できないです。



そして息子君。

こちらもこれまためちゃめちゃいい子。

勉強も運動もよくできて、そして誰にでもやさしい子。

絵にかいたような素直で明るいいい子。



1年生の頃から次男のあこがれの存在だったのだけれど、ありがたいことにS君も次男のことを親友って思ってくれていて、仲良くさせてもらっています。


この母子を見ていると。

ママの声掛けがどれだけ子どもに前向きな影響を与えるか。

まのあたりにしています。


一緒に遊んでいるときに、見るたびに いつもすごいな、すてきだな、って思います。



そこまで感動していながら。

全然影響されない(直せない)ところが我ながらトホホ・・・。



たまに余裕があるときに。

「Sくんママのマネ。」って思いながら「ポジティブ言葉」で声掛けすると。

息子たちもとても素直に動いてくれます。

信じられないくらいに。



「ポジティブ言葉」魔法のことばです。



そして。

いつも「ポジティブ言葉」で育児をしているSくんママ。

私には奇跡の人です。



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ
[2015/10/07 18:10] つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント