学校公開週間
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


先週の小学校に引き続き、今週は中学校の学校公開週間。


火曜日から毎日近隣の中学校を見学、見学、また見学。


長男の支援級をどこにするか。


それぞれ一長一短あって悩ましいです。


何しろ学区の中学校には支援級がありません。

そこで支援級のある、比較的近くの学校を選ぶほか無い訳ですが。


一番近くておよそ2km。

不動産広告だとオトナの足で20分てところ。

でも実際だと25分~30分?

長男の足だと…多分小一時間。

でもここはとてもアットホームな感じ。


一方。

長男が断固として行きたいのが、元同級生(小学校の支援級は縦割りなので)のお兄さんが通う中学。

こちらは電車通学。

そしてちょっと厳しめ。


他にもバスで通える比較的緩やかなところ。


本来なら子どもが過ごし易い環境を選ぶのがいいのですが、通学に小一時間では登校だけで疲れてしまいそう。

おまけに始業前にはマラソンをしています。


ダウン症持ちには厳しい環境ですが、人数的にダウン症の比率が少ないので、どこの中学でも同じように朝マラソンがあります。

体力を使ってからでないと集中できないお子さん対応です。


で、そろそろ希望を提出しなくてはならないのですが…まだ悩み中です。



ところで、今日はちょっと休憩で、学区内の中学と近隣の別の中学(支援級は無い)を見学。


こちらは再来年度の為。

つまり次男の為の見学です。


長男の学校巡りの折に、毎度通常級もちょこっと覗いているので比較するデータはいっぱいあります。


次男の同級生ママとあれこれいいながら、それでも特に何をせずとも最寄りの学校に通える、健常児の有り難み(?)を噛み締めてしまいました。



ハンディキャップがあっても、というか、ハンディキャップがあるからこそ、普通に、何の心配もなく学区内の学校に行けるといいのになぁ…。
教育制度、まだまだバリアフリーじゃないですね。



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

[2015/10/15 23:20] 学童期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント