今年は…。
こんにちは。

おいでくださりありがとうございます。

あっという間に、今年最後の一日が始まってしまいました。

この一年、応援してくださった方々、ありがとうございました。


来年は、いよいよ長男も中学生。

どうなることやら・・・。



さて、暫く間があいていた間のお話。

今年は、いきなりの子ども達の体調不良で年末の予定が大狂い(><)

やっと終了式だけは参加。

そして翌日から毎年恒例の温泉ホテルへ家族旅行に行ってまいりました。(キャンセル料もったいないしf^^;)


長男が大好きなキッズルーム。

今年も一目散で行くかと思いきや・・・。

「俺はもう大人だからいかない。」 と。 

とは言え、しつこく次男に誘われて…暫くすれば夢中(^^)

様子を見に行って、思ったのですが。

全ての備品が小さい…。

100円で動くのりもの(ひょっこりひょうたん島の)ですら小さく見えます。(奥が長男、手前が次男)
あさやわらべ

いつの間にか子ども達が大きくなり、相対的にみんな小さく見えるようになってしまったようです。

2年前の写真がこれ。
あさやわらべ2
とてもお気に入りだった車。

この時で既にキツキツ、無理やり入り込んでいましたが…(^^;)

兄弟二人ともがほぼ同じ大きさで成長して来ている我が家。

少しずつ大きくなっているので気が付きにくいですが、この1年ぐんと背が伸びた子供たち。

こうやってたまに行く場所で、改めて子どもの大きさを実感するもんなんですね。


来年もどうぞご贔屓に。




↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ
[2015/12/31 01:45] つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
長男重症化
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。

次男の胃腸炎(?)を貰ってしまった長男。

吐き気はその日中に回復したのですが。

翌日のお昼過ぎ、39.8℃の熱を出してしまいました。



この辺りの症状の違い、個体差がかなりあります。

次男は、微熱程度、それも平熱よりやや高め程度だったのに。

長男は貰ってしまうと症状が重くなってしまいます。



うちの子ども達はあまり熱が上がらないタチなようで、長男の今回の高さは人生始まって以来。

流石につらそうなので解熱剤を飲ませました。



解熱剤。

長男は解熱剤の反応が早いようで、今回も30分程度で急速に平熱に。


赤ちゃんの頃初めて座薬を入れた時に、あまりに急速に熱が下がった為、「逆に体に負担がかかる」と言われたことがありました。(当時通っていたクリニックでは体温のデータを30分ごとに取るように言われていました。)

以来、長男にはほぼ解熱剤を使用しないで対処してきました。

小学1年生の頃、急速に熱が上がって呼吸困難に陥る、という時があり、その時使って以来です。

そう言えば、この時も次男から貰ってましたね~f^^;)


今回は、その後夕方に37℃ちょいまで上がりましたが、それで回復。

昨日病院で溶連菌の検査をしましたがそれも陰性。

結局、何の風邪だか不明のまま。


それにしても。

結局今週はずーっと兄弟そろって家にいる状態に(><)

おかげさまで、何もできず。

年賀状もこれから作成せねば!!


今日は終了式。

最後だけ、登校してもらいます。


↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ


[2015/12/25 06:27] つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
嘔吐の時の対処の仕方
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。

子ども達、お腹の方は。

昨日のお昼には、次男がほぼ復活。

今朝には長男もほぼ復活。

次男は中耳炎の耳鳴りが、長男はまだ微熱が残っています。



何年かぶりで子ども達が胃腸炎になったので思い出しました。


嘔吐の症状が出ている時の対応。


以前、次男が赤ちゃんの頃、救急病院の小児科の先生に習った方法です。


胃の中を干す。


これだけ。


嘔吐発作が治まるまではなにも入れないのが鉄則、だそうです。


脱水が心配ですよね。


でも、脱水は吐くから起こる。


つまり、吐かせなければ良いわけで。


胃に何も入っていない時の嘔吐発作は可愛そうで、長男なども黄色い胃液が ちょっとしか出てこないのですが。

それだけだと脱水にはなりません。


因みに、唇の表面が白く乾いていたら脱水症状だそうです。

赤ちゃんの時は、心配だからつい口に入れたくなりますけれど、そこは我慢が大事なようです。


そうならない為に、うちでは完全に干します。

ほぼ1日飲まず食わずでも、それまでの蓄積があるので大丈夫なんだそうです。

とにかく、無駄に吐かせないこと。


1日何も食べさせないと、夜には嘔吐発作が治まり水分が取れるようになります。

嘔吐発作の最後から数時間過ぎたら、スプーン1杯(10ml以下)から水分(経口補水駅)を入れていきます。

初めは10~15分くらい様子を見て、吐き気が無ければもう1杯。

更に同じくらい様子を見て・・・特に変化がなければ50ml程度をコップに入れて。

と少しずつ量を増やしますが、うちではここはとても慎重に(胃の反応が戻ってしまっては意味がないので)行ないます。

最終的に1時間くらいしてからコップに1/3程度入れて様子見。


大抵、嘔吐反応が無くて、水分をコップに半分程度飲めるようになると本人もかなりしゃっきりしてきています。

その後は普通の風邪と同じ対応で。


食事をとる場合は、お粥か柔らかく煮たうどんを離乳食後期位の量から。

食べ終わってから時間をおいて反応を見ます。

そこは、本人が欲しがっても「もう少しのがまん」かな。


子どもの回復は早いので、翌日にはかなり元気になります。



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ
[2015/12/23 09:47] からだ・病気 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
野戦病院?
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


次男。

昨日一日、耳~頭の痛みに苦しみました。

そう。

耳鼻科で診察したら鼓膜が真っ赤っか。

正真正銘の中耳炎でした(TT)


結局学校を休み、一日布団の中。

でも普段寝ているベッドではなく、さみしいのでリビング横の和室に赤ちゃんの時使用していた赤ちゃん布団を敷いて。



で。

夜になって。

ベッドに移ってから。

嘔吐Σ(゜ロ゜;)!!



布団全滅でした(TT)

仕方なく、再びリビングの赤ちゃん布団に戻って就寝。

予期せず隔離。


といっても、私と長男は同じベッドのある寝室で寝るしかなく。



結果。


今朝になって、長男嘔吐、発熱。



昨日までは元気で、ダンス教室にも参加して来たのに・・・(;_;)


南向きのリビング。

お日様が入るし、みんないるし。

長男も急ごしらえで毛布を何枚か重ねて布団代わりに。




今、我が家の居間は野戦病院みたいな状態(^^;)





↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ





[2015/12/22 13:24] つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
朝活?
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


今朝は、5時前に起床。

…というと、 とっても早起き~な感じ(^^)



ですが。

実は。

次男に起こされました。

奥歯が痛くて眠れない。」 とかでΣ( ̄ロ ̄lll) 



あわてて、起きて、明るいところで見たのですがよくわからず。



半べそ状態なので、取りあえず痛み止めを出して。(胃を守るためパンと牛乳も)

すると、食べながら今度は「耳が変。ぼわっとしていて聞こえない。」と。

なら、合点がいきます。

これは、中耳炎かも?

何しろ歯科矯正中の身、定期的に通ってメンテナンスもクリーニングも怠りないです。

歯が痛い、というのはどうもしっくりこなかったところ。



一方、耳が痛いのだとしたら。

実は先週から風邪を引いている次男。

菌が耳まで到達、ということも有り得ます。



学校で学習発表会(学芸会)があった一週間前の土曜日からこちら。

子ども達の周りではいろいろなタイプの風邪が大流行り。

全校児童が集って演技、観劇したからでしょうか。

振り替え休日の月曜日あたりからバタバタとお友達がダウン。

胃腸炎だったり、溶連菌だったり、のどの痛みやだるさだったり症状はいろいろ。



うちの息子たちは移らなくて強いな~、なんて思っていたのもつかの間。

少し遅れて火曜日あたりから調子を崩し。



次男は強い喉の痛みで木・金と学校を休みました。

耳鼻科でお薬を頂いてはいたのですが・・・。

週末、喉は通り過ぎて鼻と咳に移行していましたから、ね。



今日もお休みになっちゃうのかなぁ…(-_-;)



因みに長男は、ものすごーくズルズルの鼻風邪。 

でも、熱も無し。

鼻水以外はいたって元気。

学校も休まず行けていました。



これってやっぱり、食生活?

野菜嫌いの次男。

どうも抵抗力が無いようで…。



つまり、またしても。

我が家では、ダウン症持ちの方が抵抗力があるようで。




夜明けまで待って撮った写真。 今朝は曇りだった…(-。-;)






↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ
[2015/12/21 06:23] つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
知的障がい者の数
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。

ここのところ、ちょっと調べ物をしていまして。

内閣府のH26年度障害者白書というのを見たら。

↓こちらはPDF版より引用。
『第3章 障害者の状況(基本的統計より)
1 障害者数(3区分の概要)
(1)全体状況
 ここでは、身体障害、知的障害、精神障害の3区分による厚生労働省の調査から基本的な統計数値を掲載する。
 身体障害、知的障害、精神障害の3区分で障害者数の概数を見ると、身体障害者393万7千人、知的障害者74万1千人、精神障害者320万1千人となっている(図表略)。
 これを人口千人当たりの人数で見ると、身体障害者31人、知的障害者は6人、精神障害者は25人となる。複数の障害を併せ持つ者もいるため、単純な合計数にはならないものの、およそ国民の6%が何らかの障害を有していることになる。』

という記載が。


知的障がい者。

意外と少ない。


こんな資料があるんですね。


因みに資料を繰っていくと、年代別の変化のグラフなどもありまして。

グラフ上ではやはりだんだん障がい者の数は増えているようです。


総数が増えれば、その分、環境も変わり、立場も変わる・・・のかな。





↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ



[2015/12/19 14:26] つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
障がい児の親のイメージ
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。

どうも先日の記事のタイトルがキャッチ-だったらしく。

ちょっとどうとらえられるのか不安です。

で。

今日はちょっと補足をば。


告知された日の気分はサイテーでも、育児自体は健常児を育てるのとやることは同じでした。

ただ、期間がちょっとずつ長めなだけで。

毎日育児をしている母親からしてみると特に苦になるものでは無かったです。



「サイテーだ」と思ったのはやはり障がいを持った人に対する情報を持ち合わせていなかったからですね。


障がい者の家族って大変で、暗そう。

そういうイメージですね。


で、現実はというと。


うちの子どもの場合、赤ちゃんの頃からの告知ですから。

やることは、健常児の赤ちゃんに対する育児と同じです。


強いて言えば。

大変なのは世間の目、誤解や偏見に対する対応、ですかね。

あ、あと自分の心に潜む、誤解や偏見

世間に対するのと同じです。



だから障がい児育児に関しては。

結局のところ、育児で取り立てて特別なことをしたわけではなく
(うちは治療が必要な合併症が無かったので、ということはあると思いますが。)


何しろ相手はまだ赤ちゃんです。

赤ちゃんは、何もできなくて当たり前。

こちらがお世話をしないと死んでしまう訳で。

そうやって、ありきたりの育児が始まった訳で。

幸いなのは、0歳の頃から病院や療育施設という専門機関でアドバイスを受けるので、育児ポイントのプライベートレッスン状態なこと。


赤ちゃんそれぞれ個人差がありますからね。

育児書通りにはいかない訳で。

そういった時、自分の子に会ったアドバイスを受けられるのはとても安心でした。


で、振り返ってみると、正直なところ。

障がいを持った長男の方がずーっと育てやすかったです。

次男の方が神経質で風邪をひきやすい、という個人差もありますが。


つまるところ、親をはじめとする自他のメンタル部分が大変なのかな。

当の本人にしてみれば、生まれた時からの体質なわけで、可哀そうでも何でもなく。



考えてみれば、同じようにみんな「ひとりの母親」から生まれてきたのに。

宇宙に行っちゃったり、ノーベル賞を貰っちゃったりする人もいる一方で。

爆弾作っちゃったりする人もいる訳で。

だからというのも変かもしれないけれど。

体質的に、ゆっくりゆっくり成長する人がいても不思議でもなんでもない気がする訳で。


0歳からの療育が始まって、まだ25年くらいでしょうか。

これからもどんどんデータは書き替えられていくと思います。

最近の研究では脳のシナプスは永遠に増やすことができるそうですしね。



もしもこのブログを読まれている方で、障がい者とは縁もゆかりも無く来られている方がいるとしたら。

どうか知的障がい者を見た時に、ご自身の昔を思い出し、自分の○○才の頃のレベルかな~なんて

温かい目で見て頂けると幸いです。







↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ

[2015/12/17 09:39] つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
自分の世界、まわりの目
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


今朝の長男。

遅刻ながらも上機嫌で大好きな仮面ライダー(歴代)の主題歌をメドレーで歌いながら登校していきました。

微笑ましく思いつつも・・・。



道を歩きながら大きな声で歌を歌う。

道を歩きながら突然ヘンシンポーズをとる。

道を歩きながら頭の中で描いているお話のセリフを声色を変えて喋る。


小学校4学年くらいまで(小さかったので)は、かわいらしく。

道行く人みんなが微笑みながら通り過ぎて行ったのに。



1年で10cmも背が伸びて、大人とさほど変わらない大きさになってきた途端。

人々の目は、 とまどい、いぶかしげに見、そして場合によっては一歩退いてよけて通る。


いつかは電車の中で「それ」が始まった途端、隣り合わせていた周りの大人が一斉に離れて、長男の周りに直径1mの空間が生まれたことも。


アタマの中身はそれほど変化していないので、何が奇異に映るのか理解するのは困難。

本人は今まで通り、楽しいことをやっているだけ。

「なんで急にたしなめられるの?」という感じかな。

親の目にも知能レベルがわかっているだけに、つい「可愛いまま」だったり。



次男に言わせれば、「僕もやっている」そうだけれど。

確かに小学生で、ひとり言を言いながら歩いている子もいます。

でもやっぱり周りを意識してか、自然と声も小さく、フリも小さめで歩いています。



街で大きなひとり言を言っている人を見て、思わず側に寄らないようにしたこともあったけれど。

つまるところ、自分の息子がその状態に近づいている。


実は最近は、そういうオトナを見てもちょっと微笑ましく思えちゃうこともあったりして。


でも、でも。


パブリックの場では、そういう行いは慎む。

頭の中だけで遊んで、声には出さない。

そういったことをこれから身につけてもらわなくてはいけない時期。



別に人に危害を加える訳ではないのだけれど。

見てくれで判断されてしまう・・・世の中なんだよなぁ。

なんてことを、つい考えてしまう昨今。






↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ







[2015/12/16 08:52] 思春期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
人生で一番サイテーな気分になった日
こんにちは。

おいでくださりありがとうございます。

***********************
<先に追記>
*こちらの記事、どうもアクセス急増で。
誤解を受けるといけないので読まれる前に一言。
ここで記述した「サイテーの日」は、「無知な故に抱いた感情」が元になっています。
いわば、幕末 夷狄が来たことに驚いて攘夷を唱えたようなもので・・・。
ちゃんと知れば障がい児も「ただの子ども」です。
誤解の無いようにお読みいただければ幸いです。
***********************

日々、いろいろなことを考えている(らしい)次男。

ゲームばかりしているかと思いきや。

なかなか鋭い質問をしてきたりします。


先日、突然訊かれました。

「お母さんの人生で、一番サイテーな気分になったことってなあに?」


そんな深い質問が来るとは予想だにしていなかったので、つい本音が頭に浮かび・・・。

ちょっと逡巡したのですが、他に最低最悪な気分になったことが急に浮かばず。

「それはやっぱり、赤ちゃんに障がいがあるよ、と言われた時。」と。


次男、「ふ~ん。」と何やら納得。


その後。

「お母さんて忙しいよね。 人生で一番うれしかったことを前に聞いたら『赤ちゃんが生まれた時』っていったのに、その数日後には人生で最低な気分になったんだね。」と。


人生で一番うれしかったことを伝えたのがいつだったのか記憶にないのですが(^^;)


小学校5年生。

時として、深~いこと考えてます。



くわばらくわばら・・・。







↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ
[2015/12/15 10:03] 「きょうだい」の気持ち | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
僕はまだオトナじゃない!
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。

次男話、続きます。


これまた先日、ゲームばかりしてなかなか宿題に取り掛かれない次男に、「どうして毎日同じことを言わせるんだ。」と小言を言っていたら。


「お母さんは、僕のこと大人と同じように何でも分かると思っているよね。」と。

「○○(長男)はダウン症だからって手伝うけれど、僕には自分で考えてやれって、僕まだ5年生だよ!」と。

う~ん。

一日の計画を立てて行動するのを求めるのはまだ早いか・・・?



というか、できなくてもそういった意識を持ってもらいたい気がするんだけれど。

次男の比較の対象が知的障がいの兄。

一方で私は一応標準レベルを考えているつもりなのだけれど・・・。


次男への期待レベル高過ぎ?

ダブルスタンダード、兄弟間では通用しないし、なかなか難しいです。



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ






[2015/12/14 09:34] 「きょうだい」の気持ち | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
面倒見るの僕じゃん!!
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。

いつのことだったか。

かれこれ三週間近く前のことですが。

次男と話していて。


それは、最近とみに長男に不満が募っている次男が、何彼となく愚痴をこぼしていた時に出たことば。

「お母さんやお父さんはいいよね。
 死んじゃったら終わりだから!
 結局面倒見るの僕じゃん!!」


あ~、ついに実感として自分の置かれた立場を考えるようになったんだな、と。

現実問題、それは間違っていません。

でも、だからこそ次男の重荷になるような深刻な話にはしたくなくて。


「まぁ、そうだけどさ。
 どっか施設にでも入れたらいいよ。
 でも、なるべく自分で生活できるように今(長男に)頑張ってもらっているんだからね。」 と。

するとすかさず、「施設探すのだって僕じゃん!」と。

ごもっとも。


「あ~、でももしかしたら○○(長男)に年金入るかもしれないし。 でも使っちゃわないでね! 前に使い込んだおじさん(弟)が捕まっていたよ。」

「僕、絶対使って買い物してやる!」


と、最終的には際どい冗談で終わったのですが。


ほんの数ヶ月前とは違って、次男も自分の置かれた現実とこれから先に起こりうるだろうことを想像できるようになってきたようです。

今はまだ、親に胸の内を言葉に出してくれていますが。


高齢出産して産んだものの、障がいを持った兄をバックアップするのが次男ひとり、というのは正直なところ過酷かもしれないな、と思います。


長男には、なるべく自立できるように。

次男には、自分で抱え込まないように。
情報を仕入れて行政などの助けを借りつつ、うまくやっていくように。

先に逝く親としては、それくらいしか手立てが浮かびません。


少子化も進むだろうし、世の中の仕組みもIT化で変わるだろうし、知的障がい者の能力をもっと引き出せるようにならないかなぁ。

職場に障がい者がいるのが当たり前の社会になってくれるといいのだけれど。

長男が社会に出るまであとわずか6年・・・。

ま、早死にしないように頑張るしかないかな~、と。





↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村



こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ
[2015/12/13 10:04] 「きょうだい」の気持ち | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
学校を休みたい理由
こんにちは。

おいでくださりありがとうございます。



数日前の夜。

「明日は休むからね。」

と言って寝た長男。


翌日の朝は、やっぱり「学校は休む。」とごねて。

実際、起きたら鼻声で多少風邪気味のようではあるのですが。

数年前までは一晩寝たら忘れてくれていたんですけれどね、最近はちゃんと自分で言ったこと覚えています。



でもその日は週末に行われる学芸会の全校リハーサル日。

主役を貰っている長男を休ませるわけにいきません。

何とか登校させようと頑張ったのですが、どうしてもだめ。

親子喧嘩状態になってしまっては尚更こじれて大荒れになってしまいます。


そこで仕方なしにここは一計。


風邪気味なので先に耳鼻科に行くことに。


普段はあまり行きたがらない耳鼻科ですが、

「今、学校に行かなくてもよい」 ということで、ご機嫌に。

私の「ついでにランドセルも背負ってね。」の声掛けにも素直に応じてくれました(^^)


学校には遅刻の電話を。

すると、リハーサルの息子たちのクラスの出番が10時半からです、と。

ぎりぎり間に合うかどうか。



電車で二駅先の耳鼻科。

いつもすごい混みようなのに、なぜかとても空いていてラッキー。

すんなり受信終了。



家を出る前に耳鼻科が終わったら隣接しているショッピングセンターで「ガンバライジング」(ゲーム)をやると言っていた長男。

勇んでカードまで持参していましたが、生憎ショッピングセンターはまだオープン前。


不承不承、地元駅まで戻って来て学校へ。


リハーサル、余裕で間に合う時間でした。


ところが。

ランドセルを背負ってまで耳鼻科に行った長男、診察の後、学校に行くことを了承しているとばかり思っていたのですが。


実は、校舎が見えてきたところで一度後じさり。

ランドセルは背負っているものの、やはり休むつもりでいたようで。


「でもここまで来たのだし」と、何とか説得して、校舎に入り、教室の前まで。


が、そこからは頑として動かず 「今日は休み。」と。 

もう学校に着いてるんですけどね f^^;)


ここからは、親がいては余計にこじれるので、出てきた先生にお願いして、先に帰って来てしまいました。



後からの連絡によると。

練習に参加しようとせず、大分手こずらせたようですが、音楽をかけたら(今回は劇中歌)、やる気になったそうで。

しかもノリノリに。

(曲でノリノリまでアップするところがおかしいですが。)

リハーサルは無事終了したそうです。



担任によると、「緊張だと思います。 それも成長でしょう。」と。


なるほど。


多分、前日にリハーサルのことを伝えられたのでしょう。

そして、事前(先週)に子ども達は自分たちの練習風景をビデオで撮影・鑑賞して問題点などをチェックしていたようです。


自意識が育ってきている長男。

主役のプレッシャーもかかったのかもしれません。


「緊張」ね~。

今まで音楽会やら発表会やら、何でも堂々としていた長男。

一方他人の目が気になる次男は、いつも緊張してお腹が痛くなっては「いいなぁ、○○(長男)は。緊張しなくて。」とぼやいていたのに。

長男も、そういったこと感じるようになったようです。


なんだか、感慨無量?

嬉しいような、ダウン症児の天真爛漫な良いところが無くなってきたような・・・ちょっとだけ複雑な気分です。







↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ
[2015/12/12 09:25] 思春期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
とてつもない大ゲンカ
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


外はものすごい雨!。

ほんの数分のところに出かけた(というか、遅刻気味の長男を連れて学校まで行った)だけでびしょ濡れになりました。

何なんでしょうね、この季節外れの降り方。


さてさて。


昨日、今まで見たことも無い兄弟同士の大ゲンカ(?)、というか双方の荒れ模様、目の当たりにしました。


あまりのことに、つい、傍観。


近頃の次男。

「お母さん、僕の○○の玉、大きくなってきたよ!」と無邪気に報告してくれるところはまだまだ可愛いのですが(*^^*)


ホルモンバランスが変化してきていることは確かなようで。

些細なことでイライラし、気持ちの浮き沈みが激しいです。


そして、イライラの最たる根源は、やはり 「兄」

フツーのお兄さんではないことに対して、頭では理解していても感情が許せない場面が多いようです。

しかも語彙も増え、様々な悪態の数々を口にするチャンス!とばかりに、長男に対して罵倒のことばがエスカレート。



で。


昨日も些細なことから喧嘩が勃発。

それは長男の宿題がらみで次男が教えようとしていて。

次男の言うこと、言うスピードに長男がついてこれなかったことがきっかけ。



それも、正直なところ次男も面倒くさいのでちょっと意地悪心が生まれたのか、敢えて長男がついてこれないような言い方。

一方の長男はそれに気づかず しつこくしつこく聞き直し。

といっても「もう一回 言え!」 「ば~か、早く言え!」 という教えてもらうにはいささか乱暴な口調で何度も。


お互いに相手が嫌がる舌戦です。


そのうちに次男も理詰めの嘲りがエスカレート。

長男の理解の悪さを上から目線であげつらいます。


どうするのか、つい傍観してしまったら。


口ではなかなか反撃できない長男。

悔し紛れについに宿題のプリントを投げ。


それをみてその行為をさらに馬鹿にする次男。


長男は、悔しさのあまりものに当たりだして・・・。

机の上のものを下に落とし。

ところが、たまたま机にあった私のiPadまで床に落としたものだから私が怒(#`Д´)


それをきっかけに長男も逆上( ̄□ ̄;)

椅子を蹴り、ランドセルを蹴り、本を投げ・・・それでもまだ収まらず、本を拾って再び本を投げ、おもちゃを投げ・・・。


幸い、というかそこはエライというか、次男に向けて投げる訳ではなく。

ただ、ひたすら自分の怒りを物に当たることで鎮めようとしていました。


挙句に大好きなぬいぐるみ「シモンK」まで投げ捨てて「死ね!」といったので、さすがにそれは強く指導。

「死ね!」はNGワードです。


でも、ひとしきり大暴れしたら落ち着いたようです。


一方の次男。

長男の剣幕と私からの「言い過ぎ!」の言葉に傷ついて。

「どうせ、僕が全部悪いんだ!」 と しばしベッドの中へ半べその避難。


この間およそ5分程度。

一陣の嵐の様でした。


で。

更に5分後。

まだ心が平穏ではない2人を連れて、絵画教室へ出発。


ま、お教室が終わったら仲直りしていましたが。

これから、こういうこと何度も起こるんだろうなぁ・・・(ノд`)






↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ



[2015/12/11 07:07] 思春期 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
「運命」(ベートーベン)
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


最近、学校でも先生を手こずらせているらしい長男。

先日の学校公開日。

ちょこっと教室を覗いたら、大音響でベートーベンの運命が流れていました。

その教室にいるのは長男ひとり。

お着替え中。


他の教室では次の授業が始まっていますが、長男はその直前の体育からの着替えが間に合っていなかったようです。


担任が来て言うには。

「音楽をかけるとすんなり動けるのです。」と。


始めお着替えにクラシックのBGM? しかも「運命」?

格調高すぎ。

と、思ったのですが。

実はそれだけ長男が言うことを聞かない状態の様で・・・(トホホ・・・)



自分で考え、行動したくなってきたのはいいのですが。

集団生活のリズムに乗ること自体に抵抗を感じるようで。


「自分は大人だ!」

と、思っているのかもしれません。


何しろクラスにいる6年生の中で、一番思春期が早く到来。

みんなまだ高い声の中、ひとりだけ低いです。


自意識では、大人の仲間入り。

「なのに こんなのやってられるか!」ってな感じなんでしょうかね。



自分のプライドと判断力の差。

まだしばらく長男の悶々は続きそうです。





↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ
[2015/12/10 10:11] 思春期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
歯科矯正レポート(13)
こんにちは。

おいでくださりありがとうございます。



久々の矯正レポートです。

今、振り返ってみると最後のレポートが去年の11月(過去記事)でした (*_*)


実際のところ、子ども達は月に1度矯正歯科の受診と、2~3ヶ月に1度のクリーニングを続けてきていました。

ただ、矯正の方は、装置(ワイヤー)の微調整のみで大きな変化が無く。

「ワイヤーに挟まっている食べ物のカスを取って、緩んだ部分を絞める」といった感じで、子ども達も特に痛みが出る訳ではなく維持してきていました。


それが。

今回、長男に変化が。


といっても、ワイヤーそのものの変化ではなく。



前歯と犬歯の間にゴムが装着されました。(ヒゲ生えてきているのもばっちり見えますねA^^;)

顎のスペースが足りなくて乱グイ状態なので少し広げていくということのようです。

因みに、上顎のワイヤーは、1年以上経過してきて顎も成長したらしく、当初は上顎にぴったりついていた天井部分も今では数ミリの隙間ができています。
↓これは去年のワイヤー。
1415101833902.jpg
最近は、こちらの要望通りの写真を撮らしてくれず・・・上のゴム入りの写真で精一杯なので比較できませんが・・・。

前歯に引っかかっている部分も、今ではもっと短くなって歯の手前位で終わっています。(うまく表現できなくてすいません)

1年でそれだけ顎が大きくなった、ということのようです。


ところでその隙間が空いた上顎のワイヤー。

食べ物(特に野菜の繊維)が絡まり、歯ブラシでもなかなか取れない、ということがよくあります。

いつぞやは仕上げ磨きをサボっていたためにそれに気付かず、息が臭いので口の中を見たらすっかり繊維だけになった(腐った?)野菜が絡まっていました(><;)


歯科に新しいサイズで作り直さないか聞いたのですが、このままでいくようです。


矯正を始めてもうじき3年。

どの程度効果があるのか、今のところよくわからないのですが・・・。

子どもへの負担が無いことも事実。

極々自然に進んでいるという感じでしょうか。

いわゆる「矯正しました」という歯並びにはまだなっていませんね。

但し、これから先ブラケット(歯の前面に付けるワイヤー)を付けるのかもしれませんが。

次回はまた1ヶ月後に調整することになっています。



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ

[2015/12/08 00:10] 歯列矯正 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
出展決定
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


来年の話をすると鬼が笑う、と言いますが。


ダウン症児のための通園・通学グッズのかなロゴ


来年1月30日(土)、31日(日)、スクエア荏原 (東京都品川区荏原4-5-28)においてに開催される「羽ばたけ! アントレーヌ」というイベントに出展させていただく事になりました。


そろそろ入園・入学準備も必要な頃。

お近くにお住まいの方、よろしかったらお運びくださいね。


ということで。


現在、チラシ作製中。



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ
[2015/12/05 09:22] ショップ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
爆弾発言も成長のしるし
こんにちは。

おいでくださりありがとうございます。



「お母さんのこと好きじゃないかも…。」とつぶやいた次男。

「好きじゃない」ということも少々寂しかった訳ですが。

一方で、そういう、自分の内面を振り返るようになってきて、順調に(?)思春期突入なんだ、と。

そういったことにも内心驚き半分、喜び半分だった訳ですが。


それとはまた別に。


次男が、何のてらいも無く、自分の気持ちを正直に表現した事にも感慨深いものがありました。


1年生の時、「僕なんかいらないんだ!!」と泣き叫んだ次男。

感じたこと、思ったことを口に出さなくなって、代わりにチックになった次男。


そして。


2年生から4年生までプレイセラピーに通った次男。


セラピーを終了してから1年。


今、その成果を感じます。


今回はネガティブ発言に近いものなのに、口に出せました。

「素直に思っていることを口に出しても受け入れられる。」

そう思ってくれているということ。

私との信頼関係がそこまで修復できたということ。

そこのところが、しみじみ喜ばしいです。

(時々はお母さんのこと嫌いかもしれないけどね・・・。( ´艸`))


セラピーに通う前の数年前も、フツーだと思っていた日常だけれど。

今となっては数段こちらの方が「当たり前の幸せ感」大きいです。


…といいつつ、今日の次男。

学校をお休みしています。

先週からずっとお腹がゆるくて。

流行りの胃腸炎かとも思っていたのですが、胃の方は問題なし。

一応体力的にも元気。

それが、今朝はさすがにだるいそうで…。

吐き気を伴っていなかったので特に病院には行っていなかったのですが、それにしても胃腸炎にしては長いかなぁ。

自己免疫系のもの?精神的なもの?

と、ちょっと不安になってきました。

午後から病院かな…。



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ
[2015/12/04 10:50] 「きょうだい」の気持ち | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「僕、お母さんのこと好きかどうかわからない」
出ました、爆弾発言 by 次男。


こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。

原稿書き途中のまま、一週間近く放置してしまいました(><)


表題の発言、正確には。

「僕、なんかお母さんのこと好きか嫌いかわからないんだよね~。時々好きじゃないっていうか…。僕、変かもしれない…。」 と。


私がキッチンで夕食の準備をしている時、次男はダイニングテーブルで3DS片手につぶやき…というシチュエーション。


内心 『どひゃ~!! キタ、キタ、キタ!( ̄0 ̄;)』 って感じだけど。

「ま、相性もあるし、そんなもんだよ。 それでいいんじゃないの。」と、即答。

割とあっさり、軽めにね。


有りますよね。


「お母さん、だ~い好き!」 なんて無条件に思ってくれるのって小さいうちだけ。


次男もお年頃になってきた訳で。



と、いいつつも。


今までの次男の成育と私の関係も影響ないとは言えないでしょう。


私としては、やはり次男に対して邪険(というつもりは無かったけれど)に扱ってきた部分も無きにしも非ず。

健常児である分、ハードルも高めに設定していた(過去形?)し、「理解して当然」的な発言も多々してきたし。

そういった意味では、次男にとって「お母さんは無条件で僕を受け入れてくれる。」という存在でなかった(またまた過去形?)ことは確か。


そもそも次男は私に似ています。
(あれ? そうさせちゃったのかな?)

とにかく、好みや感じることなども同じで、だから一層近しいし、一層ぶつかる…。


次男には、「同じ『五黄土星』だから。 同じだから考えることも似ているし、その分ぶつかるんだよ。」と。


「ふ~ん。」なんて納得(?)していましたが。



次男には、親との相性(?)で、「自分が悪い子かも?」みたいなことを考えて欲しくありません。

というのも、実際私自身が母との関係でずっと自分が「悪系」なのではないかともやもやしてきたので。

自分の考えることが、ことごとく母の意向に反することばかりで、でもいい子でいるために我慢する、とか。

もしくは、貫けばその後には罪悪感が寄せてくる、という。

思春期の間じゅう「家族の中の異分子かも」ともやもやしていました。

成人してだいぶ経ってから、「相性」だったのだ、と気が付いたのですが。

親子の関係性、影響力はなかなか深いですからね。

未だに母の気まぐれ意見に、意に反していても従わなきゃいけないような強迫観念みたいなものを感じる時がありますし。


次男の発言でそんな昔のことを思い出してしまいました。


ただでさえ、「僕、うちにはいらない子なんだ!」と過去に大泣きした次男。

次男には、そんな思春期を過ごしてほしくないですから、ね。




↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ
[2015/12/03 10:53] 「きょうだい」の気持ち | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント