嘔吐の時の対処の仕方
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。

子ども達、お腹の方は。

昨日のお昼には、次男がほぼ復活。

今朝には長男もほぼ復活。

次男は中耳炎の耳鳴りが、長男はまだ微熱が残っています。



何年かぶりで子ども達が胃腸炎になったので思い出しました。


嘔吐の症状が出ている時の対応。


以前、次男が赤ちゃんの頃、救急病院の小児科の先生に習った方法です。


胃の中を干す。


これだけ。


嘔吐発作が治まるまではなにも入れないのが鉄則、だそうです。


脱水が心配ですよね。


でも、脱水は吐くから起こる。


つまり、吐かせなければ良いわけで。


胃に何も入っていない時の嘔吐発作は可愛そうで、長男なども黄色い胃液が ちょっとしか出てこないのですが。

それだけだと脱水にはなりません。


因みに、唇の表面が白く乾いていたら脱水症状だそうです。

赤ちゃんの時は、心配だからつい口に入れたくなりますけれど、そこは我慢が大事なようです。


そうならない為に、うちでは完全に干します。

ほぼ1日飲まず食わずでも、それまでの蓄積があるので大丈夫なんだそうです。

とにかく、無駄に吐かせないこと。


1日何も食べさせないと、夜には嘔吐発作が治まり水分が取れるようになります。

嘔吐発作の最後から数時間過ぎたら、スプーン1杯(10ml以下)から水分(経口補水駅)を入れていきます。

初めは10~15分くらい様子を見て、吐き気が無ければもう1杯。

更に同じくらい様子を見て・・・特に変化がなければ50ml程度をコップに入れて。

と少しずつ量を増やしますが、うちではここはとても慎重に(胃の反応が戻ってしまっては意味がないので)行ないます。

最終的に1時間くらいしてからコップに1/3程度入れて様子見。


大抵、嘔吐反応が無くて、水分をコップに半分程度飲めるようになると本人もかなりしゃっきりしてきています。

その後は普通の風邪と同じ対応で。


食事をとる場合は、お粥か柔らかく煮たうどんを離乳食後期位の量から。

食べ終わってから時間をおいて反応を見ます。

そこは、本人が欲しがっても「もう少しのがまん」かな。


子どもの回復は早いので、翌日にはかなり元気になります。



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ
[2015/12/23 09:47] からだ・病気 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント