スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
締め出し再び…。
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。



昨日、長男の頸椎の定期健診に行ってきたわけですが。

その前のドタバタを。



行く前に。

まず、次男を塾の冬期講習へ送り届け。



塾はお昼過ぎまでの授業です。

一方、長男の病院は電車で1時間ほどのところ。

診察時間を考えるとすべて終了して戻ったとしても、次男が塾を終えて帰ってくるお昼までには戻れません。

ということで次男には自分で昼食を買うようにお金を渡し、昼食後はお友達の家で遊ぶ手はずを整えました。



塾に行く道すがら、次男と当日の予定を確認していたら…。

次男、家の鍵を持って出るのを忘れていました(><)

お弁当を購入して戻ってもこれでは家に入れません。



ところで、次男を送り届けたら即病院に向かわないと予約時間に間に合わない私と長男。

鍵を取りに戻る時間もありません。

仕方ないので、私の鍵を次男に渡しました。

家に戻ったら、次男の鍵(長男のでもよいですが)を持って出かけるつもりです。



さて、この間、家には長男が一人で留守番。

微妙に嫌な予感がしていたのですが、案の定。



家に帰りつきチャイムを鳴らしても、長男出てきてくれません(><)

何しろ普段から、来客があっても勝手に出ないように言っているから。


塾から戻ったらすぐに出ないと病院の予約に間に合わない時間。

でも、何度鳴らしても出てくる気配なし。

聞こえているのか聞こえていないのかすら不明…。



ドアの新聞受けから家の中に向かって名前を叫ぶ私・・・。

メチャメチャ恥ずかしいし・・・(><)


続けてチャイムを連打!!

再び新聞受けから叫ぶ!

もう、完全に不審者状態です(T.T)

ご近所にも丸聞こえでしょう・・・orz


それでもまだ音沙汰なし。

家の電話に電話をして(常に留守電なのでこちら=録音される側の声は聞ける)、名前を呼び、ドアを開けるように懇願・・・というか、怒鳴ってましたね、正直なところ…。


5分ほどそんなことをしていたら。

ようやく廊下に足音がし、やっと鍵を開けてくれました。


その時のせりふが・・・。

ごめ~ん、耳が遠くって。」


こちら、脱力です。


最早乗る予定だった電車の時間は過ぎています。

つまり、今更あわてても仕方がない。

そんなこんなで出かけました。


ただ、これだけならばそれほどの遅刻では無かったのですが。


更に。



実は、風邪気味のせいか、朝からふらふらというか、ぼーっとしていた私。

長男には乗り換え駅で「京浜東北線に乗るよ」と説明しておきながら。



乗り継ぎ電車のアナウンス「次は終点、池袋~」で、初めて間違えた路線(山手線)に乗ってしまっていることに気付く有様。


いや~、珍しく池袋終点の山手線だったのは不幸中の幸い。

環状線なので、通常の山手線なら一周していたかも?!



結局、池袋から京浜東北線への乗換え駅(田端)まで4駅も戻ってからの仕切り直し。

この時点で予約時間は過ぎていました。



さらに悔しいのが。


病院最寄りの駅から病院まで、1時間に1本無料送迎バスがあります。

当初予定した電車は、予約時間には少々早めですが、このバスに乗るため。

でも既に予定よりも大幅に遅れて駅に到着したので、間に合うはずもないと判断、駅から即タクシーに乗りました。


タクシーが駅前ロータリーを通り抜け、送迎バスの停留所に前の通りに出ると。


なんと、送迎バスが停車中。



そうなんです。

一時間に1本の送迎バスですが、運行のタイミングと私が乗り遅れた時間との差がうまくマッチしていたようで。

駅からそのまま送迎バスの停留所に向かえばピッタシの時間だったようです。



無駄にタクシー代を費やす羽目に…。



朝からなんだかとっても疲れた一日でした。


結局、診察を終えて家に帰ってから、次男をお友達の家に迎えに行くまでの数時間、布団に入って寝ました。

母親が体調優れないと気が回らなくてダメですね。



この日は夕方の次男のお迎え時にも、もうひとアクシデント。


この続きは明日に。


長々とお付き合いくださりありがとうございました。




↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ




スポンサーサイト
[2016/01/06 12:20] つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。