スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
長引く頭痛で髄膜炎の疑い?
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


先週の金曜日から頭痛が続いている長男。

日曜日には、首まで痛いと言い出し。

寝違えただけかもしれないけれど、違うのかもしれない・・・。

要領を得ません。



もしかしたら頭痛は鼻づまりからくるものかもしれないと考え、月曜日に耳鼻科に行きました。

でも首の痛みは…?


そこで診て貰ったら。

木曜日に小児科で診て貰った時は特に問題ないと言われた喉が、真っ赤っか。

即座に検査したら「B群溶連菌」陽性。


ということで、抗生剤(メイアクト)と炎症止め(トラネキサム)や痰・鼻水(ムコダイン)、そして頓服で鎮痛解熱剤(カロナール)を処方してもらいました。


先生のお話では、喉の痛みでも頭痛になるかも・・・と。

通常、長男は溶連菌の場合、しょう紅熱の症状、つまり顔が真っ赤になるほど熱が出ます。

でも今回、熱は出ていません。

今までとは、違った症状です。


そして次の火曜日。

これが。

朝食の最中、顔を下に向けるだけでも頭が痛いらしく、食事の途中で頭を抱えて動きが止まってしまいました。



今まで見たことも無い症状。

鎮痛剤のカロナールは、月曜日の診察後と寝る前と2回飲んでいますが、本人が言うには「頭が痛い」。

つまり、効いていないみたい。


心配になって、耳鼻科に電話をして、同じクリニック内の小児科の先生にも聞いてもらって、もう一度小児科を受診することにしました。


小児科に行って、診て貰ったところ、際立った髄膜炎の様子ではないけれど、万一のことも有るので・・・と大学病院を紹介してくれました。

何しろ長男の表現力では今イチ痛みの種類も強さもはっきりしません。

「もしかしたら入院」と言われ、頭を抱えてよろよろ歩く長男を連れてそのまま大学病院へ。


着いたら割とすぐに診て貰えました。

診察室に呼ばれて、長男が歩いて入っていくと。

ひと目見て医師が「あ、歩いてこれるんだ。じゃ、髄膜炎じゃないよ!」と。

もちろんちゃんと診察してくれましたが、髄膜炎だと寝台の上に寝て首を上げることができないそうです。

長男が痛がっていたのは、首を横に曲げる時。

寝た姿勢でおへそを見ることは出来ます。(これが痛くて出来ないのが髄膜炎の症状)


髄膜炎の疑いが無くなったので、一安心。

結局、抗生物質の点滴を1本受けて帰ることになりました。


長男、初めての点滴。

針を打つ時、看護士さんに「いつもどちらの手?」と聞かれて、「初めてです。」と答え、改めて長男が重い病気にもかからず大きくなったということに思い至りました。(次男は胃腸炎で点滴の経験あり)



そんなこんなで、心配が杞憂でホッとしたものの、まだ頭痛がある長男を連れてようやく午後5時に帰宅。

途中、何の連絡も無く家を空けてしまったので、次男のことが気にかかり何度か電話したのですが、電話に出ず。

でも、鍵を持っている筈だと安心していたら。


自宅マンション前まで来たら、ふらふらと次男が出てきて。

「どうしたの?」と聞くと。


「鍵を忘れて入れなかった。」と。


下校後1時間以上。

共有廊下で待っていたそうで、何とそのうちに転寝(うたたね)までしてしまったとか。

次男も月曜日の耳鼻科の診断で溶連菌がうっすらと陽性でした。(次男は溶連菌でも症状が出ないタイプ)

そんな体調で転寝では、悪化してしまいそう。


大慌てで家に入れ、温かいココアとお風呂を用意して。


そんな長ーい火曜日でした。


そして今日、水曜日。


大事を取って兄弟二人とも学校をお休み。


結局今週、次男は2日休み、長男は1度も登校していません。

加えて明日は、長男、特別児童扶養手当の申請で別の小児科に行く予定です。(まだ回復してないけれど、これを逃すと予約が取れなくて申請が間に合わない)


なんだかんだで、落ち着かない毎日。


もっとも、学校ではインフルエンザが猛威を振るっているようで。

行くのも危険、かな。





↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ
スポンサーサイト
[2016/02/03 23:45] からだ・病気 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。