スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
練習! 練習! 練習!その1
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


来週の長男の入学式を控えて。


本当はいろいろとレベルアップさせておきたいことがあるのですが・・・。


兎にも角にも、まず、制服


制服を自分で着られるように。

制服を時間内で着られるように。




地元区内の支援学級は、私の知る限り、生徒は朝、制服で登校したら教室で体操着に着替え、一日中その姿で過ごします。

そして、再び制服に着替えてから下校。

体育の授業の時間は、それまで来ていた体操着から別の体操着に着替えて体育をします。

つまり、教室で過ごす服としての体操着と、体育用の体操着と最低2着体操着は必要です。


といったことから、まず、登校したら「制服→体操着」の着替えがあります。


さて、この制服。


実は「初めての体験」が意外とあります。


その1.

Yシャツの第一ボタン。



練習1

他はまだしも、この小さい一番上のボタン。

固いんですよね…。

Yシャツも新しいのでまだ糊が効いていますし。

そして、鏡を見てやるとかえってムズがしくなるため、自分の指先だけの感覚でつけなくてはいけない、というところ。



つまり、 二つの障壁(指の力と感覚)があるという訳で。



今のところ、まだひとりではできません・・・(;_;)



流石に幼稚園時代のように、大きなボタンに変更・・・という訳にもいかず。


練習あるのみ・・・。




そして、次の難関は・・・明日にでも。




↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ
スポンサーサイト
[2016/03/31 22:00] 学童期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
インフル? インフル
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。

先日、生まれて初めてインフルエンザになった長男。


熱が出た前日。

今から思うと兆候がありました。


絵画教室で、左手(左利き)で絵筆を持っていたのですが、右手は机の下。

だらけた姿勢だったので先生が何度か注意をされたそうですが、「全く無視」だったそうで、先生も最後にはしっかりと長男の両肩を持って目を見て叱った、ということがあったそうです。

長男、ちょっと涙ぐんでた、とか。

その日、帰ってからもこだわりが出て、全くいうことを聞かず、泣きながら暴言を吐いて我を通す、ということがありました。

その時は、昼間絵画教室で叱られたからかな、と思って好きにさせたのですが、実際には既に何らかの不調を抱えていたということのようです。


翌日から丸2日間39度超の熱が出ました。

といっても苦しむわけでもなく、水分を取るだけで食事もせず、ただひたすら静かに寝続けていました。

そういう意味では、解熱剤も使わないままで済みましたし、心配するようなことも有りませんでした。

食欲が出てきた時は微熱になっていて自宅待機の間は好きなYoutube三昧の生活。

登校許可が出ても拒否反応が出るのも当たり前、という感じです。

因みに例年子ども達の予防接種は次男が卵に弱いアレルギーがあるので1回のみです。(私も何年か前、ひどい副反応が出て発熱・腫れがあったので受けていません)



さて。


このインフルエンザ。


実は、家庭内で移ったのでは、という疑問が。


というのも。

長男が熱を出す丁度一週間前。

同じく絵画教室で、次男が居眠りをしたことがありました。

本人いわく、「お腹が痛くて、寒くて。」


そしてその夜、38.5℃の発熱。

翌日小児科に行ったのですが、その時には37℃台の微熱だったことや、お腹も緩かったということも有って、様子見となりました。

「もっと高熱が出たらインフルエンザの検査をしましょう。」と。


それが金曜日のこと。


で、結局、高熱は出ずに微熱のまま週末をだらだらと過ごし、月曜日を迎えました。

何となくすっきりしないということと、私もちょっと風邪気味だったことも有り一緒に受診。


そしてこの時、念のため「代表」で次男がインフルエンザの検査をしました。

予防接種をしていると熱がさほど出ないことも有りますしね。


ところが結果は『陰性』。


そこで息子には、お腹がゆるかったこともあり胃腸薬を、私には漢方(麻黄湯)が処方されました。

次男は「だるい~」といいつつも、その後、熱も下がり翌日から登校。


ところが私の方は、やたらだるい。

でも、熱は全く無し。

処方通りに服薬してもだるさは抜けないどころか増すばかり。

月曜・火曜と服薬してもひどくなるばかり、家で時折横になったりしていました。

火曜・水曜日に入っていた予定はキャンセルして、三日目。

もしやこれは副作用?と思い、水曜日のお昼を最後に薬を止めてみました。

すると少しだけだるさは改善。

なので木曜日は「風邪でぼーっとしているなぁ」、と思いつつ昼間の予定をこなし、子どもの絵画教室に出かけました。


そんなことが一週間にわたって続いてからの、長男の熱。



・・・っていうことは。

やはり、あのだるさはインフルエンザだったのかなぁ…。



今でも陰性だった小児科の検査結果を疑ったりしているのです。

あ、ちなみに今回長男と次男、別の小児科にかかっています。

次男は微熱だったの「評判の良い」ちょっと離れた小児科に自転車で。

一方の長男は高熱だったこと自転車に乗れないことも有り、直ぐ近くの小児科へ。


検査結果って、本人の抵抗力によっても結果が違う場合あるのでしょうね・・・。
(評判の良い方が、「陰性」という結果です)


次男と私がかかった「風邪」、もしかしたら、だるいまま普通に家族の食事を作っていた私が長男に移した感染源かもしれません・・・(-。-;)




↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ

[2016/03/28 17:17] つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
緊張で・・・?
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


先週無事に卒業式を終えた長男。


実は卒業式の練習が始まって暫くしてから、今まで以上に学校に行きたがらなくなりました。


ストレスがかかったり、嫌なことがあるとトイレに閉じこもってしまうようになったのは、いつの頃からか。


それが、いよいよ卒業式が近づくにつれ、朝の忙しい時に長々と閉じこもってしまうようになっていました。

お腹を壊しているわけではありません。

中に閉じこもって、好きなライダーになりきって独り言をブツブツ・・・が延々と続くのです。

一種の逃避行動。



そして、そんな時。


折悪しくインフルエンザB型にも罹患。

まるまる一週間お休みする羽目になってしまいました。



一週間後に登校許可が出たものの、今日から登校、という朝「今日も休む」と玄関先で駄々こね。

何とか登校させたものの、その後も、もちろん連日練習は続きます。

もともと学校にはあまり行きたがらないところへ来てのプレッシャー。


もう、毎朝が大変、15分以上(下手したら30分近く)トイレに閉じこもり出てこないのを何とか説得して、遅刻してでも登校させる・・・の繰り返しでした。



初めは、卒業式がプレッシャーになっているとは気が付かず「今日は卒業式の練習だよ。」と声掛けしていた私。

ある日、声掛けしたとたん「行きたくないんだよ~!」と叫ばれて、初めてプレッシャーになっていることに気付きました。



だましだまし、登校させた日々。

卒業式があった週は、本人の希望もあり、結局毎日学校(教室)まで一緒に送っていきました。(一種の赤ちゃん返り?)



実際の卒業式は、そんなことを夢にも思わせないほど立派な態度、立派な式でした。


でも、クラス全員の授与が終わった直後、担任が子ども達に向けて小さくガッツポーズをしていたので、その苦労を垣間見た気がしました。



そして昨日。

通常級と一緒の「先生を囲む会」(保護者と6年担任との飲み会)で。

どの子も緊張でいろいろな症状(?)が出ていたことを知りました。



ある子はとてもトイレが近くなって式の途中にも離席しなくてはならなくなったり、別のお子さんは夜中に何回も起きてトイレに行ったり。

式当日も真っ青な顔いろに固まっていたり、手と足が同時に出るなんば歩きになってしまっていたり。


みんな、相当なプレッシャーを抱えていたようです。


そして、式が終わった日の夜はどの子も一様に「異様に興奮していた」。



うちも同じ。

とてもハイテンションでお喋りしまくっていました。



連日の緊張。

作法、呼びかけの言葉や何曲もの合唱曲だけではなく、長い時間背筋を伸ばして座っていることも大変。

加えて、みんな「卒業」の重さを感じていたのでしょう。

それぞれいろいろなストレスの出方をしたけれど、それを乗り越えて、中学生になっていくのかもしれません。



それにしても。

我が家ではこの数週間、長男と私の親子喧嘩、怒鳴り合ったり、なだめたりすかしたり、が連日繰り広げられていたのでした。

在校生として式に出る次男の歌の練習(といっても鼻歌みたいな感じ)も同時進行で。

騒々しいったらありゃしない・・・。





↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ


[2016/03/27 23:07] 学童期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
卒業式
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。

昨日は長男の卒業式。

長いような、短いような…。


ここのところの長男との関係(反抗的な態度)や、中学校進学に向けての不安が大きくて、泣けはしないと思ったのですが。

舞台の上で、呼びかけの言葉や合唱をしている息子を見て。

この、100人余りいる児童の中で、息子だけが違っている(染色体のこと)なんて素直な?感動や、幼稚園の頃、合唱で大きな声を出そうとすると舌がでちゃってたなぁ…なんてことが浮かんできて…。

成長したんだなぁ、と、ちょっとうるっとしてしまいました。


取り敢えずひと段落。

実は卒業式前はいろいろあって。

そのあたりのことは、明日にでも。



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[2016/03/26 23:21] 学童期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


なんと、なんと。

1ヶ月近く更新できず・・・。

その間にお運びくださった方々、申し訳ございませんでした。



前回の記事で、頭痛が長引いていた長男。

結局原因不明のまま、その後少しずつやわらぎつつも一週間近く時折頭を抱えていました。

ちょっと不思議なことが。

それが原因かは全く分からないのですが、それまで耳垢がとてもたまりやすかった長男、一週間もすれば狭い耳管がふさがるほどだったのに、頭痛後は不思議と溜まらなくなりました。

なんでだろう? 偶然?



その後。

子ども達の学校行事が立て込む2月。

巷で大流行りのインフルエンザにかかってはいけないと、口を酸っぱくして手洗いうがいを励行させていたところ。

なんと。

主人が、貰ってきました(-。-#)

ま、「疑い」なんですけれど。

検査しても早過ぎたのか陰性だったので。

でも、2日間38度越えの熱が出たようで。


と、不確かな表現なのは、彼の部屋に隔離していたから。

極力部屋から出ないでもらって3度3度の「お部屋食」

おかげで子ども達は、元気だったのですが。


私が、やられました。

37℃とさほど高熱にはならなかったので、医者でも調べてもらえなかったのですが、だるくてだるくて・・・。

インフルエンザかどうかは、藪の中ですが。


やっと復活して来たかなぁ、というのが昨日あたりから。


その間子ども達は、学校では持久走大会、音読大会、支援学級の学習発表会や6年生を送る会、などなど。

合間に次男は塾の試験。

長男の進路も無事決まり、中学生活の為の制服採寸やらお試し登校で半日中学生活を体験(もちろん親も一緒です)。

そして我が家の毎年行事と化したヤングアメリカンズのアウトリーチコンサート。

と土日も無く行事満載でした。


いや~、年のせいか、回復が遅くてホント ギリギリの毎日でした…(ノД`)


これまらまたボチボチ復活して更新していきたいと思っています。

どうかよろしくお願い致します。


↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ
[2016/03/02 10:02] 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。