偏見と親戚への披露
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。



障がいを持って生まれてきた子どものことを 人に知らせるとき。
というか、知らせるか知らせないか。
様々な葛藤があるものですよね。(告知に関する過去記事はこちらから)
が、さすがに息子が中学生ともなると、他人に告知するとか、葛藤とか、そういったことは忘れていました。


それが。


改めて、ちょっと寂しいというか悲しいというか、ということが先日ありました。


お正月開け、母から電話があり、妹と母とで伯母の家に遊びに行くのだが一緒に行かないか、という誘いがありました。
たまたま、その日は長男と私だけが家にいる日だったので、長男も一緒なら可能だけれど、と返事しました。

すると。

「・・・・・・。 じゃあ、無理ね。」と。


無理。


この言葉の意味を、暫し考えてしまいました。


無理。



暗に、長男は連れて行きたくない、という・・・。



まぁ、伯母は比較的偏見が強いところがあり、人種や障がいについて人を見下ししがちなタイプで。(もうじき90代、そういう時代の人です。)
そして、母は割と見栄っ張りなところがなくもなく、伯母には「いい義妹」でいたいところがあり・・・。


普段からそれほど親戚つきあいが激しいわけでも無いので、伯母だけに限らず、親戚筋には長男がダウン症持ちであるということについて敢えて発表的なことはしてきませんでした。
なんとなく、母が言葉を濁す感触で、母自身が知られたくないのだろうな、とは感じましたが。

それで生活に支障が出るわけでも無いですし、伯母の家にも頻繁に遊びに行く必要も無かったですし。
(子連れで会ったのは、確か二人がまだ2、3歳の頃一度か二度です。)


普段、母が孫二人(長男と次男)に対してとりわけ態度が違ったりすることもないですし、母も差別をしているとかそういうわけではないと思うのです。
ただ、「知られたくない」という感覚、なのかな。

あまり差のない赤ちゃんの頃は「バレない」けれど、大きくなった今だとわかってしまう。
そう言われた気がして。


母ももう80代。
改めて非難したり苦言したりする気は無いけれど。

ちょっと、寂しかったかな。




↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ






[2017/01/18 18:56] 告知・説明 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
夫婦の子育てのズレ-ーちょっと凹んでいます
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。

今日はちょっと自己嫌悪というか凹んだというか・・・ということで、久々こちらに書きます。
基本愚痴です、ごめんなさい。
『スネイリーママの・・・』方のブログには、なるべく明るい話を書いていたいので・・・。



夫婦で、子どもに対する対応って同じですか?

我が家では、厳しい私と甘い主人、と対応が分かれています。
ま、夫婦の役割分担があること自体は、それはそれでいいのかとも思うのですが。(ホントは逆がいいなぁ。)


でもね~。
時折、怒髪天を衝く位怒りがこみ上げてくることがあるのですよ。

今朝が、それ。

いつものことですが、のんびり屋の長男、朝起こして登校させるのが一苦労。
実は今週学校が始まってからも、理想のバスの時間より一本遅れたバスが続いていました。(学校からはこれだと困るといわれています。体操着への朝の着替えが間に合わないので。)
私としては、毎朝、「今日こそ!」と思っては「だめだった・・・。」の繰り返しが続いていて内心焦り気味。

ところが、今朝は朝食が終わったのが6時半。
いつものペースならばここから着替えたら余裕で予定の7時過ぎのバスに間に合います。

ちょっと安心して、期待してしまった私。
長男から離れた場所へ移動して学校への連絡帳記載へ。


ところで、長男の登校、夏休み前までは一緒に私が学校まで送っていました。
それが夏休み中のサマースクールでは、始まりの時間が遅いこともありひとりで登下校できるように進歩。
その経験から夏休み明けから私はついて行かないことにしました。
とは言え、朝早く家を出るのが心許なかったので主人と一緒に家を出るようにしました。

これが。

子どもたち、とりわけ長男には大甘な主人
てっきり家を出て途中で分かれているものと思っていたら、バス停までずっと送っていて。(現在も)

つまり。
夏休み中にひとりで行けていたのに、逆戻り状態になっているのが現状です。
ひとりで行けるのに(実際主人が会議などで行けないときはひとりで行っています)、主人と一緒だと当然バス停まで来てもらえると思ってしまっている長男。

折角自立したはずなのに逆戻りじゃん!というのが伏線1。


そして。
着替えについても、それは同じ。
朝、なるべくひとりで時間に合わせて着替えさせようとしているものの。
バスの時間に間に合わなくなりそうだとバス優先で手を出してしまいがち。
その時、服を手渡しする程度(で我慢している)私に対して、主人の場合は「着せてあげる」系

楽することに慣れてしまっている長男は、当然主人が着せてくれるのを期待するようになっています。
自分でやらせないと手際が良くならないじゃん!これが伏線2


どれもこれも、中学に入って先生から指摘された「マイペースすぎる」部分、「手伝って貰おうとする」部分につながります。
つまり、指導方針に対して主人が逆行しているように感じている私がいます。


そして、今朝。

いつもより早く朝食が終わり、順当にいけば自力で着替えても余裕で出られるはずの時間。

にもかかわらず。
「今日も一緒にバス停まで行こうぜ~♪」と上機嫌な主人が長男のパジャマのボタンを外してシャツを着せ始め・・・。

ええっ?!
思わず「着替えしないで!」って言ってしまいました。
で、主人は黙ってその場を離れて自分の部屋へ。(逃避?退避?)

その時点では、特に不服そうなどの変化が見られない長男。
その内面まで気が回らず、私は連絡帳を書かなくてはいけないこともあって「着替えてね~」って声掛けして長男から離れました。

それが、失敗。

何かの行動に移るとき、初っぱなのシチュエーションで取組みモードが変わる長男。
頑張るか、甘えてサボるか。

今朝は一瞬で「着せてもらえるモード」になってしまっていたようです。

連絡帳を書き終えて戻ったら、主人着せた下着姿のままの状態でダイニングチェアに座ったままでした。
15分近くただ座っていただけ。

そして、その時点で当初期待したバスの時間には既に間に合わない。
私、我を失ってしまいました。

楽観していた分だけ、落胆が大きすぎて、つい感情的に長男に向かって怒鳴り散らしてしまいました。
反抗期の長男、それで素直に動き出すはずも無く。
口答えに悪態、更にそれに逆上しちゃった私。
つい手が出てしまって,今度は半泣きしながら長男が逆襲。
・・・みたいな、もうぐちゃぐちゃの親子喧嘩に(T_T)

その激しさに次男がビビって逃げ出す位でした。(あとから「怖かった・・・」と言っていました(-。-;)

一方この騒ぎの中、主人はと言えば、自分の部屋で「我関せず」。

その姿に益々いらだって感情的になってしまって、収拾がつかなくなってしまった私。
主人にも「あなたが甘やかすからこうなった」「将来どうするつもり?!」と当たり散らして。
それから長男本人と長男の制服と、鞄を主人の部屋がある玄関前へ。

どうにも気が収まらなくて、私はキッチンへ。


・・・



その後。
長男は、黙って主人の前で着替えて、そーっとふたりで家を出て行きました。


・・・


なんだかなぁ。

「今」の子ども達を見て、かわいい、かわいい、の主人。
それに対して、「将来」のことが気になって、期待と不安とがごちゃ混ぜになっている私。


中学校では、高等部の先にある、就労に向けた能力を付けることの重要性を説かれています。
時間の感覚に疎くて超マイペース。
就労を考えたとき、これほど不利なことはありません。
今の長男の性格や能力を見るに付け、そのまま私のプレッシャーになっています。

だから。
長男の至らない点が不安をかき立てます。

私たち夫婦がずっと長男の面倒を見られるわけでは無いし、私たちの没後、次男に長男の一生を背負わせたくは無いだけに、今の長男への要望が大きくなっています。

と、同時に、危機感が無い主人に苛立つ部分もあり・・・。

それが、今朝は爆発してしまいました。


・・・

で。

一日中、もやもやと過ごした私。


なんだかなぁ。
・・・なんだかなぁ・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
と、ここまでが昼間書いた部分。

以下はその後。



夕方、帰宅した長男。
まぁ、こちらは多少ぎこちなく、私に気を遣っているようにも感じるものの、いつもの長男。



夜。

帰宅した主人。
朝の私の暴言をどうしようか、と考えていたのですが。

「大塚製薬のエクエルってサプリ知ってる?
お母さんみたいな更年期にいいらしいよ。」

だって。

子育ての方針のズレ の筈が、単なる私のホルモンの問題と化していました( ̄д ̄;)
おい!

しかも私、もう更年期、終わってるし・・・。




こんなぐだぐだな文章、申し訳ありません。
吐き出さないと消化しきれない気がして・・・。
それなのに最後までお読み頂きありがとうございます。


↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ




[2017/01/13 21:11] つれづれ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント