スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
兄弟っていい? (3)
長くてすいません。まだ続きます。

《いたずら と けんか》

兄弟って、兄弟だからこそできるってこと あります。
きなこ

長男が3歳になったばかり、次男は2歳の頃のショットです。
何をしているか。
きなこを食べているところです!

ちょっと目を離した隙に。
次男がきなこの袋を持ち出して、床にばらまき、二人で拾って食べていました(><)
「やけに静かだな~」と思って見てみたら…!の図です。
頭から足の先まで粉!粉!粉!もちろん二人とも怒られましたが、あまりのことに真剣に怒る気はどこかへ行ってしまった出来事です。

こんなこと、兄弟がいなければ起こらなかったでしょう。
長男には、いくらきなこが好きでも、棚から出して床にばらまいて食べる、なんてこと考え付きません。
次男も、長男という共犯者がいたからこそ、行動に移せたのです。


もう少し大きくなってから、次男が長男と一緒に遊びたくて、絵本を読んでいる長男にちょっかいを出しているビデオのワンシーンも残っています。
長男はうるさい次男を避けて、絵本を持って部屋の隅へ移動します。
でも次男はしつこく追いかけます。
長男はまたもや絵本を持って部屋のあちこちに移動して避け、次男が追いかける…。
ふたりとも歩いているころですが、長男は無言で逃げているので2歳の終わりくらいでしょうか。

これも、お友達が相手だとしたら母親の心中としてはあまり穏やかではないかもしれません。

どうしてもわが子がかわいいですから、わが子が嫌がっていることは避けたくなってしまいます。

多少嫌なことでも我慢させてしまう。親として傍観してしまう。
被害者も、加害者も、共に我が子だからこそ、笑って見ていられるのです。

そうして、「追う」「逃げる」という行動から、長男も次男も人との付き合い方を肌で学んでいくのだと思います。





障がいをもつこどもの「きょうだい」を支える―お母さん・お父さんのために障がいをもつこどもの「きょうだい」を支える―お母さん・お父さんのために
(2009/10)
遠矢 浩一

商品詳細を見る



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

関連記事
[2015/01/24 09:08] お母さん方へのメッセージ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<兄弟っていい? (4) | ホーム | 兄弟っていい? (2)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/106-0c9abd8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。