スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
お気に入りドリル
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。

長男も次男も、ロボット教室に月2回通っていますが、その先生が塾も開いています。(というか、塾の方が本職)
昨日は、塾の先生が家に来て勉強を見てくれました。

長男の机を見て先生がびっくりしていたのが、「大好きな漢字」のドリルの多さ。
1385605374986.jpg

何故か「漢字」が大好きな長男。
ここに載っていないものもまだあります。

書店に行く度に欲しがり、買うと気持ちの乗るまま、場合によっては1日で書いてしまいます。
そんなこんなで別の機会にまた同じドリルを購入、ということも。

問題は、私がちゃんとフォロー(丸付け)をしていないこと。
昨日は、先生が丸を付けてくれていました(^^;)

辞書も、自分で付箋に漢字を書いて、見出し(?)的に貼っています。(学校で辞書に付箋を貼っているのを見よう見まね。多分「見出し」としてはつかっていないと思います。)


これらは長男にとって「遊び」。

暇な時、勝手に広げて取り組んでいます。

残念なのは、「音読み」「訓読み」などしっかりと意味を考えて「学習」しているのとは違っているので、書き取りの時「おしょうがつ」を「お小月」のように間違えてしまうことも…。

でも、先生に言わせると「好きこそものの上手なれ」。
好きで漢字ドリルに取り組んでいるうちはそのままにしておいて、数をこなせば自然に身についてくるだろう、と言うことだったのでこのままでいこうと思っています。

さんすうドリルはこちら
1385605326205.jpg

簡単なポケモンで釣って100てんキッズに導く、という感じです。

「数の概念をしっかり入れるためにも、おはじきやビー玉遊び、料理のお手伝いで○○個ずつとか人参1本とか、そういう「体で覚える」体験をいっぱいさせてください」と言われました。

他にも、ポケモン図鑑を音読しているのを見て、「これも音読には違いない。どんどんやらせて。」ということでした。


かなりいいかげんな家庭学習(?)ですが、「遊び」の中にも、いっぱい「成長のタネ」がある、ということで…(*^^*)

使っているのはこちらのシリーズ↓

2年生のかん字 (くもんの小学ドリル 国語 漢字 2)2年生のかん字 (くもんの小学ドリル 国語 漢字 2)
(2011/01)
あいげん社

商品詳細を見る


くもんの国語漢字集中学習小学3年生くもんの国語漢字集中学習小学3年生
(2011/02)
本堂寛

商品詳細を見る


3年生の漢字の書き方(書写) (くもんの小学ドリル 国語 書き方 4)3年生の漢字の書き方(書写) (くもんの小学ドリル 国語 書き方 4)
(2011/01)
米本美雪、大畑幸子 他

商品詳細を見る


100てんキッズドリル 幼児のたしざん・ひきざん2 (5・6歳)100てんキッズドリル 幼児のたしざん・ひきざん2 (5・6歳)
(2013/02/28)
久野 泰可

商品詳細を見る



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ

関連記事
[2013/11/28 12:05] 知育・学習教材 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<お薦め漢字辞典 | ホーム | ちょっとびっくりしたけど…>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/206-5aef34d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。