スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
心疾患と成長
長男が生まれて参加した地元の親の会。

そこで知り合ったのが長男と1ヶ月遅れで生まれたMくんとその家族。


小さい頃は月齢によって発達度合いの差も大きいですが、Mくんとは

月齢が近いこともあり、乳幼時期は悩みも不安も共通する部分が

多くありました。(今でも・・・ですけどね(^^))


0歳から入園した療育施設でのグループも3年間同じだったこともあり、

就園、就学先は違っていてもずっと仲良くして貰っています。


そのママから了承を得て、今回はその発達の違いを。

(以前にも載せた話題ですので読まれていた方はごめんなさい)


Mくんは、心疾患があり、生後5ヶ月(だったかな?)の時に手術をしてい

ます。


その後もしばらくはまだ穴が開いていた・・・と記憶しています。

一方の長男は出生直後は右心房肥大と言われたものの、直ぐに

正常になりました。


で。


長男が1歳1ヶ月、Mくんが1歳丁度の頃のショット。右側が長男です。
比較3
息子、拡大している訳じゃあ、ありません。

その後2歳1ヶ月で歩き出した長男に対し、Mくんはもう少し後、数ヶ月して

から歩行できるようになりました。

その頃のママの悩みはもっぱら「いつ歩くか」でした。


それから数年。5歳のふたり。(左が長男)
比較1

座っている位置の関係もあるけれど、まだちょっと長男の方が

大きいかな?

この頃にはMくんの心臓の穴も塞がっていたと思います。


そして一昨年のクリスマス。 ふたりが10歳の頃。
1387159683296のコピー

右端がMくん、サンタにはさまれているのが長男。左から2人目が次男。

立ち姿ではないのでわかりにくいですが、この頃になるとMくんの方が

4~5cmほど身長も大きくなっていました。

体重もしかり。 

二人並んで立つとMくんの方が全体的にひとまわり大きくなっていました。

顔の大きさでわかると思いますが、1歳の頃とは反対です。



結論として言いたいのは。


大丈夫、大きくなれるよ


ということ。



成長は、生活環境も大きいと思います。

もちろん本人の体質も影響するとは思いますが。


Mくんと長男の生活の違い。

Mくんは保育園、学童、デイサービスと小さな頃から体を動かす環境

一方の長男は幼稚園ではあまり外遊びしていませんし、小学校に入って

からも下校後は家の中。

おやつもMくんの環境の方がお菓子ではなく「しっかりと体をつくるおやつ」

が出る環境です。


つまり、動く、食べる。


この違いが10年経って結実したのだと思います。


因みに、一番上の1歳の頃には・・・当然次男はまだお腹の中でした(^^)

上のクリスマス当時、ほぼ同じ大きさの3人ですが、一番大きかったのは

次男でした。

次男は9月生まれということもあり全く「平均値」そのものの体型です。

(ちょっとやせ気味だけど)


およそ1年5ヶ月年長のダウン症児と健常児。

だいたいこんな感じ、と言っていいと思います。

(つまり、同学年の健常と比較するとちょっと小さめ)


クリスマスの写真は今から1年ちょっと前の話ですが、他の同い年の

ダウン症のお友達の中に入っても一番小さくてヒョロヒョロだった

長男を見て、さすがに私もまずいと思いました。


それからダンスを始めて少なくとも週1回はからだを動かす環境に入れ、

食事やおやつも増やして・・・。

それと、夕食時は必ず牛乳を1杯。

(寝ている間にカルシウム吸収されますものね。)


その成果か、去年1年で長男も随分背が伸び、次男との差も縮まりました。


子どもの成長速度って様々。

その時々で心配は尽きないけれど、お互い長い目で見て行きましょう。



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
関連記事
[2015/02/04 11:05] お母さん方へのメッセージ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<見た目と実年齢 | ホーム | やっちゃいけない話>>
コメント
感激です(*^^*)
今、2歳3ヶ月のうちの三男は「何ヶ月ですか?」とよく聞かれます。
4ヶ月で心臓の手術をして、今までに3回肺炎になっているのもあって、体重8キロのちびっこです。

こちらのブログにいつも元気をもらっていますが、今回の記事にはとても励まされました(^O^)
言葉だけでも十分ですが、写真で実際の成長を見せていただくと、より、説得力がありますね(*^_^*)

経鼻栄養をしていた頃には、
自分で食べる姿は想像できませんでしたが、
今は食べてくれています。

同じように、数年後にはしっかりした体で走り回ってくれてるんでしょうね(^○^)

記事を復活させて下さってありがとうございました(o^^o)
感謝です!
[2015/02/04 19:40] | URL | moe #- [ 編集 ] | page top
moeさん

こちらこそ素敵なコメント頂いて感激です!(^o^)

人間の力ってすごくて、病気が治ればちゃんと成長していくものですね。
お友達のMくんは、今ではとてもしっかりしたお兄さんになっていまよ。
うちの長男はいつもたじたじになっています(^^;)

三男くんも、10年後にはそうなっているんでしょうね。
いや、もっと活発かもしれませんよ~。
なんせ刺激をいっぱいくれるお兄ちゃんズがいますもの(*^^*)

いつも温かいコメントありがとうございます♪

[2015/02/05 20:20] | URL | 春蝉 #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/219-e4b61fcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。