スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
歯列矯正レポート(9) ワイヤーが切れた!
途中抜けてしまっていた歯列矯正レポートの再録です。
元記事は2014年1月5日掲載です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
年末から矯正のワイヤーが曲がってしまってモロ舌に当たる位置にあった長男。
1388633060219.jpg

ついに3日の夜、右側奥歯のバンド部分でワイヤーが切れてしまいました。

右の奥とはいえ、口の中で針金がぶらぶらしています。

本人は舌の付け根の方ということもあり、思ったほど気にしていないようでしたが、親はびっくり!

長男は気にせず食事をとりますが、それすら不安材料です。

何しろワイヤーの切断部分が舌に刺さったら、と怖い想像までしてしまいます。


通っている歯科に電話をしてみましたが、6日の月曜日まではお休みです。
一応、一縷の望みを託してメールもしてみましたが、当然ながら連絡はなし。

でも、ことは急を要します。
何といっても月曜日までそのまま、というのは怖すぎます。

仕方なくその夜はそのままにしましたが、翌4日、仕事始めで開いている歯科でどうにか対応してもらうしかないです。

でも、年末、ワイヤーが曲がった段階であちこち歯科を探した時にわかったのは矯正の仕方にも流派があるらしいこと

他の流派ではやり方がわからないらしいということです。

で、思い出したのが歯科で貰った矯正の本。

心身の健康をつくる 歯の矯正―疑問と不安のすべてに答えます心身の健康をつくる 歯の矯正―疑問と不安のすべてに答えます
(1999/01)
各務 肇

商品詳細を見る

巻末にこの矯正を行っている歯科が載っていました。

そこで、家から近い歯科を探して電話。

なんと、診察していました!!

初めは他の医院の患者でしかもその日は矯正の先生もいらっしゃらないとのことで断られたのですが、そこは母の押しで食い下がり…(^^;)

直ぐに見て貰えることになり、結果、ワイヤーを切断して取り外してもらえました。

本来ならば左奥のバンドからワイヤーを外せればよかったのですが、先生もいろいろ手を尽くしてくださいましたが固く止められていて無理。
仕方なく切断した、というのが真相ですが。

何はともあれ、口の中が血だらけになることは避けられました。

今回本を調べたおかげでわかったこと。

うちの息子たちが行っている矯正の方法は、「ポール式矯正法」というものでした(^^)


さて、一安心したところで、年末からの風邪模様なこともあり、その足で耳鼻科へ。

案の定ものすごい混みようで、1時間時間つぶしてからの診察でしたが、こちらは鼻かぜということで抗生物質を出してもらいました。

いやはや、新年早々医者のハシゴです。


それにしても。

歯科でぶらぶらしていたワイヤーを取ってもらってスッキリした長男。

その後の食欲がスゴイです。

おせち料理、好みじゃないことだけではなく、やっぱり食べ辛かったようです。
(なんせ、黒豆一粒、煮物の鶏肉一口程度でおしまいで、お雑煮もパスだった)

それに、風邪も抗生物質で少し楽になったからかな…。



そして、明日は二人を連れて池袋の眼科へ。

次男はメガネの更新です、多分。(ゲームし過ぎ!!)


来週は歯科、再来週は遺伝科の定期健診と特別児童扶養手当申請と理学療法の為の小児科受診が待っています。


今年1年も、お医者様にはお世話になりそうです。


↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児の兄弟・姉妹へ

関連記事
[2014/12/17 10:39] 歯列矯正 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ことばの要素--くち(2) | ホーム | 参考図書(1)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/229-1861e336
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。