スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
視力の発達とメガネ
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


・・・今、歯科から電話がありました。

今日、予約日だった・・・すっかり忘れていました orz

長男の歯。
犬歯の永久歯が乳歯の上に重なって出てきています。
今日が抜歯の日でした(-。-)

あ~、来週に順延です。


さてさて。

昨日、メガネの話を書いたので、今日はそのあたり、視力とメガネの話を。

特に大きな合併症がない長男ですが、視力は1歳ぐらいの検診時から「強度乱視・強度遠視」と言われていました。
よくわからないのですが、当時のデータでは 
R:+4.75,cyl-1.00, L:+4.25,cyl-2.25 となっています。

眼鏡装着については、医師によっても考え方が違っているようですが、療育施設の小児科医と現在もかかっている眼科医は「早い方がいい」という考えでした。

とはいっても当時の長男はまだ1歳台。
親としては、まだ全然赤ちゃんにしか見えない状態での「メガネ」に少なからず抵抗がありました。


それでもやはり
そのまま放置していれば脳への情報量が少なく、また視力も伸びない。」
と言われれば、確かにそうだろうとも思い・・・。

ということで、2歳になったころに「初めてのメガネ」を作りました。
メガネ

当時、担当医から言われたのは
「かなりの強度乱視・弱視なので、メガネを着けても視力がどの程度伸びるかはわからない
ということ。
確かにそればっかりは時間が経たないとわからないことは仕方ありません。


それが、10年余りたった今となってみると。

先生が驚くほど視力は順調に伸びました。

現在はメガネを着けてていれば(実際には2年ほど前から)両眼視 0.8 にはなっているそうです。
裸眼だと0.2くらい。
でも、裸眼の時は頭を傾けて横目で見るような姿勢になります。
多分、その位置が焦点を結びやすいのでしょう。


実際の生活の中では、メガネなしではいられない様で、必ず装着しています。


もしメガネの装着を迷っている親御さんがいるならば、試してみる価値はあると思います。

費用的にも9歳の誕生日までは健康保険の「療養費支給」が適用され、何割かが戻って来ます。(組合によって戻り率は違いますのでご自分の健保組合にご確認ください。)




↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

関連記事
[2015/06/23 17:45] 視力・眼鏡 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<視力の発達とメガネ(2) | ホーム | 試行錯誤>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/29-da16052f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。