スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
大卒のダウン症
3月号のJDSニュース(㈶日本ダウン症協会発行)に、小学校から普通学級で昨年4月から四年生の大学生になられた方の記事が載っていました。

同じ障害を持つ母親として、嬉しい限りです。
赤ちゃんの時からの、早期療育が功を奏してきた結果が出てきているのだと思います。

長男が生まれた時。
小児科の医師(遺伝科専門)に、私が岩元綾さんの例を知り「大学に行っている方もいるんですよね?」と聞くと「あれだけのブレーンを揃えられれば。」と言う答えが返ってきました。
それだけ、特別な例だったのだと思います。
私はそれを聞いてかなり絶望感にとらわれましたが。

大卒のダウン症の方がこれからも増え続けていけば、「ダウン症は知的障害」と言う表現も変わっていく可能性もあります。
そうすれば、ダウン症に対する偏見も改善されていくでしょう。
そして、「福の神」を授かった親がいたずらに将来を悲観して悲しむことも減るのではないでしょうか。

ま、個人差が大きいので我が家の息子が大学入れるかは甚だ疑問ではありますが…。
でもこの「希望」を胸に、気持ち新たに歩んでいきたいです。





↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
関連記事
[2013/02/25 10:48] お母さん方へのメッセージ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<「障がい児」を育てるということ | ホーム | ことばとベビーサイン(マカトンサイン)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/35-933f9eda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。