スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
教えてください―睡眠時無呼吸症候群
以前のブログに記載していた、睡眠時無呼吸症候群の検査結果を聞きに行ってきました。

結果は、微妙。

というのも。

長男の3日間の数値は、「8.6」、「?」、「3.9」。

検査結果のデータはメモ取らなかったので忘れてしまいましたが、『「10」以上は心配なし、「3」以下は手術』だそうです。

2日目の数値も「3以上10以下」でした。

医師が言うには、「手術をするかしないかは お母さん次第。」


どなたか、ダウン症児の睡眠時無呼吸症候群について、また、手術についてご存知の方いらっしゃいましたらアドバイスをお願い致します。


今回の検査は、6月という、冬場と違って比較的鼻づまりも無い時期。

私としても、検査をした3日間は、ぐっすり眠っていると思っていました。

それでもこの結果。


手術は扁桃腺を切る、もしくはアデノイドも一緒に切る、といったことのようです。

扁桃腺が大きくても、今では一般的(健常の場合)にはあまり切らない、と聞いていました。

また、成長と共に扁桃腺は小さくなる、とも聞いていました。

ですが今日の話ですと、11歳という年齢だと通常ならもっと小さくなっている筈で、長男の場合、小さくなるというのはあまり期待薄のようです。

手術となると入院一週間くらいだそうです。

もし切るならば、もっと小さい幼稚園頃にすべきでした。

もちろん「気にしない。」

という選択肢も、あります。

ですが、睡眠時に脳に酸素が充分要っていないとすれば、心身の成長にも影響していた訳で。

実際、長男の体型は健常児の2年生くらい。

これからの成長のこともあります。

それにしても今までの脳の成長(!)を考えると何とも忸怩たる思いです。

もっと早く検査しておくべきでした。


小さいお子さんをお持ちの方で、ご心配の方は早めの検査をお勧めいたします。


↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ





関連記事
[2014/07/04 15:10] 学童期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<予防接種―DT | ホーム | プレイセラピーでの変化>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/357-b4568d30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。