あまりに心配で
こんにちは。

うちの長男。

4月以降殆ど遅刻。

まともに時間内(校門が閉まる登校時間内)に行けたのは、この3ヶ月で多分3日位。


始めは、単に夜更かししたからかな、とか支度が遅いだけかな…などと考えていたのですが。

朝、だるそうにも見えるけれど、かといって支度が終わってランドセルを背負うとそのまま登校していきます。

といっても、正門は閉まっているので裏門までぐるっと回る必要があり、私がついていきます。

登校班での登校も嫌だけど、ひとりで登校するのも嫌なのかな、私に甘えたいのかな、などとも考えました。


ですが、ここのところは特にひどく、朝、ベッドから起きられずに抱えてリビングまで連れてきたり、着替えの最中にごろんと横になってそのまま十数分、とか。

他にも、学習意欲が激減。

今までわかっていたような問題も、全く違った答えを書いています。

というより、頭を使うこと自体を拒否しているような状況。

あまりの変わり様に、もしや退行? それとも思春期の起立性障害? と心配になってしまいました。


そこで、赤ちゃんの頃から通っている遺伝科の先生に相談してみました。


結果は。

先生の話では、ダウン症児ではあまり起立性障害は見られない、とのことでした。

女のお子さんはなる場合があるみたいですが、男の子はほぼないようです。

1月に検査した、甲状腺ホルモンの血液検査の結果でも特に異常はなかったとのことです。

実際、学校から帰ってきた後は元気です。(甲状腺の機能が低下していると明らかにぐったりするようです)


睡眠時無呼吸症候群の結果の話も出ました。

でも、一番の原因として考えられることは。

やはり、4月からの学校の環境の変化でしょう、とのことでした。


ダウン症児は環境の変化に弱い。

それは、ある程度分かっていたつもりです。

ですが、正直こんなにグダグダになるとは思いませんでした。


病気ではないので一安心、といえなくもありませんが…。

長男のクラス、確かに去年とは全く違う環境になってしまっています。

そういう変化に、長男なりに頑張って来たけれど、疲れてきちゃった…というところのようです。


さっきは、「○○くん(1年生)が叩くから嫌だ」とも言っていました。

う~ん。

相手が1年生じゃ、5年生の長男は我慢するしかないよね。

クラスでダウン症は長男ひとり。

支援級はある意味下剋上状態。

普通級から転校してきた低学年のお友達もいるし、学年通りの成長とはいかないところが辛いところ。

いろいろ成長してきた分だけ長男にも見えてきている世界(現実)があるのだと思います。

そして、それがきっと長男にはちょっと辛いのかな…。



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ



関連記事
[2014/07/13 16:06] 学童期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<赤ちゃんの頃のびっくり失敗談(5) | ホーム | スマイルゼミのDM>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/362-ddc0bba3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント