スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
ダウン症を描いたマンガ
こんにちは。

おいでくださりありがとうございます。


同じダウン症児を抱えるお友達ママから教えてもらったマンガの紹介です。

そのお友達が通っている絵画教室にいらっしゃるお兄さんがモデルだそうです。


HappyBirthday大丈夫、生まれておいで―『光とともに…』が遺したものHappyBirthday大丈夫、生まれておいで―『光とともに…』が遺したもの
(2014/06/16)
河崎 芽衣

商品詳細を見る

ダウン症を持った「悠人くん」が姉である「凛ちゃん」の弟として生まれてから卒園するまでを描いた「誕生編」と、その「悠人くん」が高校生になり、就労するまでの「就労編―前編」、そして正社員として就労してからの「就労編―後編」が収納されています。


「誕生編」で描かれるエピソードの中には、長男が小さかったころに私が感じたことや経験したことに通じるものがありました。
きょうだいの設定が我が家とは違っているので、第二子がダウン症を持って生まれた場合に感じる違和感みたいなものは、初めての子がダウン症児だった私にはわかりません。
ですが、きょうだい児の反応、言葉や態度などは同じようなことが我が家にも起こっていたりして、リアリティ大ありです。

また、「就労編」に描かれていることは多分これから長男が経験するであろうことなので、参考になるとともに身につまされる内容でした。

長男はまだ小学校高学年ですが、以前見学に行った中学校の懇談会では就労を見据えた日々の送り方が話題になっていました。

就労なんて健常児だったらまだまだ先の話。

だけど長男の様に障害を持って生まれた子供たちにとっては、知識の習得の遅さとは裏腹に就労がすぐ目の前に迫っています。

そんな状況の今だからこそ、いろいろな事を考えさせられました。


↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ




関連記事
[2014/08/14 22:21] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<口腔内比較 | ホーム | 夏休みの自由課題>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/371-bb3e2aed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。