術後の父
昨日父のお見舞いに行ってきました。

手術後直ぐは、さすがに400mlの出血もあったため土気色の顔でしたが、一晩経ったら血色もよくいつもの父の顔に近い状態になっていました。

なんと、術後二日目で!!

午前中には医師立会いの下、ベッドから立ち上がることもできたそうです。
麻痺していて動かせなかった足も動かせるようになっていました。

9月の手術の時は、手術翌日は立てたけれど次の日から日を追って麻痺が進み作業療法士の手を借りないと立つこともできず・・・って、違うところを手術しているから当たり前か。

とにかく前病院では「麻痺が進んで力が入りにくくなっている。」と訴える父の言うことは全く耳を貸さずに「規定なので」と一週間後に退院させられたものでした。

今回の病院は、手術の傷が癒えた後も別のフロアでリハビリの為に入院を継続して面倒見て貰えます。

一時は「歩けないのは筋力が低下したため。」という医師の言葉を信じて諦めかけた母も、今回の結果には驚いていました。

それと。

執刀してくださった医師も、父の歳の割には回復の早さに驚いていたようです。


もちろん半年前の様に「普通に歩ける」ようになるかどうかは不明ですが、杖が手放せないとしても、または手押し車が必要だったとしても、もしかしたら寝たきり老人になってしまっていたかもしれないことを思えば、全く問題になりません。

よかった。

これでひとまず安心です。


↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村



関連記事
[2014/11/22 17:16] つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<JDSセミナー | ホーム | 父の再手術>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/404-e58b67b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント