スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
悩める思春期?
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


昨日学校から電話がありました。

長男が、大休み時間にお友達を押したそうで、講師の先生に叱られた、とのこと。

「ケガも無く、本人同士は仲直り済みですが、念のため連絡しました。」 と担任。


仮にお友達の名前をNくんとします。

Nくんとは、去年も突き飛ばされたり・・・のトラブルがあったお友達です。


そこで抱っこしながら、ゆっくり話を聞くと。

Nくんのことは「大好き。」

(親としては、あまり好ましくないお友達なのですが・・・f^^;)


で。

「むぎゅ~、したかった。」と。


つまり。

Nくんのことが大好きで、むぎゅ~っとしたかったけど、拒絶されたので 押した。

というのが真相のようです。


「キモい!」とかいう言葉を教えてくれたのもNくん。

しつこいですが、親としてはあまり近づいてほしくないお友達です。

でも、刺激的なお友達は魅力的。

長男は、大好き なんですよね・・・(-。-)



で、「大好き」っていう感情を表現するのに「むぎゅ~」

クラスで「大好き、むぎゅ~」って意外と日常で行われています。

知的レベルの低いもの同士だとそれでお互い喜んでOKだったりするのですが。

相手のNくんは発達障害系なので、長男よりも知的な発達は上です。

小学校高学年ともなれば男同士のむぎゅ~はしたくないでしょう。

当然の拒絶だと思いますが、長男には理解が及ばず、プライドも傷ついた揚句「押した」のでしょう。



体つきも大きくなってきた長男。

お友達に「むぎゅ~」は、もうしてはいけない年齢に差し掛かりました。

どんなに好きでも、これからは相手の気持ちも考えずに抱きつくのは、いろいろ問題が生じます。(特に外の社会で)


「お兄さんは、お友達にむぎゅ~しないんだよ。」

そう言い聞かせましたが。


「お友達を押すのも、乱暴するのもダメなんだよ。」

と言い聞かせては見たものの。


本人も悪いことはわかっているようです。

でも、自分の気持ちを表現することも、コントロールすることもまだまだ未熟。



そして、今朝。


オデコが痛い、といって起きてきませんでした。

オデコに傷があるわけではありません。

よく聞いてみると「骨が痛い。」と。


これ、頭痛のこと?


学校が嫌で休みたい場合、小学生はよく「お腹が痛く」なり、中学生は「頭が痛く」なるそうです。


最近、第二次性徴著しい長男。

もしかして、精神的な頭痛?


朝の支度もグズグズ。

挙句に「学校休む。」と。



今年度の学級は、突然先生が休職されたりして先生方のチームワークも今一つ。

サポートに入っている若い講師の先生では、長男の気持ちをくみ取ることは不可能なようです。

お友達を「押した」のは確かに悪いことですが、長男にとっては納得いかないものもあったのかもしれません。



「頭が痛い」といって、学校に行きたがらない時。

不登校問題に詳しい先生の講演会に行った時の話では、こんな時は1日位なら休ませてあげてもいいそうです。


ただ。

今日は、ゆっくりと遅刻で登校してもらいました。

なぜなら、私が風邪っ引きで一人で休みたかったから(^^;)

ゆるしておくれ、長男よ。


それにしても。

知能の発達と身体の発達のアンバランス。

健常児でも荒れる思春期。

それ以上に苦労しそうな、悩める思春期を迎えつつある・・・長男&私 です。


↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村


関連記事
[2014/12/16 13:49] 学童期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ことばの要素--くち(1) | ホーム | なんだかな~>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/419-114fb412
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。