こどもっておもしろい
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。

昨日、(以前のブログの)過去記事を修正・整理してアップしましたが、日付を古い日付でやるつもりが修正日(つまり昨日の日付)で保存してしまったので新たな記事となってしまいました。
初めて読まれた方には前後のつじつまが合わない記事となってしまっています。申し訳ないです。
カテゴリーの「ことば」のところでたどって頂けるとありがたいです。

歯科矯正の記事もばらばらの順になってしまっていますし、もう一度整理の必要ありそうです・・・(-。-;)




さてさて。

今朝は、私が朝寝坊。

先週末にひいた風邪が良くならず・・・。

今週に限って、連日こどもがらみの予定が続いているため、休むこともままならず出歩いているのも響いているようです。

で。

おもしろい~と思ったこと。


私が起きたのが7時。

本来子どもを起こす時間です。

いつもはなかなか起きない長男ですが、彼にとっては「いつもとほぼ同じ時間」の起床なので思ったよりも手がかからず。

常々「起こすのが大変!」って思っていたのですが、同じペースで起きても今朝みたいに私が焦っているときは「サクッと起きた」ように感じます。

これって、こちらの気の持ちようだと発見。

彼にとってはいつものマイペースのままなんですけどね。


そして次男。

こちらは、何度起こしても爆睡中。


半分、たまには遅刻でいいか、などと考えながら声掛け。

やっと起きたのは登校時間まであと15分!という頃合い。


ま、朝食はさっと食べられるシリアルで。


そこからの支度で、いつも通りのんびりペースで着替えるお兄ちゃんを煽るためにふと思いついたのが実況調の声掛け


「さて、のんびりムードでパジャマを脱ぐ○○(長男)、一方の△△(次男)、シリアルをかっ込んで追い上げます!!」

「おーっと!! △△(次男)、反則です!パジャマをたたまず脱ぎ捨てました!!」

と、長男が俄然急ぎだし、いつもの3倍速で着替え出すではありませんか(*≧∇≦*)

もちろん、次男も追い抜こうと頑張ります。

「逃げ切れるか○○(長男)! 先に歯磨きに突入です!」

「一方の△△(次男)、今頃時間割をやっています~!!」

「あ、○○(長男)、コートに手を伸ばしました! おっと、△△(次男)も負けていません!!」

「さぁ、どっちが先か?!どっちが先か?! ランドセルを手にしました!!」

「おーっと、同着でゴ~ル~!!」(で、一緒にドアを開け出て行ってしまいました。)


なんといつもなら優に15分はかかってている朝の支度があっという間に終了。

しかも、二人とも笑いながら出て行きました。

こちらも、いつものように朝からがみがみ言わずに、むしろ笑って「いってらっしゃい!」


今更「どっちが早いかな?!」では動かなくなっていた子供たち。

兄弟で比較、競い合わせる時は過ぎていたのですが、実況レースとなると違うってことを発見。


子育て講習会などで「母親の声掛けの仕方ひとつで子どもも変わる」とか聞きますけれど、頭でわかっていてもなかなか出来ないのが実情・・・。


だけど。


こんなところにこんな風に、タネが転がっているものなんですね~。


ちょっとした遊び心、ほんの偶然の産物だけど、親の働きかけと子供の反応が「劇的にうまくいった例」体験しちゃいました。


ほんと、子どもの反応って読めなくて、面白い(*^^*)



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

関連記事
[2014/12/18 09:38] つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<電車の中で | ホーム | ことばの要素--コミュニケーション能力>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/420-5c732926
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント