スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
「おれはダウン症じゃない!!」
数日前の出来事です。


朝からご機嫌斜めの長男。

朝食を前に「学校休む~。」とゴネゴネ・・・。


あまりしつこいので、「早くしないと!」と私がキレ気味になったら、

すかさず次男が 「(ゆっくりなのは)しようがないよ。 ダウン症なんだか

ら。」


すると長男が 「おれはダウン症じゃない!!


「・・・・・。」

「・・・・・。」



「ダウン症って言われるの嫌なの?」

「うん。」

「そうか。 でもダウン症でいいんだよ。」 といいつつ頭をナデナデ。



でも、なにがいいんだか・・・(-。-;)

さすがに私、動揺していました。
 


う~ん。



本人が「ダウン症」である、と自覚している我が家。


でも、自覚しているのと本人がどう受け止め、どう感じるかは別物


それは、本人の精神の成長によって当然変わってくるものだと思います。



最近の長男は、おベンキョーはともかく、情緒?心理?面では成長著しい

らしく。


日々いろいろなことに気付き、日々いろいろなことに葛藤しているようです。


なので、掲題の言葉も、

「あぁ、そんな時期に来たんだ。」

というのが正直な私の気持ち。



本人の受け止め方については、いろいろ考えて、いろいろな振り幅が

あっていいと思っています。



でも、朝の忙しい時間での叫び。

対応としては今イチだったような。



ここ数年、私は次男の精神面のフォローを第一にしてきました。

当然、長男心の変化にはあまり寄り添ってこなかったのも事実。


ここらでしっかりと長男と向き合っておく必要がありそうです。


それにしても次男は次男で長男をかばったつもりが反撃にあったような

もの。

こちらのフォローも必要かも。


小学校高学年の息子たち。


今までは二人一緒に告知、説明を行ってきました。

ですが、これからはそれぞれの発達に合わせて、個別に対応していく必要

がありそうです。



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村








関連記事
[2015/01/29 09:20] 学童期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<こころの友 | ホーム | 療育の効果を実感した日>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/435-19b3e893
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。