「ニコニコ!」
昨日に引き続き、昔書いた文章の転載です。


長男が0歳から6歳まで通った療育施設では、毎年アルバムを作っていま

した。

6歳児の卒園生だけは、文集も兼ねて保護者が文章を書きます。

先生方の文章も掲載されますが、保護者の方々の文章を読むたびに毎年

涙、涙・・・。


そんな思い出のアルバムに長男の卒園時に載せた文章。

当時(6歳4ヶ月頃)の会話のレベルもわかります。

ある程度のコミュニケーションは言語で取れていた頃ですが、まだまだ二語文に毛が生えた程度。

でも彼なりに少ない語彙で「いろいろな思い」を表現しようとしていたようです。

いやー、それにしてもこの頃はまだのんびりしたものだったわ~。

----------------------------

昨夏、幼稚園から療育園に通う道すがら

「蝉、いっぱいないているねぇ。」と話しかけた私に、

君は 「違う。蝉 ニコニコ!」と。 

そうだね、蝉は『泣いて』いないよね。


君は「ニコニコ!」が好き。


悪戯を恐い顔で叱ると、泣きながら 「怒らなぁい、ニコニコ!」と抗議する。 

私の表情のことより反省してよ。

チャレンジして失敗、心配して声をかけたら、涙堪えて「イヤ、ニコニコ!」

そう、泣いてない、大丈夫、なのね。


いつの間にか君は自分の意思表示をし、プライドを持って、

やせ我慢すらするようになったのね。


生後八ヶ月で初めて運動の療育を受けた日、

それまでベビーカーの背もたれに身をゆだねているだけだったのに、

お座りして景色を眺めながら家まで帰ってこれたよね。

まさに療育の成果を実感させてもらった、あの日。


あれから早くも六年。

ゆっくりだけど着実にステップアップして、今では悪戯・屁理屈・反抗期。

でも君の 「ニコニコ!」 の笑顔には、周りの人もつい惹き込まれて

「ニコニコ!」になってしまう。


これって躾の上でいいのかなぁ?


泣いても、怒っても、

犬が吠えるのも、鴉が鳴くのも、

君にかかればみんな「二コニコ!」


六年前、いやもう直ぐ七年になるけれど、

君が生まれた頃には想像つかなかった現在の幸せ。


君のおかげで私はいろいろなものを手にすることができたよ。

素晴らしい先生方やお友達、そして君の弟も授かった。


叱られても、挫折しても、喧嘩しても、君の「ニコニコ!」パワーは

君自身と、君の周りの人々をきっと幸せにしてくれると私は信じてるよ。

  ‐‐‐( 以下略)


↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

関連記事
[2015/02/08 09:39] お母さん方へのメッセージ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ハンドリガード | ホーム | 長男が2歳だったころの…>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/440-fc369b7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント