次男のプレイセラピー
一昨年の4月から通っていたプレイセラピー。

次男の担当の心理士さんが4月から移動することになりました。

一方で次男の精神状態もある程度の安定が見られて来ているということで、今回の心理士さんの移動を一つの区切りとして3月で「プレイセラピー卒業」ということになりました。

この2年間の間に、次男の遊び方もダイナミックに変化してきた、とのことです。

当初は、遠慮してあまり自我を出さなかったそうですが、最近では大好きなボードゲームをやる時もいろいろと自分で勝てるように工夫したり、先生に言いたいことを言ったりできるようになって来ていたそうです。

また、体を動かすあそび(ボールプールなど)も、初めは拒絶していましたが最近では身体ごとダイブしたりするようになってきたとのことでした。


心理士さんの移動の話を年末に聞いた当初は、これから思春期を迎えることもあり私自身は後任の先生を希望していました。

ですが、家庭においても次男が自分の感じていることを口にできるようになって来ていることもあり、また、「もし何か相談したいことがあったらいつでも来ていいから」ということで、ひとまず終了、ということになりました。

この件は心理士さんから直接次男に告げられました。

始め次男は「遊べなくなるのはイヤ」だと言っていたそうですが、先生自体がいらっしゃらなくなるということを聞いて納得したようです。

家庭での反応も聞かれましたが、次男の性格上、駄々をこねることも無く、また、人見知りでもあるので「新しい人だと恥ずかしいから・・・。」とのことでした。

4月からは代わりに長男と同じところでプログラミングを教えてもらうことにしていることもあり、場所は変わりますが、全く心理の専門家と縁が切れてしまう訳でもありません。


先日のプレイセラピーでは、私の担当の心理士さんから、今後次男が学んでいくのが望ましいこととして以下の3つのことを言われました。(記憶が定かではないですが・・・汗)

○ いろいろな感情を持っていいということ 
  (兄弟や家庭のことでネガティブな感情を持ってもいいということ)
○ 自分の気持ちを素直に表現していいということ
○ 人に気持ちを伝える場合の言葉の選び方を学んでいくこと


先日の発達診断の結果からまだまだ次男の心の奥に葛藤があることもわかっています。

それを踏まえた上で、今後も安心せずに寄り添い、見守っていく必要があります。


親(私)の成長がイマイチなので・・・わかってはいてもなかなか変われず・・・(><)

でも、少しずつでも次男が健やかに自分に自信を持って成長できるようになったらいいな、と思っています。



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村


関連記事
[2015/02/26 22:49] 「きょうだい」の気持ち | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<まさかのダメ出し!(> | ホーム | オムツ選びと失敗>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/449-0f022987
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント