チックの原因
次男がチックと診断された「鼻を鳴らす音」

そもそもは、1年生の2学期に「黒板係り」になり、黒板を拭くたびに散る粉で鼻炎になったのがきっかけのようです。

でも、それが単なるアレルギー反応から心因性の「チック」に変化する出来事がほぼ同じ時期にありました。


それは。

通学の登校班での出来事とその後の対応。

登校班で起きた出来事は、直接には長男にまつわることなのでまたの機会に書きたいと思います。


息子たちの通う学校では、通年での登校班があります。

長男が1年生の頃は、集団登校に一人で入るのは不安だったので自主登校にしていました。

そして、次男が1年生になったと同時に兄弟そろって登校班に入れたのです。


しかし、結局2学期の中頃にトラブルが生じて長男のみ登校班を辞めざるを得なくなりました。

長男が登校班を辞めるにあたり、次男をどうするか。

その時、「健常児の次男は、健常児の環境の方が良い」と私は判断しました。

同じクラスの子どもがいる訳ではありませんが、次男の今後のことを考えて残留させたのです。


それが。


次男には、「自分だけ捨てられた。」と感じることになったのです。


というのも。

毎朝、マンションの敷地内で登校班のメンバーが揃うまで子ども達が集まっています。
その横を、つまり、次男が待っている横を、長男と手を繋いだ私が登校していく事になります。

次男はその光景を毎朝毎朝目にして、自分も一緒に行きたいのに許されず、さみしい思いをしていたのです。

残念ながら、当時の私は登校班を辞めなければならなかった事の方に気が向いていて次男のそんな気持ちには気が付いていませんでした。

毎朝、登校班で行くのを渋る次男を、私は叱って登校させていました。


それから暫くして。

日常的に起こる些細なことで次男を叱った時です。

ものすごく長時間泣き続けたことがありました。
1時間以上も号泣していたでしょうか。


普段はそんな泣き方をしたことはありません。
ちょっと変だな、とは感じました。


そしてまた数日後。
またもや大泣きをしました。


そして。

僕だけ仲間外れだ~!
「お母さんは○○(長男)だけが可愛いんだ!!
僕なんかいなくていいんだ!!
「僕だけ登校班に追いやって!」


と泣き叫んで訴えたのです。

ひとり登校班にいるのが、それほどの負担になっているとは思いもしませんでした。

普通、どこの1年生も登校班に入っています。
兄弟がいない子だっています。


でも。
その考えは間違いでした。


他の家がどうであれ。

我が家では手のかかる長男がいて。

弟にもかかわらず、いつも頑張っている次男にとって。

まだ1年生の次男にとって。

兄と母親が毎朝一緒に登校するのを目にするということは、相当なストレスとなっていたのでした。



初めてそのことに気付いて。

どうフォローしてあげるのが良いのか、登校班のことも含めてどの様に対応すべきか、私自身もわからなかったので、とにかく学校のスルールカウンセラーに相談することにしました。


当時の、この疎外感が、黒板の粉のアレルギーと相まってチック症状となって定着していったのです。

それからのことはまた今度。


↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
関連記事
[2015/03/07 09:07] 「きょうだい」の気持ち | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<登校班のトラブル | ホーム | 診断名:チック>>
コメント
こんにちは。
春蝉さんのブログはいつも楽しみにしているんですが、この「きょうだいの気持ち」のシリーズは胸に感じ入って読ませてもらっています。
ウチもダウン症の次男の弟として日々がんばっている三男が、幼稚園入園とともにチック症状がしばらく続きました。
(指しゃぶり→まばたき→鼻鳴らし→激まばたき)
今はチックは落ち着いたものの、反抗的な態度で幼稚園での集団行動をポイコットすることも…(発表会の演奏はただ立っていました:汗)
なので家ではできるだけ抱っこやおんぶやお遊びの付き合いを心がけています。
そうすると長男や次男のケアがおろそかになってバランスが難しいんですが、目の前のことに精一杯で、長期の目標なんてたてられるわけもなく・・・
先輩母の春蝉さんのブログ、本当にありがたいです(涙)
大好きな春蝉家の平和をこれからも願っています。
[2015/03/07 11:06] | URL | ぱたママ #- [ 編集 ] | page top
ぱたママさん

コメントありがとうございます(*^^*)

男の子3人なんてすごいですね~。私なんか2人でもほぼギブアップです(^^;)
三男くん、チック症状はおさまっているようでよかったですね。
幼稚園でのボイコットも、「自分の気持ちを何らかの形で表す」ことが大事、ストレス リリースになるようなのでそれでいいのだと思いますよ。親としては微妙かもしれませんが…f^^;)
うちの次男はそれが出来なかった(させなかった?)ことも長引く原因になったようです。

> そうすると長男や次男のケアがおろそかになってバランスが難しいんですが、目の前のことに精一杯で、
本当にそうですよね。
毎日その日をクリアするだけであっという間に時間が経ってしまいました(´Д`)

我が家の経験が反面教師として(?)少しでもお役にたてたら嬉しいです(^^)

今後ともよろしくお願いします♪
[2015/03/07 23:44] | URL | 春蝉 #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/453-add7fd61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント