スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
幼児言葉
発達診断を受けたり、プレイセラピーが残すところあと1回になり・・・の次男。


なぜか、ここ2週間ほど『幼児言葉』で会話するようになっています。

前回のプレイセラピーの後からなのか、発達診断の後からなのか定かではないのですが。

時々、甘えた口調でわざと舌足らずに喋ります。


「○○ちたいの(したいの)」
「△△しゅる~(する~)」
「おかちばえゆ(お菓子食べる)」
など。

「食べる」という意味の「ばえゆ」は、先日観た2歳児の頃のビデオ(DVD)のマネですが。


いったいどういう心理でそういう喋り方をしているのか定かではありません。

小さい頃のビデオ(DVD)を見た後に、そのまねをする事は今までもありましたが、大抵はその一瞬だけです。

これほど長く、繰り返し使うというか日常会話に幼児語を使うことはありませんでした。


プレイセラピーが終了してひとつステップアップすること。

仲が良いお友達が急に目覚めて中学受験(難関校)を目指すそうです。


そういった、自分を取り巻く環境が変わることに対する何か緊張みたいなものでしょうか。

思春期に一歩近づいてホルモンバランスが変わってきているのかな。

それとも何か新たなストレス抱えているのかな。



夜、ベッドに入った時にも幼児語だったので。

甘えた幼児語に乗って赤ちゃんの頃みたいに「いいこ いいこ」しながら

「何で赤ちゃんなの~? 学校で嫌なことあった? それともおうちで?」
と訊いてみました。


すると。


「学校じゃない。 えっとね、赤ちゃんの頃のことを思い出したの。」
「こうやってお母さんが優しー時の。」 
  -- えっ。 優しくされた記憶有るんだ。(私自身の記憶では優しく出来なかった気がしていました)
「でね。最近違うから仲直りしようと思って。」
  -- って、喧嘩してないし。 小言ばかり言っているから??

で。

言った後、私のリアクションを見て「やっぱりいわなきゃよかった~」と(ちょっと照れ?)。

「ここは受け止めるところだ!」と思い、おもいっきり赤ちゃんみたいにあまあまに「むぎゅ~」して 「おやちゅみ~」と部屋を出たのですが。



思い切って聞いてみたら、たわいもないような。

でもそんなに(喧嘩しているみたいに)文句言っているのかな~と、ちょっと反省。


お互いに、「感じていることを言葉にする

プレイセラピーで習ったこと、試行錯誤中です。




↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

関連記事
[2015/03/12 09:00] 「きょうだい」の気持ち | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<チックとわかって | ホーム | 天性の・・・?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/455-6ee93ae7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。