スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
定期健診
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


金曜日は、長男の年に1度の遺伝科検診でした。
小児医療センター


ぽかぽか陽気でいいお天気でしたが、花粉が・・・(。><;)

病院内に入ったら大丈夫だと思ってマスクを取ったらそれが間違い。

目は痒くなるし鼻水は出てくるし…。

今年は、評判通り花粉の量が多いようです。


さて。

遺伝科での診察はというと。

所見では特に問題なかったのですが。

私の方で心配だったのが「思春期早発症」にあてはまるのかどうか、ということ。

長男の第二次性徴は、最近では声変わりが始まって来たのか声も低くなり少しかすれ気味になって来てますし、顔の産毛(ヒゲ)も日に日に濃くなって来ています。

先生も(専門外なので)その場でネットでより詳しく調べてくださったのですが、それによると。

「思春期早発症」とは、文字通り早期の第二次性徴ということで、早い場合は男の子で9歳以下の場合もあるそうです。(女の子はもっと早い場合もある)

あまりに早い場合は、薬によってホルモンを調整する(でなくなるようコントロールする)ということのようです。

概ね「11歳未満の場合思春期早発症という」 とのことでした。


となると。


4月生まれの長男の場合、体の変化が現れたのは去年の春か夏くらいから。

つまり、満11歳を超えてからに違いはありません。


でも・・・微妙です。


先生は、「多分正常範囲内だと思います。」と仰っていましたが、同時に「早くに第二次性徴が現れると、そこでぐっと身長は伸びるのだけれど、その分早めに止まる場合がある。」とのことでした。

実際この1年の身長の伸び率は今までの倍近いのですが、成長曲線から類推して止まるのも早いとなると、結果的に低身長(150cm以下かも?)の可能性もあるかもしれない・・・といった感じのようです。


ダウン症を持つ方は、比較的身長が低めの方が多いですが、それにしても男性で150cm以下はちょっと・・・。


先生も、より専門知識のある内分泌科の先生に見て貰った方がいいでしょう、ということで院内紹介状を書いてくださいました。


予約は4月に入ってからですが、診断結果など、思春期の成長については今後も折々記載していくつもりです。


↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村


関連記事
[2015/03/15 09:04] からだ・病気 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<思いのほかの成長 | ホーム | 再びスクールカウンセラーとの面談>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/456-7f82bace
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。