スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
プレイセラピー過去記事(2)
次男が通ったプレイセラピーの過去記事を再録します。

これは第3回目のプレイセラピーの時の記事です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次男の為のカウンセリング。

その3回目が先週ありました。

カウンセリングと言っても、次男は担当の先生と遊んでいるだけです。

一緒に遊んで、距離を縮めて、そして次男が何か、心の中のものを吐き出せればそれでよし、吐き出さなくても長い目で見て寄り添ってくださる…のだそうです。

次男は、毎回楽しみにしています。

なので、今のところ特に問題に見えるところも無く。


一方私の方は。

まず先月のセラピー中の次男の様子を聞きました。

「ゲームで子どもらしい、おズルもしていたようです。」とのこと。

それが本来の子どもらしい姿らしいので、そのままでよいそうです。

そういうことが出せるようになったことが、前進なようです。


私の方から最近の様子で伝えたことは、「汚い言葉、乱暴な言葉」があります。

小学3年生ともなれば、生意気にもなり、理屈っぽくもなり、本当に頭にくるような言い方をしてきます。

つい頭ごなしに滅茶苦茶キツく叱っていたのですが…。

 そのやり方はNG でした(><)


というのも。

段々と安心してきたので荒い口調、悪い言葉になる」のだとか。

そこを押さえつけると、また元の殻に閉じこもってしまうそう。

親として、ムカつくかもしれないけれど、そこは我慢して

「お母さん、そういう風に言われると嫌だな。」

とか、やんわりとこちらの気持ちを言うのがいいそうです。

---ううっ、私にはそれは至難の技だわ~~~(- -;) 


他に。

日々の生活で私のストレスや愚痴を次男に言っていないか。

---言ってます、言ってます。つい。

なんせ一番よく話し、頼りになるのが次男なので。

実はパパを相手にするのは何かと不都合が…(-_-;)

とはいえ、そう言うことは次男にとって負担になるので、
「お母さんは、どこか別なところで発散できる場を作った方がいいでしょう。」
と言われてしまいました。

うーん。
結局は、私なのね…。なかなか前途多難。










↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

関連記事
[2015/03/22 09:19] 「きょうだい」の気持ち | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<まだまだ続く過去記事 | ホーム | プレイセラピーの過去記事>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/460-52baf7b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。