スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
プレイセラピー終了
先日、次男のプレイセラピーがついに終了しました。

担当の先生の異動を一つの区切りとしての終了です。

次男的には毎回好きなボードゲームを選んで遊べていたので、終了はちょっと残念なようです。


プレイセラピーの目的は、「自分の感情をうまく伝えられない子どもが、遊びを通して心の中のものを吐き出す」と言ったことのようです。

お子さんによって、体を動かす遊び(ボールプールとか、バランスボールとか)をしたり、箱庭で遊んだり・・・といろいろ対応の仕方があるようです。

次男は、一番初めの頃(3年生の初め)体を動かすあそびのルームに連れて行かれたそうですが、乗り気ではなく、ボードゲームが置いてある倉庫に連れて行ってもらい、好きなゲームを選んで先生と一緒に遊んでいました。

基本的には毎回その倉庫に行き、その時々で気になったゲームで遊んだようです。

前々回、私もその倉庫を見せて頂きました。

狭い部屋に置かれたキャビネの天井までいろいろなゲームが置いてありました。
例えば、人生ゲームとか、魚雷ゲーム(次男のお気に入り)、野球盤、ドンジャラどらえもん、黒ひげなんかもありました。


いつのころからかはわかりませんが、最近では前半に体を動かすあそび、後半にボードゲームをしていたようです。

からだを動かすあそびも2年間の間に変化して、最近ではダイナミックにボールプールに飛び込んだりしていたそうです。



今回、私の方のセラピーで、最近の次男の「幼児言葉」の話をしました。

私の「そのまま赤ちゃん扱いをする」という対応はそれでよかったそうで、安心しました。

「受け止めているお母さんもエライ」と言われ、嬉しかったです。

やっと、私自身にも少し余裕が出てきた、ということでしょうか。


ただ、次男のその表現に心理士さんもちょっと驚いていました。

といっても、これが悪い方向という訳ではなく、「小さい時に満たされなかった部分を自分で今表現している」というに驚かれたようです。

そして、今次男の環境が少しずつ変化しているということ(チックの小児科卒業、プレイセラピーの卒業など)を踏まえると当然なことのようです。


この2年間のプレイセラピーで、次男も大きく変わったと思います。

もちろん本人自身(の精神)が成長した、ということもあります。

と、同時に、やはり毎月2回、母子でセラピーに通うという行為そのもの、ふたりきりの時間を持つということや次男のことを私が大事に思っていることが伝わったということも大きいと思います。

また、プレイセラピー中の先生がちょこちょこ話して聞かせてくれていたこと(この辺は次男の言葉の端々から推察するだけなので定かではありませんが)が、次男の自信や自尊感情を育ててくださったのだと思います。


私にとっても、誰かに家庭内の愚痴や迷いを気兼ねなく喋れる空間があったことは、大きな救いになっていたのだと思います。

私の担当の心理士さんからは、今後ももし私が煮詰まったら「いつでも電話してくださいね。」と温かいお言葉もいただきました。


思えば2年前は精神的につらかったな~、と今は思います。
当時は「頑張っているのが当たり前」だったので気付きませんでした


みなさんも、もし煮詰まってきたら私の様に限界値に来る前にサポートを受けられる事をお薦めします。

子どもは合わせ鏡。

子育てが難しくなっているときは、こちらの方が疲れすぎているというような原因があるのかもしれません。







↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

関連記事
[2015/03/19 10:50] 「きょうだい」の気持ち | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<プレイセラピーを振り返って | ホーム | 思いのほかの成長>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/461-249f7119
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。