スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
まだまだ続く過去記事
プレイセラピーの話ばかりですいません。

これは、5回目あたり。 

プレイセラピーに通いだして3ヶ月ほど経った頃の記事です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日のカウンセリング報告です。

カウンセリングに行く道すがら。

「僕ね、幼稚園の時、お母さんは僕のことを嫌いだと思っていた。」といった次男。


その話を心理士さんにしました。

すると、その時の次男の様子を聞かれました。


軽い感じ、過去の話になっている感じだということを伝えると、次男が素直な気持ちを言えるようになったのは進歩だということでした。


その時の会話を詳しく聞かれて思い出したのが、以下の会話。


「お母さんは、僕の気持ちはわからないでしょ。」

「そんなことないよ。お母さんもおばあちゃん(私の母)から嫌われていると思っていたことあるよ。おじさん(私の弟)のことばっかりかわいがってさ~、って思っていたよ。」

「だからさ、△△(次男)の、○○(長男)ばっかりって思う気持ちもわかるし、子どもの頃のお母さんはさみしかったから、△△にそんな気持ちになって欲しくないからカウンセリングに行ってるんだよ。」


このような会話が続いたことを伝えると心理士さんからは、

「カウンセリングに来ることが、△△くんのチックの為だけではないというニュアンスが含まれているのでいい答えだと思いますよ。」

と言っていただくことができました。


つまり、今カウンセリングに通っているのが、

「次男が原因で、その為に通っている」というのではなく、母子共に両方の問題として通っている、
というのが良かったそうです。


そこまで考えていたわけではないのですが・・・(汗)

結果的には良かったようです。


それと。

カウンセリングに向かう道すがら、次男は「20歳になったらお母さんと結婚する~♡」と言ってくれました。

かわいい~!!(*^o^*)

3年生でまだこの発想はどうかと思うけど、すごく嬉しい!!


ということがあったことも心理士さんに話しました。


次男が素直な気持ちをそのまま出せるようになってきたこと。

それによって私自身も素直な気持ちになります。


「嫌われていると思って」いた幼稚園位の頃は、

きっといろいろな気持ちを押さえて外に出さないでいたのでしょう。

と言われました。


こちらにそんなつもりが無かったにしろ、小さな次男にそんな思いをずっとさせてきたこと、小さな心の痛みを考えると切ないです


次男が「何か変わった」こと。

それは、私も「何か変わった」からかもしれません。


というのも、心理士さんと話をしていて自分が何だか今までより穏やかな気がしたからです。

その理由は。
実ははっきりしています。

先週、「お母さんの夏休み」を取ったからです。
そのお話は、また別の機会に・・・。







↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

関連記事
[2015/03/23 09:42] 「きょうだい」の気持ち | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<春休み | ホーム | プレイセラピー過去記事(2)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/464-5287d067
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。