スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
内分泌科受診
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


長男を連れて、内分泌科を受診してきました。

まず、受診の理由は 「思春期早発症」かどうか、ということ。

先月遺伝科の主治医には11歳未満での第2次性徴が思春期早発症となっていることを教えて頂きました。

今日問診で専門医に伺ったところによると。

長男の第2次性徴は、去年、つまり満11歳になってからであることや、身長の伸びが正常範囲内の伸び(恐ろしく急に伸びているわけではない)であることから一応普通の、正常の思春期でしょう、ということでした。

その場では睾丸の大きさも測りました。

玉の大きさが1cm位からだんだん大きくなって巾(ラグビーボールのような形だったので直径ではない)が3~4cm位のものまで15個くらい連なった、数珠のようなもので測りました。

睾丸を触診して、数珠みたいなものの球の大きさと比較することによってその大きさから成長度合いを見ます。

この結果では、確かに思春期に入っている(男性ホルモンが出ている大きさ)、ということでした。


一見したところ、正常範囲内の成長ということでしたが、思春期早発症を発症する男子の場合、脳内の腫瘍が原因の場合が多い、ということで念のため頭部レントゲンを撮影しました。

また、骨年齢によっても順当な成長かどうかがわかる、ということで併せて手のひらのレントゲンも撮影。


結果はすぐにわかって、頭部には異常は見られない、とのことでした。

一方、手の骨(手根骨)の方は、というと。

コンピュータ骨成熟評価システム―CASMASに基づく日本人標準骨年齢アトラスコンピュータ骨成熟評価システム―CASMASに基づく日本人標準骨年齢アトラス
(2003/07)
骨成熟研究グループ

商品詳細を見る

丁度いい図が無かったので本の表紙の写真で(^^;)
通常手首の上の骨(手根骨)は赤ちゃんの時は軟骨で、段々と骨が出来て来るそうです。
この写真だと手首の部分の2個写っている骨が、成人だと8つになるそうです。

また、性ホルモンが出るようになると、骨と骨の間が狭くなってくるのだそうです。

このような骨の形の変化によって骨年齢がわかり、骨年齢からこのあとどのくらい体の成長(身長の伸び)が見られるのかがわかるそうです。


ところで、長男の場合。

先生が睾丸の大きさから想定していたよりも骨と骨の隙間が大きかったようです。

つまり、睾丸の成長ほど骨の年齢は成長していないということで、逆に男性ホルモンがしっかり出ているのか、もう少し調べる必要が出てきたようです。

ということで、やっぱり血液検査に。


血液検査室の前まで来れば長男は何をする場所か知っているので、察しがついて猛然と抵抗!

でもね、許されるはずもなく・・・看護士さんになだめられて入室してからはおとなしく採決されたそうです。(私は待合で待機)

傷跡には手書きの「ロボニャン」(妖怪ウォッチ)のばんそうこう(^^)

ホント、小児病院の看護師さんのこういう配慮には頭が下がります。


検査結果は1ヶ月後になります。

結果次第では、これからの経過を観察する必要が出てくるとのことでした。


思春期の体。

早過ぎるのも、遅すぎるのも何かと問題があるようです。


↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

関連記事
[2015/04/14 18:24] 思春期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<頭を使った | ホーム | ロゴ決定>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/470-12b48e34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。