スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
頭を使った
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。

日々成長(?!)の長男。

1年くらい前までは、考えているといってもその時々の直感やその場の思いつきで・・・といった感じだったのですが、最近は長男なりに理由を考えてその結果に向けて行動するというか、目的に向けて試行錯誤するというか・・・そんな場面が往々にして見受けられるようになってきました。

で、先日の話。


次男のお友達の家に母子3人で遊びに行くことになり。

早く行きたい次男は先に家を出て行ってしまい、いざ長男と私で出ようと玄関を出た時に。

ふと見ると長男の靴が左右逆。

急いでいる気持ちはわかりますが。

正直、いくらなんでも弟のお友達の家に行くのに左右逆に靴を履いていくなんて私が恥ずかしいです。

そこで、家に戻り履き直すように言ったのですが、既に玄関から外に出ている長男、プライドもあり私の指図は受けたくありません。

でもここは、理由を説明して気持ちを切り替えてもらうしかありません。

「左右逆に靴を履いているのはおかしいし恥ずかしい。」と私。

すると早く遊びに行きたい長男は、「ここ(共同廊下)で履き直すよ!」と。

「ここで履き替えるには、地面に裸足(靴下)で立つしかない。そうしたら靴下が汚れる。 汚れた靴下ではお友達のお家に上がれない。失礼になる。」と私。

でも、「絶対ここでやる!」と、大声で拒絶、一向に譲らない長男。

いわゆるガンコ状態になってしまいました。

玄関先での押し問答、あまりマンションの廊下でもめるのもいただけません。

そこで、私が先に一度家に戻りました。

観念して戻ってくると期待して。


ところが。

ドアスコープから様子を見てたら戻ってくる気などないどころか「絶対廊下で履き替える!」というモード。

どうするのか見ていたら、まず右足の靴を脱いで。

「!」

靴下で地面に立たずにもう一方の靴を履こうとしましたが。

「・・・。」

履こうと思った靴には自分の左足が入っています。(当たり前だ!)

片足立ちしたものの・・・。


さぁ、どうするんだ!とばかり様子見していたら。


ふと、手に持っていたコートに気付いた長男。


何とおもむろにコートを廊下に敷き・・・その上に足を伸せて立ち・・・。

そう。

廊下に靴下で立つことなく、つまり靴下を汚すことなく、無事に靴を履きかえたのでした。

そして、コートを拾うと「パンパン!」とはらって、

「お母さん、できたよ~!!」と。


いやー、一部始終見ていて・・・。

つい笑ってしまいました。


確かに。

靴下は汚していませんよ。


とはいえ、息子なりに頭を使って、工夫して問題をクリア(?)したともいえ、その誇らしげな顔に怒る気も失せ。


でも、コートがなぁ・・・。






↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

関連記事
[2015/04/17 14:13] 思春期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<< 生地を買いに | ホーム | 内分泌科受診>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/471-8590c2c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。