スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
中学校見学
昨日は小学校がお休みの日。

うちの地域では今月が学校公開のところも多く。

進学先の中学選びは今が前半戦。

と、いうことで、支援級がある中学校の公開に長男同伴で行ってきました。(学校がお休みの次男もついでに付き合わされて)

それ自体は、さくっと終了。

というか、長男は同じ支援級を卒業したお兄さん、お姉さんと再会して嬉しそうにした後は授業の様子も見ずに教室においてあった図鑑を読んでいたので・・・(^^;)

本人的には大好きだったお兄さんがいる学校なのでこの学校への進学、ノリ気です。

ただ、全体的にレベルの高い支援級なので親としては先生方が受け入れてくださるかどうかが心配・・・といったところ。

秋の公開も見て、本当に長男がやっていけるのか見極めが必要です。


中学校、ひとえに支援学級といっても学校によって取り組み方がまちまち。

もちろん生徒が違いますし、先生も違う訳ですから当然と言えば当然ですが。


学校によっては、作業に力を入れているところもあります。

昨日の学校はどちらかと言えば将来の一般就労を目指して力をつける、という感じのようです。

生徒も日常生活的なことは一通り出来て当たり前、な感じ。


先週見た別の中学は、毎日の着替えのスピードアップや身だしなみも学校で学んでいく重要なことになっていました。

先生のお話しのスピードもゆっくりわかりやすく、小学校の支援級と同じような雰囲気。

通学がちょっと不便なところが難点ですが、長男はこちらの方がストレスなさそうな気もする一方そのゆるさに甘えてしまいそうな気も・・・。


先日は、特別支援学校も見学してみました。

少人数で手厚い授業。

小さい頃通っていた療育施設を思い出します。


中学に入るともうすぐに「就労」という文字が・・・。

小さい頃は「とにかく健康に…。」が大前提だったのに。

健常児よりもずっと早く社会に放り出される障がい児。

健常児よりも早く身につけなければならない事が多い気がします・・・。



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

関連記事
[2015/06/11 13:39] 学童期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<こんな知恵 あんな知恵 | ホーム | 内分泌科検査結果>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/481-9304532c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。