参考図書(2)
発達診断関連本です。
長男の通っていた療育施設では、新版K式発達検査を行っていました。
検査結果は、施設から頂けたのですが、検査の個々の課題の意味と通過不通過の判断基準が知りたくて購入しました。

新版K式発達検査にもとづく発達研究の方法―操作的定義による発達測定新版K式発達検査にもとづく発達研究の方法―操作的定義による発達測定
(2005/11)
中瀬 惇

商品詳細を見る

発達診断の直前前に見てしまうと「受験対策」になってしまいそうなのでそこは我慢!(><)

療育施設での評価は、総合判断なので前向きな評価とこれからの課題が書かれていますが、あくまでも息子の「現在」の発達状況と、具体的にどこが出来ていなかったのか、どうすればよかったのか、を冷静に判断するために使っています。



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ

関連記事
[2013/03/21 09:00] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<園生活―担任との攻防?(1) | ホーム | 赤ちゃん体操>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/53-386fcaf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント