スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
縄張り意識
こんにちは。

おいでくださりありがとうございます。



我が家では、リビングダイニングに子供の机を置いています。
DSC_2618.jpg

二つも置いているので、リビングというより子供部屋で食事?という感じ。

次男はものも多いのでなかなか片付かなくて小言ばかり。

でも、長男の机はいつもきれいで、自分の机がおもちゃで埋まっている次男が長男の机で勉強、なんてこともありました。



それが。



いつのころからか、長男の机もすごいことに。


というか、机の下がすごいことに。


読んだ本、遊んだおもちゃ、宿題まで、次々と「敢えて」机の下にばらまきます。


折々に声掛けして片づけさせたり、一緒に片づけたり、私だけで片付けたり。


でもすぐに、元の木阿弥。



なんでそうなってなってしまったのか。


これも成長?(次男のマネ?)と、それほど深刻には考えていなかったのだけれど。


週末、通っているこども支援塾で担当の先生に何とはなしに愚痴ってみたら。


つい最近先生も発達心理の先生から伺った話として。



思春期の男の子ってあるときから急に部屋を散らかしだして片づけなくなるそうですよ。」と。



何でも自分の縄張り意識が生まれて、自分のものを散らかすことによってテリトリーの確認(?)をするようになるのだとか。

「いわば、犬の『匂いつけ』みたいなものですね。」

「なので、多分(息子の)それは順当な思春期の行動だと思いますよ。」と。



散らかした後、自分で片付けるように促すのはOK


でも、そこを飛ばして本人の了解を得ずに親が勝手に手を出して片づけてしまうと、子どもは自分の(精神的)居場所が無くなってしまうのだそうです。


なんでも散らかすのを許さず親御さんが毎日片づけていたあるお子さんは後に自殺してしまった、というような物騒なお話も。


このエピソードの真偽のほどはわかりませんが、自己が確立し親から離れようとする時期に、親の支配下に常に置かれる状況は冷静に考えればよろしくないですものね。



でもね~。


親としては片付かないのも困るし、子どもが手から離れていくのも寂しいところではあります。


思春期って、ホント親の度量(?)が試される気がします・・・。


いつまでも可愛い子どもていて欲しい気持ちと、ちゃんとした大人になって欲しい気持ち。


男の子は見てくれも変化してしまうし(女の子も同じでしょうけれど)、「オッサン」化(?)していく息子を見るのってなんだか淋しい時があります(^^;)


頼もしい部分もあるのだけれどね。


それにしても。



いままでちゃんと片づけられていた長男だからこそ気付いた部分です。



次男が最近「自分の部屋が欲しい!!」と言うのもそういった理由からかもしれません。


むろん個人の部屋はうちの狭さじゃ不可能(^^;)


パーティションでも買って仕切ってみるしかないですね、という結論に達したのですが。


狭いリビングダイニングが、更に狭くなる我が家・・・(-д-;)




多分。


あと2年もすれば、今とは全く違った家庭の景色になってしまう我が家。


だって、大きな大人の男3人ですものね。


うわぁ。


なんだかものすごい違和感。



今、この時間を大切にしようっと。






こちらもよろしく↓

「みんなにやさしい」
ユニバーサルデザインのお店

スネイリーズロゴ


↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
関連記事
[2015/09/28 14:58] 思春期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ヘンシン! | ホーム | 口が酸っぱくて?!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/531-a1823c9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。